弓スキッ! 〜 手作り弓の道〜

趣味で鑑賞用の弓具を作っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小型弩

2010-04-02 12:18:14 | 日記
今まで弩は何度か作ってるけど、強度の不安から満足いくものが作れませんでした。
今回は本体を紫檀で、レバー等を花梨材で製作しました。
弓は竹とグラスファイバーの合成弓で、漆を塗ってあります。
これなら強度は申し分ないです。
弓の重さは約60ポンドです。レバーを握ると弦が開放されるシンプルな構造です。
発射時のリコイルがキツいです・・・ガツンッと後ろに押されます@@


実は今回この弩を製作したのは、
アメリカで弓を作って販売しているジムさんとシェリーさんから
シンプルに作れる弩があるよということで、参考にして作ってみました。
わざわざ写真を送っていただいてありがとうございます!

次はフルサイズの弩を製作したいと思います!

ジャンル:
工芸
キーワード
グラスファイバー
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 漆弓        | トップ | 木の弓 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無しs)
2011-12-14 18:34:42
発射する部分の引き金とか
どうやって作ればいいんですか?
Unknown (nalkke)
2011-12-17 17:52:20
Unknown (名無しs)さまコメントありがとうございます。

質問の内容ですが、おそらく構造についての質問と判断しました。間違っていたらすいません。
というわけで、、、、引き金の部分の話ですが、
弩の場合は安全面から耐久性が重要ですから、弦を
引っ掛ける部分は固定式(溝を掘る)が良いんじゃないかと思いますよ。(上画像参照)
そして溝に引っかかった弦を下から押し上げて発射します。
かなりシンプルですが、一番確実かと。
また何かありましたら質問してください。
Unknown (ファファ)
2012-04-08 21:28:38
クロスボウって弓と違った独特の機能美がありますね。
質問なんですが弓の部分はどうやって制作されたのでしょうか? また足にひっかける金具がないようですが60ポンドの弓をどうやって引いたのですか?
Unknown (nalkke)
2012-04-14 09:12:10
初めましてファファさま!コメントありがとうございます。

弓の製作方法ですが、二枚の竹片の間にグラスファイバーの繊維を挟み込んでエポキシ樹脂で接着してあります。とっても丈夫ですよ!
そして弓を引くときは、素手でも引けますが、やはり手が痛くなるので、コッキング補助具なる物を使っていますよ。
コレです→ http://blog.sirius-power.com/%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8/%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97-%E5%BC%A6%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8F%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E5%85%B7%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9/
また何か質問ありましたら何でも聞いてくださいね!では!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。