naldanブログ

自分の趣味である音楽と美味しい珈琲と共に紹介します。

保久良神社

2018年01月01日 23時46分47秒 | Weblog
新年 あけまして おめでとうございます
氏神さんの保久良神社へ参拝に行き清々しい気持ちで新年を迎えられました
ありがたいことです *生かされてる事に感謝ですな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸の夜景は乙なもん!

2017年10月09日 12時45分44秒 | Weblog
ええもんよ神戸ハーバーランド

俺っちから電車で20分で行け夜景を見ながら歩くの良いもんですよ ええウォーキング・コースですがな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Smokey Robinson & The Miracles

2017年10月09日 10時03分22秒 | Weblog
Smokey Robinson & The Miracles
黄金のシルキーボイスは魅力的&魅惑的♪
スモーキー・ロビンソン=モータウン ええもんや

The Miracles - Ooh Baby Baby [HQ Audio]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Isaac Hayes♪

2017年10月03日 09時57分50秒 | Weblog
黒いモーゼと呼ばれオーティス・レディング亡き後 STAXのスターやったIsaac Hayes♪
この人の曲 そいでカヴァーアレンジは最高やね
なんちゅうかアーシーで黒さが堪らんかったですわ
WHATTSTAXでの登場からオーラでまくりで観客の空気感が変わる々 
えらい存在感に びっくりでしたわ 雰囲気 流石で御座います。

Isaac Hayes - Shaft - live 1973

Isaac Hayes-Nothing Takes The Place Of You.(Black Moses)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dr John

2017年09月29日 12時18分03秒 | Weblog
Dr.John *The Atco Albums Collection
偉大なるブードゥ教の司祭はん
ニューオーリンズ*フォンク~セカンドラインの伝達人 
  ドクタージョンはん ご機嫌だす



Dr John - In The Right Place (1973) full album
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Van Morrison *Roll With The Punches

2017年09月27日 10時38分18秒 | Weblog
Van Morrison *Roll With The Punches
老いて益々お盛んちゅう言葉が有るんやけどヴァンモリソン
にピタリと当て嵌まる お言葉ですわ
今回は10代から感銘を受けたミュージシャンの楽曲を
枯れることなく渋く深くナチュラルにシンプルにやられてますなー 
流石 聴かせ上手 泣かせ上手な 頑固親父 やりますなー!
Van Morrison - Bring It On Home To Me (Visualiser)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sly & The Family Stone

2017年09月24日 14時52分18秒 | Weblog
Sly & The Family Stone
サンフランシスコ発ファンクのパイオニア♪
    偉大やね 

Sly & The Family Stone - Higher And Higher (live 1969) HD 0815007

Sly & The Family Stone - Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) (Audio)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Betty Harris

2017年09月21日 10時46分31秒 | Weblog
Betty Harris *The Lost Queen of New Orleans Soul
ファンキーなサウンドにワイルド歌唱なBetty Harrisはん
アラン・トゥーサン ミーターズ絡めば ご機嫌なニューオリンズな あの音だ
ええもんやね♪
Ride Your Pony
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

U2

2017年09月19日 23時18分34秒 | Weblog
U2の紙ジャケ SHM=CD でましたなー
特に思い入れの有る*Rattle and Hum 

いきなりの ビートルズのカヴァーHelter Skelterには痺れましたわー
U2 'Helter Skelter / Van Diemen's Land / Desire' (Rattle And Hum)

ボノ(ボーカル・ギター)
ジ・エッジ(ギター・ピアノ・ボーカル)
アダム・クレイトン(ベース)
ラリー・マレン・ジュニア(ドラムス・パーカッション)4人が醸し出す音は厚みが違うねー

そいでBB King との共演 えらいカッコええやん♪ 
B.B. King & U2 - When Love Comes To Town - CLIP

まんまロックやし ワイルドな音は正にU2だよね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Sandra Wright

2017年09月17日 13時49分07秒 | Weblog
Sandra Wright-Wounded Woman
なんと再発は無理かと思い期待せず過ごすと出るもんやねぇ♪
*本作はスタックス傘下のレーベル、トゥルース(TRUTH)から1974年にアラバマの
 名門ブロードウェイ・スタジオのエンジニア デヴィッド・ジョンソンにより
 プロデュースで制作された
 しかし1975年にレーベル倒産を理由にお蔵入りしてしまったアルバムで1989年に
 UKのDAMONレーベルが発掘し世界のソウル愛好家を驚かせた
そんな こんなで まさかな再発 嬉しい出来事やね 大げさな表現(笑)
ええアルバムです 
1. Wounded Woman
2. The Sha-La Bandit
3. I'm Not Strong Enough To Love You Again
4. I Come Running Back
5. Lovin' You, Lovin' Me
6. A Man Can't Be A Man (Without A Woman)
7. Midnight Affair
8. I'll See You Through
9. Please Don't Say Goodbye
※特にダン・ペンとリック・ホール作曲の南部産とは思えない垢抜けた
 グルーヴィーなモダン・ソウルな御機嫌な仕上がり「Midnight Affair」
 ビル・コディやジェイムス&ボビー・ピューリファイのバージョンで知られる
 「A Man Can't Be A Man (Without A Woman)」とか他の曲も
 ミディアムにスロウと非の打ち所のない出来栄えですがな
 リマスターされた音源を改めて聴くとサンドラ・ライトはん 
 チャーミングな歌声で聴かせどころ満載な歌い手はんやったんですな♪
Sandra Wright.. Wounded woman. 1974.

Sandra Wright - Midnight Affair.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加