お見合い結婚しませんか

結婚相談所の現役仲人が語る婚活の裏情報が満載!

独身族の節約貯金

2016-10-15 11:10:04 | 日記
独身男女というと、自由自在にお金を使って思い切り遊んでいるように思っていましたが、最近の若い独身男女はそうでもないのですね。
特に、ゆとり世代と呼ばれる10代後半から20代前半の独身者は、男女を問わず、しっかりと節約貯金なるものをしている人が多いそうです。
ゆとり世代という呼び名は、小学校時代にゆとり教育なるものを受けて育った世代の若者のことです。
親が独身時代にバブルの絶頂期だった人たちですね。
後にバブルが弾け、親がお金のやりくりに苦労していたのを見て育ったので、金銭感覚がしっかりしているようなのです。
若い独身男女の考え方も、時代の流れとともに、確実に変わって来ているのですね。

独身時代の貯金の目的は、主に結婚資金だと思うのですが、やはり今の若い独身者たちも豪華な挙式やハネムーンを希望しているのでしょうか。
この間どこかで見かけた20代の独身男女を対象にしたアンケートによると、それがそうでもないみたいなんです。
今は晩婚化や少子化が問題視されていますが、今時の独身者たちも、やはり結婚や家庭への憧れはしっかりと持ち合わせているようです。
ただ、理想と現実の狭間を知っているのでしょうか、夢や憧れとともに不安もあるようなのです。
だから、その不安を少しでも軽減するために、しっかりと節約し、貯金をする、これが今の20代の独身男女の基本方針のようです。

独身の男女で最も小金持ちなのは、アラサーの独身女性、そう思っている人はいませんか。
最近は20代前半の独身男女の中にも、預金が多い人もいるようです。
だからと言って、派手な結婚式が挙げたいと思っているのかと思うと、これがまたそうでもないのです。
例えば、結婚して、子供が出来た時に、ピンチがやって来ても、独身時代と同じように、節約をして乗り切れるようにと貯蓄をしている人も少なくないのです。
ある日突然、何が起こるかわらない今のご時世、もしかしたら、永田町で、日々予算案を練っている人たちよりも、しっかりしているかも知れません。
こういう今の独身男女の傾向をみると、何となくホッとさせられますね。
それと同時に、自分たちの若い頃を振り返って、反省、そんな印象を持ったアンケート調査の結果でした。
恐らく、自分の経験から、今の若い独身男女に対しても、お気楽族だと思っている中高年は結構いることでしょう。
でも、残念ながら、彼らゆとり世代は、決してゆとりある生活なんて送っていません。
彼らなりに真剣に将来を考え、上手に節約と独身生活を維持しているのであります。

東京の結婚相談所 
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独身女性の状況 | トップ | 独身男性エトセトラ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。