抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

詩596 AERAdot.記事 加計学園問題で見逃してはいけない危険性

2017年06月10日 15時48分15秒 | 政治論

加計学園問題で見逃してはいけない危険性

https://dot.asahi.com/wa/2017060900048.html

(1)京都産業大学の獣医学部新設提案がアンフェアな扱いを受け不当に排除されることなった。

(2)競合提案を排除することにより、国家戦略特区諮問会議とその議長である安倍首相が加計学園の提案を認定し、便宜供与・利益誘導することになった。

(3)競合提案の排除は既存の16獣医学部にも及ぶ。そのなかには定員を増やしたい学部もありうる

(4)上記3点により同諮問会議と首相は「岩盤規制」の突破口にするという基本方針とは真逆の恣意的な排除決定を行った。

(5)文科省所管の大学設置・学校法人審議会の権限を制約し、不当な圧力を加えることになる

(6)大学や学部の新設に際してはどの大学も膨大な資料を準備し大変な苦労をしているが、過去・現在・未来のそれらの大学に対してもアンフェアな制度運用を行ったことになる。

 第一に、官邸サイドによる前川氏への人格攻撃や文科省内部文書の存在の否定は、国家権力が個人のプライバシーの侵害や「表現の自由」「思想・良心の自由」の制約・抑圧を公然と行いうることを示した。共謀罪法案が成立するなら、今後も同じような事態が起こりうることを強く予感させる。

第二は、国民の「知る権利」や「報道の自由」や歴史検証の可能性を制限し、政府や行政機関にとって不都合な文書や情報の破棄・隠蔽が広範かつ公然と行われうるという問題

第三は、内閣人事局が各省庁の幹部職員人事を支配することで公務員の萎縮や忖度が広がり、行政の効率や公平性・適切性が低下する

(以上抜粋)

かかる危機感から我々が想像するのは、明らかに、かつて敗戦に至った戦前の日本帝国の歩みであり、これに近似しかつ安倍一派が標榜するまさに大日本帝国復活の道だが、同時にヨーロッパにおけるヒトラーナチスの恐怖政治も彷彿とする様々な施策だ。つまり我々は今まさに後ろ向きに時間を逆戻りし実態がよくわからないまま(後ろにあるのでよく見えないまま)あの未曾有の敗戦という憂き目をもう一度経験するのではないか、と思っている。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩596 AERAdot.記事 菅野完... | トップ | 詩596 AERAdot.記事 北原み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。