抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

詩596 琉球新報社説 <社説>相次ぐ緊急着陸 米軍機に飛ぶ資格はない

2017年06月09日 16時41分29秒 | 政治論

<社説>相次ぐ緊急着陸 米軍機に飛ぶ資格はない

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-511357.html

相次ぐ米軍機の緊急着陸は、点検・整備体制がずさんなことの証明である。改善の兆しが見られない以上、米軍が県内で実施する全ての飛行訓練を廃止する以外に、県民の不安を払拭(ふっしょく)し、安全を守る手だてはない。  米軍機の緊急着陸は4月以降、確認されただけでも7回に上る(抜粋)

まさに軍隊は住民を守らないのだ。沖縄は沖縄戦で友軍である旧日本軍のあらゆる住民虐待行為を通じ、明らかに動かしがたい軍隊の醜悪な本質を熟知させられた。「我々はおまえたちを守っているのだから、おまえたちはおれたちに全面的に協力しろ」というのが軍隊の言いぐさであり、米軍ならば「おまえたちの政府が要請するからいてやっているのだよ、文句を言うならおまえたちの政府に言え」とでもいうのだろう。その政府自体が米軍の言いなりになっていて、沖縄県民の事は全くかえりみないというのだから、呆れ返って物も言えない。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩596 琉球新報記事 「継続... | トップ | 詩596 沖縄タイムス辺野古高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。