抵抗戦線

ブログを使用しての種々の論考

詩596 日刊ゲンダイ記事 北大獣医学部教授 山本大臣の発言に「根拠なし」と猛反論

2017年06月16日 11時14分25秒 | 政治論

北大獣医学部教授 山本大臣の発言に「根拠なし」と猛反論

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/207456

「日本の獣医学部の質は落ちている」――。山本幸三・地方創生担当相の発言に全国の獣医師がカンカンになっている。疑惑まみれの加計学園の獣医学部新設を正当化しようと、山本はムリヤリ屁理屈をこねたのだろうが、これが獣医師会の逆鱗に触れた。  中山裕之・日本獣医学会理事長と連名で反対意見書を公表した稲葉睦・全国大学獣医学関係代表者協議会会長(北海道大学獣医学研究科教授)

獣医学部新設の問題点

獣医学教育は、長く定員抑制策がとられてきた  教育の質の担保、獣医師の需要動向の2点に照らしたもの

獣医師の需要動向については、「総数は充足、問題は職域偏在と地域偏在」というのが数年前の文科省、あるいは農水省のまとめであり、大学教員も同じ認識  特区申請認可に際して、こうした本質的な観点からの検証が不十分だった

5月30日、山本幸三特命担当大臣の「日本の獣医学部の質は落ちている」発言が報じられ、待ったなしと判断し、意見書をとりまとめ公表  無節操な言論と「岩盤規制撤廃」の題目だけで妥当性を欠く計画が進むなら、国家戦略特区は大学の教育・研究、文教行政を破壊し、国民を欺く旗印に身を落とします

岡山理科大学の獣医学部新設

実際に妥当と思える材料は乏しく、否定する材料は豊富です

(以上抜粋)

山本何某の暴言はこの内閣、政権の性悪説を地で行っている。ナチスもそうだったが安倍晋三独裁権力下、その配下は権力維持のためにはどんな悪もこれを躊躇いもなく実行するだろうと言える。それは人間一般に言えることで、アイヒマンがそうだったように組織悪乃至権力悪においては誰しも(普通のありきたりな市民でさえ)引っかかる陥穽に他ならない。安倍政権ではあらゆる悪が充満し横溢し垂れ流されている。メデア・マスコミ・ジャーナリズムの所謂体制側「大本営発表」の無批判な報道は、こうした悪を「悪と感じない」ほどに国民の批判能力を減衰させる働きをする。あの菅官房長官のゲッペルス的喧伝文言はこれをまざまざと示している。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩596 毎日新聞社説  社説 ... | トップ | 詩596 AERAdot.記事 北原み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。