パソコンじいちゃん

公民館で「パソコンなんでも相談」などのボランティアをしています。
色々な質問の解決策を分かりやすく説明してみます。

一方的なアップデートが原因でした

2017年08月20日 | 日記

Windows10を設定して、まともに動いていたノートパソコン!
遂に、以前と同じ状態になって起動しなくなりました。
   


昨日、チェックのためこのパソコンを動かしていました。
なぜか、「最新のアップデート」が勝手に開始されました。
   

アップデートは無事に終わりましたが、「設定しています・・・」画面の途中で突然
再起動し、その結果、表示された画面は以前と同じエラー画面でした。


色々調べた結果、このノートパソコン(TOSHIBA dynabook T350/46BWS)は、
Windows10へのバージョンアップに適合していない古いパソコンでした。
Windows7からWindows10へのバージョンアップは可能でしたが、
その後の新しいバージョンアップに適合しなくなり、
遂に動かなくなってしまったと言うわけです。

Microsoftは何の断りもなく、ある日突然勝手にバージョンアップを行ってきます。
「Windows10 Home」なので、バージョンアップをさせなくする方法が、かなり面倒です。

壊れたままであきらめるのはいやなので、再度「Windows10 Home」を設定して、
勝手にバージョンアップしないようにしておきました。

またしばらく様子を見てみます。
   




ところで、RAWドライブになったクローンHDDを別のパソコンにUSB接続したところ、
元のCドライブが正常に表示されているではありませんか????
ユーザー内をチェックしてみましたがドキュメントやピクチャーにファイルが全くありません。
Windows old」ホルダーができていたので、全データを保存しておきました。

その後すぐ、クローンHDDのRAWドライブは、未処理ドライブとなって、表示すらされなくなりました。

偶然ですが、諦めていたファイルがほとんど回収できて、ラッキーでした!
(有料ソフトならば、現在でもファイルを復元できるはずです)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またパソコンが壊れました! | トップ | 広島市高齢者いきいき活動ポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL