パソコンじいちゃん

公民館で「パソコンなんでも相談」などのボランティアをしています。
色々な質問の解決策を分かりやすく説明してみます。

SSDに換装しました まだ使えそうです!

2017年07月27日 | 日記

動きの遅いノートパソコンの概要です。

機種名      -  Lenovo G500
CPU         -  Celeron 1.90GHz
メモリー      -  2 GB (1.87GB 使用可)
エディション・システム   -  Windows10  64ビット
Cドライブ     -  258GB (現在使用量 41GB)
Dドライブ    -  24.9GB (現在使用量 1.8GB) 
起動時間     - パスワード入力時間を含んで約5分


この性能では動きが遅いのも仕方ないと思いました。(でも遅すぎる!)
ディスクの管理で「ハードディスクドライブ」の様子を見てみました。
なんと、パーティションが10個以上存在しているではありませんか???
(通常は、システム・C・D・リカバリー・その他のせいぜい5ドライブです)
誰がこんな状態にしたんだろう?
この状態がどんな影響を与えているのか、又、何の問題もないのか?
私にはわかりません!


公民館での作業時間は2時間しかありません。
とにかく、何の変更もしないで、現状のままSSDクローンを作成します。

クローン作成手順です。
1. クローン作製フリーソフトのダウンロードとインストール を行う。
  (他のパソコンと比較すると倍以上の時間を要したように感じました)
2. SSDを外付けUSB接続機器で接続します。
  (新品SSDは購入時のままでは認識しないので、昨日フォーマット済です)
3. クローン作製フリーソフトを起動して、クローンを作製します。
  (意外と早く30分位で出来上がりました)

ここまで約1時間位かかりました。
今までのHDDの内容と全く同じものが、SSDに書き込まれました。

いよいよHDDとSSDを交換です。
バッテリーを取り外し、裏蓋を止めているネジを2本外すとHDDが見えます。
HDDを取り外して、SSDを取り付けました。
  



約1時間半で換装完了です!

電源を入れると、すぐに起動が完了しました。
パスワードを入力する時間を含んでも、1分30秒以内で
デスクトップ画面が表示されました。
サークルの他のメンバーの所有パソコンと比較しても、遜色ありません!

持ち主さんに、実際に使ってみた感想を聞きました。
今までの使用状況とSSDに換装後の使用感を比較した結果、
比較にならないほど早く動くそうです。



インターネットでの比較
次の画面への移動や元の画面に戻る場合、いつまで待っても動かなかったが、
今は、操作後すぐに移動するようになった。

Wordでの比較
文字入力・漢字変換が驚くほどスムースになった。

麻雀ゲーム(上海)での比較
選択すると消去されるのに数秒かかっていたが、
選択と同時に消去されるようになった。



SSDに変えて、やっと普通のパソコンと同じようになっただけなのですが・・・
当分の間、この状態で使ってみていただくことにしました。


※ 追加の質問がありました。
  Word  「入力中に勝手に入力位置が移動して困っている」

  マウスパッドが敏感に反応しているのだと思うので、次回サークル時に
  マウスパッドの停止処置を行ってみようと思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動きの遅いノートパソコンを... | トップ | 5日間夏休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL