院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学から女性アイドルまで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

栄養学を信じない

2017-10-10 00:00:29 | 学術

(健康な食事ピラミッド。ウィキペディアより引用。)

 私はむかしから栄養学を信じない。「トマト美肌術」とか「大麦ダイエット」とかいいトレンドが変わる。トレンドは「学」になじまない。

 栄養学が有用だったのは、明治の初め富国強兵策で(寒村出身の)体格が悪い兵隊の体力育成においてだった。現代の飽食時代には栄養学は時代遅れである。(データによれば当時の寒村では必要量の60%くらいしか栄養を摂れなかったらしい。だから青年でさえ体格は貧弱だったという。)

 人間は水分が不足すればノドが渇くように、なにかの栄養素が不足するとそれを欲するように神様が造ったのではないか?だから食べたくないものを無理に食べる必要はないのではないか?

 ※私の俳句(秋)
    満月や薄雲かすか彼方まで
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビフテキの大衆化 | トップ | 上達したければ、いい道具を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL