院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学から女性アイドルまで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

テレビには食べるシーンが多すぎる

2017-07-23 15:17:26 | 社会

(徳光和男の「路線バスの旅」より。)

俳優の高倉健は、ものを食べる姿を他人に見せなかった。「俳優は夢を売る商売だから」と。

私たちの親世代(戦前派)は(とくに女性は)人前で食べるとき、軽く手で口元を隠した。食べることは排泄を連想させるからだろう。

今はテレビでも平気で食べる口元を写す。タレントのほうも平気だ。これは世の流れとして仕方のないことだろうか?それとも人々にたしなみがなくなったのだろうか?


 ※私の俳句(夏)

    浜木綿の野趣ゆたかなりオホーツク
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球温暖化にかんするNHK... | トップ | 精神分析療法はほんとうに効... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL