院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学から女性アイドルまで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

蕎麦はツユを節約するものか?

2017-07-12 12:28:47 | 食べ物

(よしの屋のもりそば)。

東京の盛り蕎麦は、ツユをたっぷりつけてはいけないことになっている。ツユは少しだけつけて、蕎麦ののどごしを楽しむのだという。

それがイキなので、たっぷりツユをつけるのはヤボなのだという。ホントかいな。

蕎麦は好きなだけツユをつければよい。やせ我慢の江戸川柳にも「一度でいいからツユをたっぷりつけて食べたい」という意味の句があるではないか。

ツユは好きなだけつけてよいのだ。なにも気取ることはない。

元来、東京のツユはからい。だから、全部つけては、からすぎるのだ。一部だけツユをつけて、ツユのついていないところと同時に食べるのがおいしい。のどごしもへったくれもない。
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あのころのグループサウンズ | トップ | 花は美しいか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食べ物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL