院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学から女性アイドルまで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

クロマグロ(本マグロ)という名称

2017-07-17 08:42:28 | 日本語
s0a82x

(3代目三遊亭金馬。ウィキペディアより引用。)

古典落語の「薬缶(やかん)」は3代目三遊亭金馬の得意噺であった。何でも知っていると豪語するご隠居に八五郎がいどむ。

「魚のコチはなぜコチというんですかい?」
という八五郎の問いに対してご隠居は
「こっちに泳いでくるからコチじゃ」
「向こうへ行ったらどうするんですかい?」
「お前が向こうに回ればいいのだ」

「ヒラメは?」
「平たいところに目がついているからだ」
「じゃあカレイは?」
「あれはヒラメの家来で、家令をしているからじゃ」

このようにして、ご隠居のこじつけがえんえんと続く。中にマグロの名称に対する問いがあり、ご隠居は「真っ黒だからだ」と答える。これはこじつけではないように思う。

一昨日述べたように、現在ではさらに黒をつけて本マグロのことを「クロマグロ」と呼ぶ。歴史的に最初は「クロ」だったが、「クロ」の中の中核として「真(マ)」が付けられ「マグロ」となった。さらに歴史を下ると「マグロ」の中の代表として「本マグロ」と呼ばれ、最終的に再び「黒」が付いて「クロマグロ」になったとは考えられないだろうか?

じじつ今のマグロ漁師は「メバチマグロ」や「ビンナガマグロ」をマグロとは呼ばない。漁師がマグロと言うのは「クロマグロ」だけである。値段もぜんぜん違う。「メバチマグロ」はたんに「バチ」と呼ばれる。

私たちが常に食べてスーパーでも売っているマグロの刺身はみな「メバチマグロ」である。スーパーごときで本マグロなぞ売っているはずもない。

     (タイセイヨウクロマグロ。ウィキペディアより引用。 )
     


 ※私の俳句(夏)

    老若が出てくるメロン狩りハウス

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数学理論は「創造」か「発見... | トップ | メディアは古いほど残る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL