院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学から女性アイドルまで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

俳句甲子園

2014-08-04 00:05:28 | 俳句

(松山市での俳句甲子園の模様。47news より引用。)

 大学生のころに私は俳句に興味をもちました。しかし、指導者が身近におらず、それっきりになりました。俳句は当時から老人の趣味と言われていて、俳句クラブは老人ばかりで、若者が入りにくいところがありました。

 私の父母の時代には、大学に俳句部というのがあったのですが、私が学生のころは、俳句部をもっている大学は見当たりませんでした。私の師、故浅野右橘先生は名古屋商科大学(現・名古屋大学経済学部)の俳句部出身です。

 ところが近年、俳句甲子園という催しが行われ、高校生が活発に俳句に挑んでいるようです。俳句甲子園は子規や虚子の地元の松山市で行われます。

 優勝常連校は地元の松山東高校、松山中央高校、それに超有名受験校、東京の開成高校です。参加者たちは、しばしば唸ってしまうような俳句を作るので楽しみです。俳句甲子園が行われるということは、大学でも俳句部が次々と再建されていることでしょう。

 俳句甲子園の優秀作品をひとつ。

    月眩しプールの底に触れてきて  開成高校・佐藤雄志君

 一読してこの句は夜の屋外プールの句だと分かります。季語はプール(夏)です。泳いでいたのか飛び込んだのか、とにかく作者はプールの底に触れて、浮かび上がったら月に出会ったのです。たぶんプールには作者一人しかいなかったのでしょう。類想がない心憎い出来ばえです。

 今後、若い発想の俳句が、どういう刺激を私たちに与えてくれるのか楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句のテレビ番組 | トップ | データ保存媒体の耐久性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL