院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学から女性アイドルまで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

花は美しいか?

2017-07-13 22:48:13 | 文化

(荘川桜、「荘川」より引用)

目黒川ぞいの桜が満開のとき「あぁ、美しい」と私が感じたのは小学校2年生のことだった。どうも私は、小学校2年生で「動物界」から「人間界」に移ったようだ。

と言うのは、花を美しいと感じるのは本能ではないと思うからだ。「正義の味方」をカッコいいと感じ、当時テレビでやっていた「月光仮面」に夢中になったのも小学校2年生だった。

花とか正義を美しいと感じるのは、広い意味での教育によるものだろう。それによって「人間界」では互いに共通の認識ができる。

花はよく見ると、うぶ毛が生えていたり粉のようなものを出したり、なまなましくて決して美しいばかりではないはずだ。

俳句の季語は共通認識の際たるもので、いまごろならアジサイが季語である。


 ※私の俳句(夏)

    紫陽花や西の雨雲切れてをり
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕎麦はツユを節約するものか? | トップ | 日本民謡はなぜみな似ている... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL