院長のへんちき論(豊橋の心療内科より)

毎日、話題が跳びます。テーマは哲学からAKB48まで拡散します。たまにはキツいことを言うかもしれません。

金をとるなら謝らせるな!謝らせるなら金をとるな!

2015-12-30 10:26:01 | 経済

yomiuri.co より引用。)

 表題のことばは故山本夏彦翁のものである。

 アメリカでは事故があっても当事者は謝まらないという。謝まったら非を認めたことになるからだそうだ。非はあくまでも裁判で決める。

 日本の交通事故では、被害者から謝罪と賠償金を両方とも要求されることが多い。それでなんとか収まるが、故夏彦翁は「謝罪と賠償金を両方とるのは、とりすぎだ」と言っているのだ。

 このたびの韓国との慰安婦問題では、安倍首相は「痛切な反省」と謝罪をした。韓国はなんとか、それを可とした。それでよい。

 10億円とったと言われるかもしれないが、10億円程度なら個人で動かせる人さえ山ほどいる。国家間で10億円とはゴミみたいなものだ。


※私の俳句(冬)

  パソコンの前に蜜柑を飾とす

註:「飾」(かざり)とは蜜柑とか供え餅とか、正月用の飾り。冬の季語。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「路上禁煙だぞ!」と怒鳴る男

2015-12-26 13:17:46 | 社会


 先日、路上禁煙地区を少し出た人通りの少ない場所で歩行喫煙をしたら、40歳くらいの男の通行人に「ここは路上禁煙だぞ!早く消せ!バカヤロ!」とヤクザのような口調で怒鳴られた。(男は、路上禁煙地区を出ていることに気づかなかったようだ。)

 これには考えさせえられた。(路上禁煙という)マナーを守らせるために、(ののしるという)マナー知らずの仕方で責めるとは!

 これは戦時中と似てはいまいか?当時、国防婦人会といったような組織があって「贅沢は敵だ!」と訴えていた。そして、街で長い袖の女性を捕まえて、その袖を西洋ハサミで切って辱しめた。時節柄、国防婦人会にも理があったのだろう。(長い袖の和服は贅沢品だったらしい。)

 このたびの「路上禁煙だぞ!」と怒鳴った男は変だ。でも、この男にも一分の理があるような感じに、世界中がなっていることに危機感を覚える。(そのうち喫煙者は死刑になるのではないか?)


※私の俳句(冬)

  電飾がここにも冬の北陸路
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大秀才は若年のときから人柄が丸い?

2015-12-23 10:56:24 | 教育

(私の母校。校舎は東京都の文化財になっている。)

 「人柄が丸くなったのは老化の証拠」と週刊誌に出ていた。

 私はまだ丸くなっていない(すぐに怒る)から、それでもよいかと考えた。

 私の出身高校は、大秀才を山ほど輩出している。彼らは高校生のときから丸かった。「人柄が丸い」ということは何なのか、少し考えてみる必要があるだろう。


※私の俳句(冬)

  妻に似し若き仲居の白き足袋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレスチェック始まる(「うつ病概念」の拡散を憂う)

2015-12-15 14:35:34 | 医療


 50人以上の企業体では「ストレスチェック」を行うことが義務化された。(受けるほうは自由。)

 職場でのストレスが言われて久しいし、「メンタル労災」はこの10年で4倍になったという。

 以上の事には別に問題はないのだが、マスコミによって「ストレスの結果、うつ病になる」という図式が引かれているのが問題である!

 ストレスによって心身の異常をきたす場合はいくらでもあって、それらすべてが「うつ病」なのではない。ここが非常に間違えやすいところだ。

 「正真正銘のうつ病」は、むしろストレスを受けているようには見えない人の方に多いと言ってもよいのではないか?(「一見うつ病」という病態はたいへん多い。これについてはこの欄で再三述べてきた。)

 ストレスによって一番起こり易い病態は、「うつ病」ではなくて文字通り「ストレス反応」である。

(WHOの臨床記述と診断ガイドラインICD-10では、うつ病にはコードF32、ストレス反応にはコードF43が割り当てられており、別の疾患である。)


※私の俳句(冬)

  凩やこの街いつか来たやうな

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老人介護施設の待機者に関する誤解

2015-12-10 17:15:23 | 社会
 公的介護施設に入るために、この地区は1,000人待ち、この地区は2,000人待ちと言われて、老母を抱えていた私はめげた。ところが、申し込んでから1,2週間で老母は半公的な老人ホームに入所できた。

 そこで、やっと私は誤解が解けた。

 誤解1:多くの人が複数の施設に申し込みをしている。つまり、1,000、2,000という数は重複を多く含んでいる。

 誤解2:入所できるのは申し込み順ではない。委員会のようなものがあって、必要度の高い人が優先される。

 こういう細かいことを役所の窓口は教えてくれない。(知らないのかも。)ただ、これだけの待機者がいますという情報しか、私は役所からもらえなかった。めげるのは当然ではないか!


※私の俳句(冬)

  露天湯に五体延ばして雪見かな
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は、超個人的なこと(孫について)

2015-12-04 21:19:42 | 生活


 写真の赤子は、娘の3番目の子。女児、もうすぐ2歳。

非常に個人的なことだが、ブログは日記の意味もあるので、ここに書きとめておく。

(俳句で孫のことを詠むのは禁忌!!孫はかわいいに決まっているからだ。)


※私の俳句(冬)

  冬の雨はしけに屋根のなかりけり
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「看護婦」と「看護師」の違い

2015-12-02 14:52:27 | 医療
 私がまだ駆け出しの医者だったころ、看護婦さんにいろんなことを教わりました。だから、年配の看護婦さんは私たちの先生でした。

 当時、看護婦さんは言いました。「最近の先生はやさしい。昔の先生は、ちょっとでも気に入らないことがあるとカルテが飛んできた」と。

 当時から、エックス線技師や臨床検査技師という免許はありました。しかし、彼らには当直がなく、休日夜間には私たち医者が、エックス線を撮り、検査室で白血球の数を数えました。

 疲れ切りました。カルテを投げたいと思ったこともありました。でも、やりませんでした。看護婦と言うな看護師と言えと言いますが、それなら、助産師を女性に限ってはいけないでしょう。「婦」と「師」には現実に即した微妙な違いがあるのです。


※私の俳句(冬)

  冬ぬくし隣の犬が我が庭に
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

職人の技

2015-11-30 14:42:49 | 食べ物


 寿司を初めとする和食の職人は「マイ包丁」を持っている。包丁が悪ければ、よい料理はできない。だから、包丁は毎日砥ぐ。砥いで砥いで、10年もたつと半分くらいの大きさになってしまう。

 写真は、馴染の寿司職人が真新しい包丁を見せてくれた映像。この包丁はこれから年々チビていくのだ。


※今日、気にとまった短歌

  このへんの人はどこまで買い物に行くのと母が二度言った道 (仙台市)工藤吉生
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブハウスの幼児

2015-11-29 08:40:19 | 音楽


 先日、東京のモダンジャスのライブハウスに4歳の孫(男児)を連れて行った。老人の部類しか行かないライブハウスだ。

 孫は店員さんやミュージシャンに可愛がられた。モダンジャズのライブハウスに幼児が来ることはまずないからだろう。

 思い起こせば、孫の親(私の息子、30代)が幼いころにも、名古屋のライブハウス・ラブリーに連れて行って、ミュージシャンに可愛がられた。

 息子と、そのまた息子が画面右下にほんのり写っている。(この写真では、たぶん見えないでしょう。)


※私の俳句(冬)

  幾たびも鍵確かむる神の留守
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界中、子どもは同じ

2015-11-28 14:09:44 | 文化


 先日、新幹線に乗っていたら、前の白人の子が後ろの席を覗いた。日本人の子と同じだ。

 子どもはみな同じである。日本の小学1年生に、習字で「一」と書かせると、みな太い字で横一棒を書く。

 へんに個性化していくのは、そのずっと後のことだ。


※私の俳句(冬)

  心病む人との句座や茶の花忌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK高校講座の美人アシスタントたち

2015-11-21 13:41:34 | 芸能
 芸能プロダクションが美人女優や美女タレントに歌を歌いたがらせるのは、視聴者が美女を見つめる機会をあたえるためだと、いつぞや述べた。(歌も踊りもなしに美女を見つめるのは不自然だからだ。)

 ところが美女を見つめたかったら他の方法がある。それはNHK高校講座のアシスタントだ。アシスタントは若い美女ぞろいだ。少なくともAKB48よりは頭の中身もありそうである。

 一度、お試しください。


※今日、気にとまった短歌

  授業中君の見つめるその先にあるのはノート僕じゃないんだ (都立三鷹中等教育学校)水落晴輝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウンセリングは魔法の技にあらず!(パリ同時多発テロ被害者に対して)

2015-11-20 21:45:16 | 心理
 今回のパリ同時多発テロに当たって、精神科医のジャンピエール・ブッシュ氏が、テロ被害者の「心のケア」に当たっているらしい。

 ブッシュ氏は「国境なき人道家」という組織の人らしく、他の精神科医とすでに被害者120人にカウンセリングを行ったという。氏は被害者のレストラン・オーナーの家に泊まり込み、一人で30人の「心のケア」を行っているという。(本日付、毎日新聞愛知県版。)

 ここで氏が言っているカウンセリングとは何のことだろうか?「泊まり込んで30人のケア」というと救急救命を思い出すが、そこで止血や手術や薬物投与をしているわけではない。

 こうして、なんとなくカウンセリングが「魔法の技」のように思われていくことに疑念を覚える。

 氏は5%の人は治らない、時間がかかる人は4年はかかると述べているけれども、意味が分からない。というのは、カウンセラーがかかわらなくても、ストレス障害の治癒はその程度で、治癒には「時間薬」が一番効くからである。

 カウンセリングは過大評価されている。カウンセラーの門を叩いてがっかりした人は多いのではないか?

(被害者に重要なのは、プロによるカウンセリングではなく、多くの人が「あなたのことは忘れないよ」とメッセージを送り続けることだ。)


※私の俳句(冬)

  屋根に雪乗せて帰港の巡視艇
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本物の「うつ病」の原因はストレスではない!!

2015-11-19 11:41:12 | 医療

(「うつ病」を経験した歌手のマルシアさん。NHK「今日の健康」より。)

 子どもを亡くした母親が深く落ち込む。これは正常な反応であって、元来「うつ病」とは呼ばない。子どもを亡くしてにこにこしている母親のほうが、むしろ異常である。

 一方、特段のストレスがないのに、自殺願望が起こるほどに落ち込む場合がある。これが本物の「うつ病」である。

 ストレスに対する正常反応としての落ち込みと、「うつ病」による落ち込みをマスコミを中心として、世間は混同している。

 これは、DSM(アメリカの精神疾患の診断分類マニュアル)の弊害である。DSMの診断基準では、子どもを亡くした母親も「うつ病」ということになってしまうからだ。(ズル賢いことにDSMは死別反応を別扱いにして、「うつ病」に入れないようにと但し書きに書いてあるが・・。)

(DSMの基本姿勢は、現在の病状だけを見てものを言うべきだ。過去のことは考慮に入れないという潔いものだった。それがPTSDを初め、過去を問うようになったのは、大いなる自己矛盾と言えよう。)

 上のNHKの番組でも、DSMの診断基準が紹介されていた。マルシアさんは本物の「うつ病」だったと私は思うのだが、DSMの診断基準を「その通りだった」と肯定している。

 こういうところから、「うつ病」に関する誤った理解が世の中に蔓延するのだ。

※私の俳句(冬)

   かなたまで土蔵造りの雪の屋根
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

乞食、ルンペン、浮浪者、「おもらいさん」という言葉が若者に通じない

2015-11-18 15:08:51 | 教育

ヤフー知恵袋より引用。)

 先日、精神病をテーマにして、20代の理系の若者に対して講演した。

 先ず困ったこと、言葉が通じない。乞食、ルンペンが、若者は言葉さえ知らない。知っている者も実物を見たことがない。

 ホームレスはすぐに理解できたが、「おもらいさん」という用語が通じない。浮浪者という言葉も理解できたかどうか疑問である。

 実は、そういった人々の中に精神病の人が少なからずいる、ということを言いたかったのだが、通じない。

 ホームレスや「おもらいさん」には、かえって精神病者はいないと言ってもなおさら通じない。精神病者は「おもらいさん」をするほどズル賢くないのだ。

 この辺の機微がどうしても20代の若者には通じなかったようだ。


※私の俳句(冬)

   理容師の外見てをりぬ雪もよひ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリの同時テロに寄せて

2015-11-17 13:50:54 | マスコミ
 ISの拠点が無人機で爆撃されているらしい。ISもさぞ敵国を爆撃したいことだろう。でも、それだけの軍備がない。だったら、テロ行為に出ても不思議はないのではないか?

 ISのテロは戦いに命を捧げた自爆テロである。一方は無人機。この非対称性には考えさせられる。非戦闘員が爆殺されている点において、両者は同じなのだが・・。

 私にはテロとゲリラの違いが分からない。どちらも戦闘の一方法ではないか?(まさか宣戦布告があったなかった、という話ではないでしょうね。)

 先進国のマスコミは、こぞってISを冷酷、残酷と非難している。そんな極悪非道な集団に中東や北アフリカの青年が志願していくのはなぜだろうか?

 NHKの太(ふとり)解説委員は中東問題に詳しく、先日「ISにも理由(わけ)がある」とひとこと言ったが、以来、そのようなことはあえて言っていない。(いま言うのは危険だからだろう。あと何年かすればわれわれにも理由(わけ)が分かるはずだ。)

追補:この日、フランス版新幹線の実験線が脱線して、子どもを含む2ケタの死者が出たのだが、テロのニュースで吹っ飛んでしまったね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加