中野山草園の山野草日記

雪国、小千谷から雪割草と山野草を作っている、小さな山野草の店から時々思いつくままに独り言を書いていきます。

斑入り植物

2017年08月09日 | 山野草

 

心配された台風5号ですが、予報が警報でしたが、雨も風も予報が外れて畑にはちょうどいいお湿りでした。

それにしても、ゲリラ降雨で被害にあわれた方には、お見舞いを申し上げます。

花がちょうど途切れて、写そうと思っても何もありません。台風のおかげで少し気温が下がったので、雪割草の植え替えをボチボチ始めていますが、気温が下がったとはいえ動くと汗がしたたり落ちます。

「センダン」(栴檀)の斑入りです。白い本斑が大きく入る個体で、この辺りでは見ることのできない樹木なので皆さん必ずこの木は?と聞いてきます。

ありふれている、「キチジョウソウ」(吉祥草)の斑入りですが、この春少し弱ったので尺5寸の丸鉢に山を作って植えなおしたら、ようやく元気が出てきました。

最後は、斑入りではないのですが、「冬のハナワラビ」の変り葉(ラシャ葉)です。芽出しがきれいなもので、ついパチリとしました。

次回には、青軸のレンゲショウマの花が咲いてくると思いますので載せられると思います。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長岡の花火 | トップ | 雪割草の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事