ちいさいパピーちゃん絵本、五十野惇Family作品

ちいさいパピーちゃん&お友達の顔は、いつだって全て正面を向いています。ブルーナのミッフィーと共通しております。

海水浴絵本「ちいさいパピーちゃんのかいすいよく」

2017年07月14日 10時23分55秒 | 暮らし


♪ YouTube で
読み聞かせがご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=XosB9tcu9hQ
♪ 小鳩くるみさんの読み聞かせ・CDも楽しめます。

♪♪♪ あらすじ;
たった3本の白いひもが、たちまち波になって海の世界へと運んでくれる。まねっこ遊びから本物以上の体験や夢を感じとるお話。

♪ 読者のお便り; 「拓也くん」からのお便り
『おにぎりリュックサック』

▽ お便りありがとう!▽
そういえば、拓也くんパピーちゃんのママがたくさんおにぎりのはいったリュックサックの絵がパピーちゃんのえほんにかいてあったので、それをさんこうにしながらパパとママといっしょにかいたんだって。そうなんだ。パピーちゃんつぎの日はれるとイイね。
あと、ママがつくってくれたたくさんのおにぎりリュックサックをもってかれるとイイね。ルンルン、ルンルン。なんかこの絵をみているとつぎの日はれて、そしておにぎりのはいったリュックサックをどこかにもってているそうぞうをしちゃったぁ。
ルンルン、ルンルンとね。な~んちゃってね。
拓也くん、おたより ありがとう。
(文:東京家政学院大学五十野ゼミ生が描きました)

♪ 西本鶏介先生の解説 ♪
(昭和女子大学名誉教授・評論家・作家)

どんな現実のできごとからでも幼児の夢は大き く、ふくらみます。
たとえ、まねっこ遊びからだって本物以上の体験を感じることができます。  

見えな いものが見え、不可能なことが可能になる、そんな 豊かな心をいっぱい持っているのが 幼児のすばら しいところです。  
その心をた〈みに刺激して、海水浴の楽しさを 存分に味あわせてくれるお話です。  

たった三本の白いヒモが、たちまち波になって、パピーちゃんを 海の世界へと運んで〈れます。
もうすっかりその 気になったパピーちゃんの頭には、海のことしかありません。

色紙で魚を作り、タコをつくつて並べると、 部屋の中は完全な海。
とびこみ台のつもりの 椅子から海へとぴこんだら、色組の魚も、波も、白いヒモも、
いよいよ本物に変わってしまいます。

ここには、 食いしんぼうで、冒険好きの幼児を、お話の世界に 運び込まずにはおかない
りアリティがあります。
泳ぎ疲れて食べるおむすびの味。
色紙のおむすぴ とて本物以上のおいしさです。
そして、ふと現実に もどつたとき、今度は本当の海水浴が待っていま す。
空想のできごとは、 明日になれば現実となるのです。

ファンタスティックなお話の魅力はお話の国へ 行って帰り、また行きたくさせるところにありま す。

そのまた行きたくなるところが本当の海というのですから、子どもにとって、
こんなうれしいこと はありません。

♪ 「パピーちゃん絵本」と「パピーちゃん絵本・CD」お問合せ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pappy
 (検索→五十野惇)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の日、絵本「パピーちゃん... | トップ | 星空への冒険心、絵本「パピ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む