旅日記

半世紀前の旅日記です。

アクロポリスの丘とパルテノン神殿の話~アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の栄光と現実)

2017-11-14 17:02:40 | 私の旅日記~第7章 ロンドン~アテネ間ヒッチの旅

アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の栄光と現実)

*アクロポリスの丘とパルテノン神殿の話
 私はアテネに着いた翌日の11月29日、市内地図を片手に持ち、1人パルテノン神殿を見にユースを出た。アテネは、ロンドンやパリの様な大都会でなかった。従って主な史跡や観光スポットは、殆んど歩いて行ける範囲にあり、バスを使う程ではなかった。そしてこの都市は、アクロポリスの丘を中心に形成され、何処からでもアクロポリスの丘とパルテノン神殿を望む事が出来た。

 

▲アクロポリスの丘にて~左が私、そしてバックは、パルテノン神殿。

  私は地図を頼りに街を散策しながら、アクロポリス方面へ向かった。その丘の少し急坂な小道と石段を上ると、忽然、目の前に巨大な神殿が飛び込んで来た。しかし2,000有余年の風雪の為か、ローマ帝国やトルコ帝国の略奪、破壊の為か、残っているのは屋根を支える一部の枠組みと建物を支える巨大な石柱のみであった。そして神殿の周りには崩れたか破壊されたのか、その建造物の多くの部位が雑然と、言い方を替えればゴロゴロと放置されていた。

 私は大理石の階段を上り、その神殿の前に立つと唖然とした。柱の始点上と建物の枠(破風)の間にある壁画は、古代アテネの姿が描かれていて、私の胸に迫る物を感じさせた。全面の石柱と建物横の石柱の本数、そして柱間のバランスの良を感心した。それは離れて神殿を見た方が、その均整の取れた美しさが余計に分かった。そして何と言っても私の魂を圧倒したのが、柱の高さと言い、その幅と言い、その巨大な白大理石柱が真っ青な空に向かって美しく雄大に建っていて、その青と白のコントラストが見事であった。私は古代ギリシャの建築技術の高さ、そして美的感覚の豊かさに、改めて認識させられた。パルテノン神殿をどんな表現で言い表したら良いのか、私には分からなかった。『ただ神殿の壮麗さ、荘厳さ』のみでは物足りなかった。2,000年以上経ち、しかも人為的に破壊されても尚且つ、アクロポリス神殿は人々の心(魂)を奪う程の美しさがあった。しかし、私はそれを伝える言葉が見付からなかった。

 このアクロポリスの丘からアテネ市街が一望出来た。古代ギリシャの国王達も、私と同じようにアテネを見下ろしていたと思うと、2,000年以上の時空を飛び越えて、私も古代のアテネ人になった錯覚を覚えた。私はいつまでも丘に立ち、アテネ市街を望みながら古代ギリシャに想いを馳せた。

▲アクロポリスの丘にて-アテネ市街を望む
 

 アクロポリスの丘の近くで昼食(日本の焼き鳥風の串焼きとパン、14ドラクマ)を取った。帰りは道に迷い大分、道草を食ってしまった。

                        (アクロポリスの丘とパルテノン神殿の話は終り)


 

   

    

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堤康次郎と後藤慶太の裏話~... | トップ | ギリシャ、アテネの印象の話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私の旅日記~第7章 ロンドン~アテネ間ヒッチの旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。