旅日記

半世紀前の旅日記です。

ギリシャ、アテネの印象の話~アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の栄光と現実)

2017-11-15 07:24:49 | 私の旅日記~第7章 ロンドン~アテネ間ヒッチの旅

*ギリシャ、アテネの印象の話
 ユーゴスラビアからアテネへ来る途中の車の中から、或はアテネに滞在してギリシャ人の着ている物、生活実態、道路、交通事情、街の商業・経済の様子等を見て、先ず感じた事は想像していたより人々の暮らしは、貧しそうであった。物価は安く、旅行者にとって大変有り難いが、経済が停滞している証であった。外国に来てから私は分ったのであるが、物価が安い国は、一般的に経済が停滞して、人々の暮らしは貧しい様であった。それから私が見た範囲でギリシャは全体的に森林が無く、山々は石ころだけで禿山であった。自然保護林、森林がなければ、大雨に対する防災は如何なのか、或いは飲料水の確保は如何なのか、等々の疑問があった。

アテネは、私が想像していたよりこじんまりした都市であった。ヨーロッパの一都市にも拘わらず、一部の地域を除いて都会的雰囲気がなく、何処となく田舎の感じであった。だから私にとっては違和感がなく、返って親しみを感じた。私が旧市街や裏通りを歩いていると、子供達が寄って来て、「モンゴル人か日本人か」と時々、尋ねられた。如何して彼等の口からモンゴル人が出てくるのか、不思議で仕方がなかった。彼等にとっては東の最果ての地、日本人が珍しいのか、或はモンゴル帝国がギリシャやイタリアまで征服したモンゴル人に畏敬の念を感じているのか。ともかく私が「日本人だ」と言うと、「やー日本人だ、日本人だ」と子供達ははしゃいだ。彼等は私に対してバカにしている、或は非難している感じではなかった。むしろフレンドリーな気持を持って接して来ているのだと感じた。
 又ある時、通りを歩いていたらタクシーが寄って来て止まり、ドライバーが車から降りて、わざわざ私に「日本人か」と聞いて来た。私が「日本人だ」と言うと、「この車はトヨタの車で、とてもグッドだ」と言って走り去って行った。『だから如何なのだ』と覚めた見方をすればそれまでだが、彼にして見ればその一言が言いたく、わざわざ車を止めたのだ。ギリシャ人は、日本(人)に対して親近感とある種の憧れを感じているのだと私は感じた。又その様に言われて悪い気はせず、寧ろ日本を誇りに感じた。
                                                 (ギリシャ、アテネの印象の話は終り)

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アクロポリスの丘とパルテノ... | トップ | 美術品の話~アテネで思った... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私の旅日記~第7章 ロンドン~アテネ間ヒッチの旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。