院長のひとりごと

院長が日々考えていることなど・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏カゼ流行中  しみるゼ!

 | 小児科
子ども達の夏カゼといえば、ヘルパンギーナです。あまり聞きなれない病名かもしれませんが、ただいま流行中です。
 急な39度の発熱。のどが痛くて食べない。咳や下痢は少ない。のどをアーンとさせると、あるある。赤いのどチンコの周辺に水ぶくれが2個、3個。
 アイスクリームを食べます。プリン、ゼリー、冷奴はOK。オレンジジュースや酢の物はしみるので食べません。
 高熱は2日間ですが4日で治ります。ただし、その頃次の弟が発熱だ!というのが普通のコースです。
 親はかからないみたいですね、と言ってるうちにヘルパンギーナのお子さんのパパが3名ママが4名のどの痛みと関節痛にて受診されました。親も要注意。
 現在まではけいれんを起こしたり、入院が必要になったお子さんはいませんので、比較的軽い部類のカゼと言えます。ただ高熱なのに食事が取れないのは問題ですので、冷たくてツルっと入る食べ物で最初の2日間をやり過ごして下さい。

追伸:「けいれんを起こしたお子さんはいません」と書いたとたんに今日熱性けいれんを起こしたお子さんが来院しました。訂正します。夏カゼは高熱が出ますので、けいれんも要注意
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2週間目じゃアスリートとは... | トップ | 何ってよぶ? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL