犀川の河川整備を考える会

犀川の辰巳ダム建設を契機に河川整備を考え、公共土木事業のあり方について問題提起をするブログ。

辰巳ダム>飽和雨量※ について簡単な検証をした

2017年08月09日 | 辰巳ダム

 平成29年8月8日、台風5号が襲来して犀川流域の山間部では累計で300mmを超える降雨があったので、飽和雨量について簡単な検証をしてみた。

 時間あたりに流域全体に降った雨の総量を「総降水量」とし、時間あたりの「ダム流入量」と比較をしてみた。地表が飽和すれば、時間のずれがあって、降った雨がその大きさで流出する、つまり、ダム湖に流入するはずである。

 地表面が降雨で飽和すると、それ以上の雨は100%流出するといわれている。
 石川県が検証洪水で求めた飽和雨量は、
 犀川ダム地点 → 平均102mm
 内川ダム地点 → 平均106mm
 である。犀川の洪水流出モデルの飽和雨量は100mmに設定している。

 上流に洪水調節施設のない、犀川ダム、内川ダムについて試算した。
 「総降水量」と「ダム流入量」(実際のダム流入量から基底流量を引き算しした量)を比較した。

 試算した表をグラフ化したものが、図:犀川ダム、図:内川ダムである。(注:後で掲載!)
 図:犀川ダムで、「総降水量」の折れ線に3カ所の山があり、流域平均の累加雨量は左から119mm、220mm、268mm付近(図では表示されていない)であるが、「ダム流入量」の折れ線に反映されていない。地表が飽和して100%流出するという仮定が正しければ、山ができるはずである。268mm付近を超えたところでも「ダム流入量」の折れ線の山は見られない。

 図:内川ダム図でも、「総降水量」の折れ線に3カ所の山があり、流域平均の累加雨量は左から203mm、245mm、292mm付近(図では表示されていない)である。「ダム流入量」の折れ線になだらかな山は見られるものの、地表が飽和した形跡は見られない。

 ところが、いずれのケース、累計雨量についても反映されていない。飽和したとすれば、その後で大きな降雨があれば、その降雨による水量と同等の出水量があるはずであるが、地表で貯留され抑制された出水量となっている。

 ちなみに今回の雨の前の降雨は、犀川ダムでは、8月1日に2mm、辰巳ダムは、7月30日に3mm、内川ダムは、8月1日に2mmである。

※ 飽和雨量とは: 地表面の湿潤状態を表す。飽和雨量が0mmということは地表面が完全に雨で飽和し、それ以上の雨はすべて地表を流れて川へ到達することを意味する。この数値が大きい値であれば、降雨を地表で受け止める能力が大きいことを表し、地表を流れて川へ到達する量は少なくなる。犀川では、100mmの数値が用いられている。
ちなみに、飽和雨量の大小で最大洪水流量が大きく異なる。辰巳ダム計画では、
100ミリ→1,741m3/秒
190ミリ→1,193m3/秒
 である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辰巳ダム>台風5号が通過、... | トップ | 辰巳ダム>山地の保水力を簡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

辰巳ダム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。