犀川の河川整備を考える会

犀川の辰巳ダム建設を契機に河川整備を考え、公共土木事業のあり方について問題提起をするブログ。

その他>日本国憲法を考えよう(その15)

2017年06月15日 | その他
九条について共産党はどう考えているか

 日本共産党は最近では若い女性を表看板にしてソフトなイメージ戦略をとっているが、その存在はかなり危険だった。米国では、非合法の存在であり、日本も戦前は、非合法だった。世界で同時に共産主義革命を起こすために、ソ連の国際共産主義組織の日本支部として発足している。戦前の治安維持法は、日本が赤化しないために用意された法律だ。朝鮮戦争の時期までは、後方攪乱のための過激な行動を取っていたらしい。過激派組織の元祖という存在だ。

 この日本共産党が、GHQの置きみやげの一つである。日本を弱体化させるために取られた分断統治政策の一環である。つまり、日本共産党は、日本を弱体化するためのしかけである。

 共産党は、九条についてどう考えているのか。
 思考するときに、まったく対立する意見を見ると理解が容易になる。

共産党は自衛隊どうする?(しんぶん赤旗日曜版2017.6.11)
「日本共産党は、自衛隊は9条とは相いれない、憲法違反の存在だと考えています。だからといって日本共産党は、ただちになくすことは主張していません。
徹底した外交努力を通じて周辺諸国と平和友好関係を築き、国民の圧倒的多数が「もう自衛隊がなくても安心だ」という合意が成熟したところで初めて、9条の完全実施に踏み出すというのが共産党の方針です。
かなり長期間にわたって自衛隊と共存する期間が続きますが、その期間に万一、急迫不正の主権侵害や大規模災害などがあった場合には、国民の命を守るために自衛隊に働いてもらう――この方針を党大会で決めています。
憲法を守ること、国民の命を守ること――日本共産党はこの両方を真剣に追求していきます。
いま政治に求められるのは、憲法を変えるのではなく、9条がめざす方向に現実を近づけていく努力ではないでしょうか。」

 共産党の主張は、要約すると、
①自衛隊は憲法違反→ ②だが、憲法九条を変えない→ ③外交努力で平和を実現した後、自衛隊廃止→ ④憲法九条が残る
である。

 現在、憲法違反だが、いずれ、これを解消する、だから、この憲法は守るというわけである。
このフローに、改憲の考えを入れるとつぎのようになる。
①自衛隊は憲法違反→ (②憲法九条を改正)→(②’自衛隊が合憲)→ ③外交努力で平和を実現した後、自衛隊廃止→ ④憲法九条を戻す

 スタートも最終の到達点も同じである。途中の自衛隊が、合憲か、違憲かだけの違いである。
自衛隊を合憲の存在として認めるか、認めないかだけの違いである。
認めないという意味は、日本の弱体化だけだ。日本が強くなると困るのか。

 また、共産党の主張に「憲法を守ること、国民の命を守ること」との付け足しがあるが、
違憲の自衛隊を持っているので、憲法を守っていない、
武力の行使できない、無力な自衛隊のため、国民の命も守っていない
 ので、何の説得力もない。
 さらに、
「徹底した外交努力」というが、対立する相手国は、武力と外交の両面作戦で出来ているのに、こちらは外交努力だけ、話し合いだけというように聞こえるのでこれも全く説得力は無い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その他>日本国憲法を考えよ... | トップ | その他>日本国憲法を考えよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。