なかふらの単車館

オートバイ私設博物館の日常と情報です!!

行先不明のC72③

2016-10-18 00:23:49 | C72
行先不明のC72は行き先不明のままとにかく前進させていきます。加工が多そうなので、来春位を仕上がりの目標としています。

まずは固着ピストン・・・昨日CRCをさして帰ったところ、片側が空になっていました。やっぱり「固着は片側」論ですね。こうなればさっさと取れます。大した固着ではありません。


外したピストンをCB72のものと見比べます。オイルリングがスカートのところにあるのが、C72の特徴ですね


何度も書いていますが、「まずはローリングシャーシを作る」ということを、基本としていますので、谷藤号の出がらしニップルとスポークの錆び取りをしていきます。ニップルです・・・・。


錆取りといえば・・・・・こいつとパーツをペットボトルに入れてガラスビーズも入れまして、とにかくシェイク!!


中和は「けん化」されたものを使用します。「けん化」は「(せっ)けん化」の事ですので、界面活性作用のあるものであれば、基本的に大丈夫かと・・・・塩基性です。


ニップル


スポーク


よく乾燥させて、グリス系のスプレーをちょっとかけて浅漬けのようにモミモミします。後は、単車館でボンスターやペーパーを使って磨き上げます。


そうそうモンキーを貰いました。株主さんがこのブログを見て明日やってくることでしょう(笑)。隠れて待ち伏せをしてモンキーに寄って行ったときに、網で捕獲してみましょうか(笑)?オーバーフローしていますが、キックしたらかかっちゃうし・・・・・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行先不明のC72② | トップ | 2016年10月開館情報変更② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。