只の道…淡々と歩く

無いものを在るとする…ゆくゆくは苦悩となる
無いものは無いのです。

過去に未来にしがみつくな!“只、今”しかないからです。

2017-08-09 09:57:31 | 日記
私(自我)ほど、厄介なものはありません。

じゃ、付き会わなければいいじゃないかと言われますが、
残念ながらどこまでも引っ付いてくるのです。(笑)

それは「思考自我」が、自分であると断固として
思っているからです。

それもそのはずで、誕生してから幻想を事実として
教え込まれてきたからです。

そして様々なことが固定観念になっていったのです。

それが悪いということではなく、身動きが本来の
自由自在”では無くなったということです。

なぜそんなことが言えるのかですが、それは
すべての方に、本来の“純粋意識”が奥底に
毅然としてあるからです。

しかし在るからと言って、誰でもその“純粋意識”に
居られるかということはありません。

繰り返し述べていますが、真実を曲げる固定観念という
鉄壁に囲われているからです。

この固定観念という鉄壁を打ち破らないかぎり、
本来の“純粋意識”に出会うことはありません。

しかし、弛まぬ“只なる実践”の持続で、鉄壁の崩壊が
進んでいきます。

そして“真の自分”という、大自然と一体が目の前に
あったことが証明されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泣き笑いの人生も面白いもの... | トップ | 息をゆっくりと吸い、長く吐... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。