只の道…淡々と歩く

無いものを在るとする…ゆくゆくは苦悩となる
無いものは無いのです。

人生はこの世の遊びですね。笑

2017-07-01 08:40:04 | 日記
パソコンの予備スピーカーです。
ある組合から、8月初旬に機械の講習を依頼されました。
画像があるとわかりやすいかな~と思いDVDを用意しています。
しかし大勢の人であれば、パソコンの音声では聞こえないと
思いますので、パソコンの予備スピーカーを購入しました。
便利な時代ですね~ 笑






【前もって言っておきますが、このブログは私(思考)の
戯言ですから、このことを信じないで“実践”で
明かにしてくださいね。】

過去に、将来に、現在に何も拘りの“無い”方は
お気楽そのものと言えるのではないでしょうか。

「そんな呑気なこと言ってどうなる!」と、
私(自我)は怒るでしょうがそうだから仕方ありませんね。笑

ご承知のとおり“只なる実践”の目的は、何も拘りを
持たない人生を送るためにやっているのです。

いい人になろう…
金持ちになろう…
みんなから慕われたい…
苦難を避けるものが欲しい…
優雅な生活がしたい…
家族平和に暮らしたい… etc (エトセトラ)

この様な「思い」を捨てる道です。

「そんな夢も希望も無いこと言うなよ!」と、またまた
私(自我)が登場するでしょうが、このブログは
その私(思考)を頭の中から捨てる“実践道”です。

この身体を私とか僕という「思い込み」を、
忘れ去る、消し去るのが“只なる実践”です。

この身体を自分と言っていても、何も不思議なことでは
ありません。世の中の人の99,9%がそう思っているからです。

が、しかしですが、それによって苦悩が発生することを
大半の方が知らないのです。

その苦悩が発生する仕組みを、お釈迦様が命がけで
体得されたのです。そしてそのことを代々伝えられて
今日まで来ているのです。

それを知ったら、自分が“只、やる!”ことで体得できる
のです。

その難しいことでも容易いことでも無いことを、伝える
のにいろんな方便を使っているのです。

心配、迷い、不安、苦悩、恐れが本来には“無い”と
わかるには、真実の目から観なければなりません。

「無いものを在るとする」これは超簡単で、
「思考自我」を使えばいいのです。

心配であれば「思考自我」を使えば、どこまでいっても
心配になるのです。

迷い、不安、苦悩、恐れも「思考」すれば同じことです。

更に同じく過去に、将来に、現在に「思考」を持ち出せば
問題が起きて来るのです。

ですから過去に、将来に、現在に何も拘りの“無い”方は、
事実の“”に目覚めているのです。

この過去、将来、現在が「在る」とする「思考自我」を、
打ち消すため弛まぬ“只なる実践”の持続です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴飲、暴食は身体を壊すもと... | トップ | 暑い最中、身体には無理させ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。