只の道…淡々と歩く

無いものを在るとする…ゆくゆくは苦悩となる
無いものは無いのです。

また失敗か~と落胆しないでください、失敗も成功もありませんから。笑

2017-07-31 09:46:28 | 日記

私(思考)は頭の中で、何でも即飛び付く癖が
あるのです。

これは「執着」という強力な磁石で、引っ付いたらなかなか
離れられないのですね。

この離れられることの出来ない「執着」を、二度と
引っ付かないようにするのが“只なる実践”の持続です。

つまり「執着」という強力な磁石の、磁力を完全に
抜く作業です。

「執着」を完全に抜く作業の結果は、例えば鉄板に
磁力の無いプラスチックを当てても直ぐ落ちると
いうことになります。

ですから頭の中が穏やかになり“空っぽ”と
いうことです。

これを理解するだけではなく、“実践”で感じ切って
ください。『あ~なるほどな~』と言わなくても、
その時が必ず訪れるのです。

おわかりになっているとは存じますが、「執着」は
「思い込み」で幻想ですから、実体は“無い”のです。

その“無い”ものに、心は振り回されているのですから
心配、迷い、不安、苦悩、恐れになってくるのですね。

ですから事実には「思い込み」はなく、それはそれであり、
これはこれで、要するに思考は無いということです。

生まれてから長年に渡り、頭脳から支配されてきましたから
幻想世界のことはわかりますけど、その苦の世界から
脱出して本当の世界に“目覚める”ことは、並大抵のこと
ではありません。

が、しかし“只、今”が本当の世界ですから、歴然として
目の前にあるのです。

その“真実”を頭脳で覆い隠しているから、目の前に
あるものが幻想になるのです。

ですから私が自分に成り、私が「思考自我」で幻想と
言うとおかしく感じるのですね。

とにかく自分に対する「執着」があるかぎり、頭脳は
それを離そうとしませんから、開放に向けて
弛まぬ“只なる実践”の持続です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 汗びしょりの作業ですが、そ... | トップ | 善いも悪いも無く、台風も自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。