只の道…淡々と歩く

無いものを在るとする…ゆくゆくは苦悩となる
無いものは無いのです。

“今、ここ”から離れるのは心ですね。

2017-05-17 08:46:07 | 日記
自然薯の「むかご」から蔓が出てきました。
さて200個ぐらい「むかご」を植えましたが、
どのくらい蔓がでてくるでしょうか、楽しみです。





『楽』して生きるか、それとも『楽しく』生きるかです。

ほとんどの方が『楽』して、『楽しく』生きたいと
思っていますね。

でも、それは叶わないことです。(笑)

そもそも『楽』も『楽しい』も“無い”からです。
ですから『楽』無く生きる、『楽しい』も無く生きるのです、

今、今、今に只、淡々と流れて行くだけです。
これが“絶対安心”の境地と言えるでしょう。

すべての方がここに還りたいのですが、還る道を知らない
というか、強力な「思考自我」が邪間をするのです。

このブログは、その強力な「思考自我」とは何なのかを
知り、自分で在るとしている強大な力を完全に弱めて
いく“只なる実践”を書いています。

ですから、このブログをいくら読んでも“実践”しなければ
「絵に描いた餅」ということですね。

今、今、今の何も無い“喜怒哀楽”に還るため、
弛まぬ“只なる実践”の持続です。



只の道…淡々と歩く

心の研究もされている禅師、井上御老師のホームページから
一節ずつを、私(思考)が観てみましょう。
あくまで私(思考)から観たものです。
私(思考)の戯言は信じないで、常に“実践”で明らかにしていってくださいね。

健全な目的や理想や夢がない為です。志が無い精神は統一性が悪く、
 常に不安定ですから自信力が具わらないのです。向上心が無ければ
 美しい自尊心も信念も育つ訳がないのです。自律を促す凛とした信念が
 欠落したままですから、義務感も責任感も成長しない、つまり人間として
 成長していかないと言うことです。
 だから健全な正義感も自信も具わるはずがないのです
。』

いかがでしょう。
実践で腑に落とされたでしょうか?
健全な目的や理想や夢がないかぎり、健全な正義感も
自信も得る事が出来ないと仰っています。

人間として成長していくためには、揺らぎのない
健全”が肝心なことであるとも仰っています。

“健全”とは、頭の中で勝手に妄想する「思考癖」が
無いということです。

頭の中で勝手に妄想しなければ、“只、今”の思考です。
“只、今”の思考がなければ“無思考”です。

これを離さず只、淡々と自然のまま歩いていくのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々、只淡々とですが、物足... | トップ | 落ち着きの在る心は痛みがあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。