なかの哲朗です(^_^)

日田市議会議員の中野哲朗です。「積極的な情報発信」をお約束し、議会へ送っていただきました。初心を忘れず、がんばります👊

定例記者会見の内容が公開されるようになりました❗

2017-06-13 23:23:49 | 日記
平成27年12月定例会の一般質問は、市長が1期目の選挙で掲げた公約「総人件費2割カットについて」を取り上げました。その中で、ややこじつけに近い質問でしたが、情報発信・説明責任に関する内容を1問だけ質問しました。また、平成28年6月定例会では、「情報発信について」という項目を質問しました。先ほど、市のホームページを見ると・・・。

【日田市ホームページ】
http://www.city.hita.oita.jp/shisei/pressconference/7191.html

 

【平成27年12月定例会一般質問】

◆7番(中野哲朗君) じゃあ、もうわかりました。

 説明責任というのを、今後きちんと果たしていただきたいというふうに思うんですけども、市長が6.7%削減見込みであるというのを示されたのは、3月2日の記者会見であったというふうに記憶をしております。情報発信とか説明責任、こういったものの観点から、今、市長の定例会見というのは、我々も知る機会というのはなかなかないんですけども、こういった市長の定例記者会見をホームページで明らかにして、市長の考えを幅広く市民に発信すると、こういったお考えはないでしょうか。

 日田市のホームページには、「市長の部屋」というのがございますよね。市長のプロフィールとか行動、そういったものを載せてあるということは存じ上げておりますし、県下14市のホームページを拝見すると、同じように、やはり「ようこそ市長室」とか、「こんにちは市長です」というのがございます。

 その中で、大分市、中津市、佐伯市、豊後高田市、宇佐市、これは、記者会見の資料を公表しているという実態があります。大分市では、記者会見の動画配信も実施をしておるという中で、日田市も10月15日から公式フェイスブックによる情報発信を始めました。この点について、いかがでしょうか。

○議長(嶋﨑健二君) 市長。

◎市長(原田啓介君) なかなか私のほうから情報発信の機会に恵まれてないっていうか、実際やろうと思えばできるであろうとは思うんですけど、なかなかその時間とかいうのに追われてるということです。

 定例記者会見というのは、毎月開いておりますし、その都度、私が直接記者クラブさんに出向いて、提出したこちらからの情報、それプラスアルファのをやっていきたいというのはいろいろやっておりますので、そのような時間なりをつくって、そういったものも提示できればと考えております。

○議長(嶋﨑健二君) 7番 中野議員。

◆7番(中野哲朗君) 時間がないということでございますけども、できる限り時間をつくっていただいて、そういった情報発信、説明責任を果たしていただければと考えております。

 

【平成28年6月定例会一般質問】

◆7番(中野哲朗君) 力強い答弁をいただきました。ぜひとも市民の皆さんに関心を持っていただけるように取り組みをお願いしたいと思います。

 では、情報発信について、最後の質問をいたします。

 昨年12月の定例会で、私は情報発信や説明責任の観点から市長の定例記者会見をホームページで明らかにして、市民の考えを幅広く市民に発信する考えはないかとの質問を行いました。市長からは、やろうと思えばできるとは思うが時間に追われているなどの答弁がありました。

 せっかくのリニューアルでございますので、改めて伺います。やってみようというお考えはありませんか。

○議長(嶋﨑健二君) 市長。

◎市長(原田啓介君) 今度のリニューアルについてということの中で取り組みになりますとやはり文字とかいうことになろうかと思います。先ほど、ただあわせて今回庁舎内インフラを使っていろいろな情報発信をできるというような状況ができますので、そういったものと機能をあわせて考えてみたいというふうに思います。

○議長(嶋﨑健二君) 7番 中野議員。

◆7番(中野哲朗君) 昨年6月定例会で髙倉議員の質問に対して、市長は行政の原点は情報にあるというお言葉を残されました。情報の整理をしっかり進めてわかりやすい言葉でアピールしたいという考えを示されています。その方向性には、私も大いに賛成でございますので、力強い情報発信、情報提供を期待したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は、議案考案の日! | トップ | 日田市議会6月定例会 一般質... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL