中野智文

中野智文(VOYAGE GROUP)のコンピュータなどのメモ

G-SHOCKタフソーラーの電池交換(CTL1616からボタン電池へ)と経過報告

2011-12-28 14:27:47 | 百均

経緯

カシオのタフソーラー電波時計(G-SHOCK MTG-910DJ。電波時計&金属ベルト&文字が大きいのがこれのみ)の二次電池(充電式電池)が、充電されなくなったようでchargeのメッセージが出たままになった。電池交換が不要と思いこの時計を購入したのだが、二次電池は消耗品だったらしい。サービスセンターに持ち込めば約3,000円程で交換できるとのことだったが、検索すると同じサイズのリチウム電池CR1616が代替としていけるようなことが書かれている。CR1616は100円ショップで販売されている(amazonで価格を調べると、日立製が5個で380円とある。送料無料?)。秋葉原までの交通費や手間(二往復)、その間時計がないことによる不便を考えて、100円の電池を自分で交換することにした。

作業

裏蓋を開けるためには先にベルトを外す必要がある。そのベルトは一方を同じサイズの精密マイナスドライバーで固定する必要があり少し苦労したが、裏蓋を開けることができた(写真参照)。注意したいのは非常に小さなバネが2つあり、裏蓋が開いた状態では固定されておらず紛失しやすいことだ(写真の赤い丸の位置)。また電池は上部に止められている(写真の青い丸の位置)。細い針(千枚通しのような)のようなもので押さえながら横にずらすことで外すことができた。

自分と非常に似たような時計の動画もみつかった。(ただし英語)
交換後、液晶に時刻が表示されていたので今回はリセット操作は行わなかったが、本来は電池の蓋のシールに書かれているように、指定された方法でリセットしないといけないらしい。また交換直後はバッテリー状態はLを示していたが、現在はHを示している。

今回行った交換記録はウェブ上で見つかるものの、その後の状況はあまり詳しく書かれていない。よって今後このページに状況を報告しようと思う。(2011/12/22交換)

経過報告

2011/12/22: 三菱製のCR1616に交換。利用開始。
2012/02/09追記: バッテリー状態はH。5:02に毎日時刻を取得している。
2012/03/26追記: バッテリー状態はH。5:02に毎日時刻を取得している。
2012/05/17追記: 前日夜のバッテリー状態はM。朝窓際に置くことでバッテリー状態がHに回復。その後夕方にはバッテリー状態がMに。
2012/05/30追記: 本日ついに、バッテリー状態がLになり、CHARGEが点滅に。約6ヶ月の寿命である。充電したことが逆に問題になったのかもしれない。
2012/05/30追記: 100円ショップ(ダイソー)に寄り、電池を新しいものに交換。これまで使っていたものは三菱製で、今回からは日立製。100円ショップのバッテリーチェッカーでバッテリーの残量を確認すると完全に0だった。
2012/06/06追記: 古いバッテリーをテスターで調べると2.2Vあった。
2012/08/22追記: バッテリー状態はH。5:02に毎日時刻を取得している。
2012/09/04追記: バッテリー状態はM。5:02に時刻を取得している。(この日100円ショップ(100円ローソン)にて新しい三菱製電池を購入。
2012/09/07追記: バッテリー状態はL。CHARGEが点滅。約3ヶ月の寿命!
2012/09/07追記: 三菱製のバッテリーに交換。
2012/10/18追記: バッテリー状態はH。
2012/11/30追記: バッテリー状態はH。
2012/12/06追記: バッテリー状態はM(夕刻)。
2012/12/07追記: バッテリー状態はLとなり、三菱製でも3ヶ月。今度は日立製に交換。
2013/03/06追記: バッテリー状態は昼にMを確認。夕方Lとなり、日立製で3ヶ月。今度は三菱製に交換。
2013/05/20追記: Lになったので交換。約3ヶ月。今度も三菱製に(ロット番号20)。
2013/07/17追記: Lになったので交換。約2ヶ月。段々短くなってきた。今度も三菱製に(ロット番号33)。
2013/09/06追記: 朝Lになっていた。が、通勤中にMで復活。RECEIVEボタンで確認すると前日の2:02となっていた。
2013/09/07追記: 今回からCTL1616(充電電池)へ交換することとなった。理由はだんだんバッテリー交換サイクルが短くなってきて、もはや面倒以外の何者でもないし、交換の度に本体へ何らかのダメージがあるのかもしれない。CTL1616のバッテリー状態はH
2013/09/17追記: 交換した次の日からはバッテリー状態はMとなっている。

上記の日記の日付を元に百均の電池(CR1616)のみの寿命をグラフ化した。

徐々に短くなるのがよく分かる。この急激な変化は、数年使っていたソーラー電池の劣化というわけではなさそうだ。

結論

2~3ヶ月、もっても6ヶ月。交換の面倒を考えるとやはり二次電池CTL1616の方がよい場合は、 またはアマゾンでctl1616(価格1,782円) (アマゾンは在庫切れが多い。)

ちょっと気になる?Amazonで今人気のタフソーラー G-SHOCKを検索

Abstract

I report using CR1616 batteries instead of CTL1616. First new CR1616 battery life is about six month. However, next and third new CR1616 battery life are gradually shorter. At last, seventh new CR1616 battery life is less than two month. I used Mitsubishi and Maxell ones, both of battery life are similar tendency (gradually shorter). I recommend you to buy CTL1616 at first time or bring your G-Shock CASIO repair center if you want to use your G-SHOCK long period.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iMac Fan Controlでinternal ... | トップ | EMS(国際スピード郵便)最速... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL