オレンジさんの気持ち

そのまま、通り過ぎたくないなぁ…と思った時間(瞬間)の保管スペースです。
それと素材を大切にできたお料理をすこし…

母の日の親離れ子離れ…(ののかさんとたぬ吉さんの事)

2017-05-14 23:02:33 | たぬ吉さんとののかさんのこと

こんばんは  ののかです

ここ数年来の落ち込みぶりに昨夜遅く事態を心配したじい様とばあ様がののかさんのお家の鍵を壊して開けて入りそのまま実家に連れて来られる…という何ともご迷惑をおかけしてしまいました。

何も手につかず息をする事にさえ抵抗がある状態…

このまま 仕事も何もかも一度辞めてクリアにしてしばらく実家でいなさいと言う…そんなん責任があるのだからできるわけないやんって思うけど ばあ様いわく  今のあなたでは仕事をする方がご迷惑をかけるというのもやや頷ける

ことの始まりは たぬ吉さん…

深夜迄の夜遊びをその帰りみちを暗い夜道を女の子数名で歩いて帰ってる時に帰宅が遅いと心配したののかさんが電話をして発覚!  そら 親としては怒ります。回りの友達は たぬ吉のおかん こわいとなったらしい…

たぬ吉は ありがたいと思ってるとは言っていたけど…

母一人、子一人で 特にこの何年間いろいろあって、がんばって二人で寄り添って生きてきたから 進学は高校の先生が心配して通える範囲又は数時間で行ける所の大学を選んでくれたにも 地元で就職するには都会の大学でないと無理だと4年間なんとかがんばって大学に行かせるつもりでやっと2年目…

そのさっきの話の中で 意味なく一人暮らしをしている所に来られるのも迷惑と言われ、例え地元に戻っても一人暮らしをするから一緒に暮らす気はないと言われて…騙された感もあってか…

えっ?…ののかさん…何をやってるんだろうとこの先どうやって生きていけばよいのかわからなくなりました。

ばか親だった…

だってね…

大切に大切に育てて来たのに…

疎まれているなんて微塵にも思ってなくて…

一人暮らしのお年よりの方が搬送されてきて遠方の子供は来ない

来ても延命を望まなかったり倒れた事すら迷惑といった心配どころか

人生そのものを無機質に片付けようとしている光景に未来の自分を重ねてしまいそうでこわくなりました。

反対に遠方から慌てて駆けつけて これ以上一人では住まわせるにはいかないとご自分の家の近くに転医の手続きを相談する方…もいらしてきっと大切に育てられたのだな…ナーンテ 思ってました。

昨日車の中でじい様にぽっり…「ののか子育て間違ったのかぁなぁ…」

がんばってきたのにと…涙がこぼれます。

母の日なのにね…

まっ!そういうののかさんも母であるばあ様に心配をかけてしまいました。

しかし…

ばあ様は泣いてしょげているののかさんを見てなんか嬉しそうでもありまして、いつになくいそいそと世話をやいてくる…

ご飯食べる?さっぱりするから髪を切ってきなさい 。  これ面白いから見なさい…

「うるさいわ…」 これ…ののかさんの心の声…

こうやって活字にしたらよくわかります

答えはもうののかさんの中にあるのですが折り合いがついて

ない?たぶんね…たぬ吉さんはごく普通の成長過程で、子供の成長を自立を喜ばなくてはいけないんですよね…

ごく普通の夫婦(家庭)ならそこで旦那さんにぎゅう…ってしてもらうのかもしれないし淋しさを半分こするのかもしれない…

もう夜が明けそうな薄暗い車の中でじい様がののかさんにいった言葉は

「それが人生なんやろうな…」

深夜に車を飛ばして来てくれたことに感謝

娘に言われた言葉が今までの全てを否定されたように思えてしまってとっさにもう生きている意味がないと思ったのも事実です

口には出してないけれど今、咄嗟のバカな行動を案じて、ののかを一人でいさせてはいけないとたぶん何か感じるものがあったのでしょうね

すんません…幾つになっても親にとっては子供なんですよね

今は母であることより娘に戻ろうと思います

 ののか

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ののかさんちの緑さんたち…の... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。