ナカナカピエロ おきらくごくらく

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「フランケンシュタイン」解剖講義

2017-02-09 01:03:32 | 日記
「フランケンシュタイン」解剖講義

今日は朝起きれなかった。9時に起きて、10時過ぎにアジト着。こっくりこっくりしながら、「批評理論入門 「フランケンシュタイン」解剖講義」(廣野由美子著)を読了しました(祝)。「フランケンシュタイン」については、1月29日のブログに書かさせて頂きましたが、改めて現代における「フランケンシュタイン」についての考察は重要であると再認識しました。

以前のブログでは主にゲノム編集による人間のデザイン化を指摘させて頂きました。もうこれは科学が神の領域を侵す事態となっていることを現します。もう一面でAI技術による個人の脳の電子化を上げておきます。今や脳の構造が大分明らかになってきており、AIの技術により自分の脳の情報をコンピュータに移植して電子クローンが可能になる時代が来ると言われています。これはもう夢の出来事ではありません。科学により実現可能な領域に入っています。その電子クローンが悪意を持ち、電脳社会である我々の生活を脅かす事態になるやもしれません。

我々はもう科学の進歩を止められません。しかし行き過ぎた科学の進歩は、一歩間違えば人類の破滅に繋がります。我々は科学に対する倫理観を真面目に議論して法制化する段階に来ているのかもしれません。

いつか科学の進歩をコントロールできなくなり、現代版「フランケンシュタイン」を生み出すとは限らないのですから。B級ホラーでは済まされない時代に我々は来ているのです。

後記
「東京タラレバ娘」、今日も面白かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月7日(火)のつぶやき | トップ | 2月8日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事