失われたメディア-8cmCDシングルの世界-

50円とか100円で叩き売られている8cm CD singleを見るとついつい買ってあげたくなることはないか。私はある。

「大好きをあげたい」 川越美和 1992年

2017-06-14 | アイドル系
川越美和の10thシングル。

アダルト路線2作のあとのシングルはふたたびドラマ主題歌に戻る。

①大好きをあげたい TBS系TV愛の劇場「天までとどけ2」主題歌
作詞:松井五郎、作曲:山口美央子、編曲:西平彰
主題歌を担当したドラマの続編ができたからといって同じシンガーに依頼がくるとは限らない。第一シリーズの「涙くんさよなら」がよほど評判がよかったのだろう。勝手に「天までとどけ」に川越美和が出演しているものだと思っていたが、どうもそうじゃないみたい。純粋にシンガーとして起用されていたのか。第2シリーズはオリジナル曲で勝負。悪くはない。大家族ドラマのテーマ曲にふさわしい中庸さをもった作品。

②唇が終わってない
作詞:松井五郎、作曲:山口美央子、編曲:西平彰
カップリングにはアルバム『ジェーン・バーキンのように泣けばいい』(1992)のラストナンバーを収録。「どうぞこのまま」「さよならという殺意」の流れをくむ、アダルトムード濃厚な名曲。ストリングスを効かせたゴージャスなアレンジに、エコー深めで全編ため息のような歌声が負けていない。女優が歌うジャズスタンダードの風格。間奏のあと、音が薄くなったところで歌われる「わがまま娘 愛した罰よ 困ってください」の美しさ!このアルバムは手に入れなければ、と今思った。Amazon中古価格¥12800~か…誰か再発して!

③①のカラオケ

定価900円、中古で100円。
前作「さよならという殺意」から2か月の短いインターバルでリリースされたシングル。アダルト路線との違いを明確にするかのように、明るい色調で19歳らしい笑顔を見せる美和さん。

このあとも順調に音楽活動が続きそうな雰囲気なのに、これが実質的なラストシングルとなった。

3年後から3年続けて「涙くんさよなら」がリリースされたが、新録はなし。川越美和の音楽活動は1992年で終了した。


改めて川越美和のシングルを聴きなおしてみて、私の好みのシンガーだということがよくわかった。本人は歌手活動についてはどう思っていたのだろう。コンサートは行われたのだろうか?(やってなさそう)未発表音源はないのだろうか?(たぶんないよな)

美和さん、素敵な歌声をありがとう。合掌。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「どうぞこのまま」 川越美和... | トップ | 「涙くんさよなら」 和田弘と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL