中村叶の詩

中村叶の詩です。元気になれる。勇気がでる。心安らぐ。

命のリレー

2006-03-28 13:02:54 | おはな詩(命)

命のリレー                        中村 叶

あなたに父と母がいました
現在もいるかもしれませんし
死別したり 生別したりしたかもしれません
でも あなたの父と母が現在どうであれ
父と母がいたことに変わりはないのです
そして、父と母がいなかったら
あなたは産まれなかったのです

あなたが産まれました
その前提として父と母がいました
父と母にも父と母がいました
すべての人の前提にふたりの人がいました

父と母はあわせて2人
父と母の父と母はあわせて4人
その父と母はあわせて8人
あなたの三代前の先祖は8人
三代前までのあなたの先祖の合計は14人

このように計算していくとものすごいことがわかります
                     累計
 1代前     2人  
 2代前     4人          6人 
 3代前     8人          14人
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
 5代前     32人          62人
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 10代前   1024人         2046人
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 20代前  1048576人       2097150人

20代前のあなたの先祖の合計は
なんと 100万人を超えるのです
20代前に100万人超の人があなたにかかわっている!

20代前の50万人を超える「母」のひとりでも
19代前の先祖を産む前に死んでいたら
20代前の50万人を超える「父」のひといでも
19代前の先祖が受胎させる前に死んでいたら
あなたはいま存在しないのです

19代前の「父」が、「母」が・・・・
同じことがずっと続いて
もし・・・ならば・・・
あなたは今ここにいないのです

20代前? いつごろ?
一世代を30年とすれば600年前

1401 足利義満が明と貿易を始め、倭寇の取り締まりを約束
1404 勘合貿易が始まる。倭寇と区別するために、正式の貿易
     船に勘合と呼ばれる割り符を持たせた

こういう時代
金閣寺を築いた(1397)足利義満の時代に
あなたの先祖は百万人を超えていました
その後の「先祖」もあわせると
あなたからさかのぼって
この時代までの先祖の累計は二百万人を超えるのです
そのうちのただのひとりでも
あなたの先祖を受胎させる(男の場合)
産む(女の場合)
その前に死んでいたら
あなたはいまここに存在してはいないのです

600年ほど前まででも
「この人がいなかったら、今の自分の存在はなかった
 自分は生まれていなかった」
そういう人が二百万人以上

 もっともっとさかのぼっていけば
あなたの先祖は
それこそ無数といっていいほどになります

無数とも言えるほどのおびただしい数の人々が
あなたの命にむかって命をうけついできたのです

遠い、遠い昔からおびただしい数の人々が
命のバトンタッチをくりかえし
あなたの命は産まれてきたのです

あなたに向かって
命のバトンが
おびただしい数の人々によって
受け継がれてきたこと
奇跡のようなことでもあります

そんなにすごいことがおき
そんなにすごいあなたの命があります
自分に自信をもっていいんだよ
そんなにすごい命をもつ
あなたなのだから

産むだけで人は育つでしょうか
あなたの先祖は
おびただしい数のあなたの先祖は
自分の子どもを愛し慈(いつく)しんで育てた
だから
その子どもは長じて子をなすことができたのでしょう

遠い、遠い昔からおびただしい数の人々が
命のバトンタッチをくりかえし
自分の子どもを愛し慈しむリレーをくりかえし
そうして今のあなたがいるのです

親はきらいですか
父がきらいですか
母がきらいですか
そうであるならばそれはそれでいいでしょう
そうでなければ幸せなことです
すべての父が常にいい父であるわけではないでしょうし
すべての母が常にいい母であるわけでもありませんから

それでも父と母がいなければ
あなたがいまここにいないことにかわりはないのです
それでも父と母が赤ん坊のあなたを愛し慈しんでくれなかったら
あなたはいままで生きてはこられなかったのです

この事実に変わりはありません

同じ父母から産まれても
あなたがあなたになった確率は70兆分の1
あなたがいまのあなたであった確率は70兆分の1
これは科学的な事実

おおくの事実を重ね合わせると
あなたがあなたであること
あなたがいま存在しているということは
3億円の宝くじに連続で100回あたるよりも奇跡的なこと
これも科学的な事実

さぁ、奇跡的な命のあなたよ
奇跡的にもらったこの命を
すばらしいギフトとして輝かせていきますか
それとも 迷惑な贈り物として物置にしまってしまいますか
すべてはあなたのこころしだい

命のリレー
遠い、遠い昔からの
愛と慈しみのリレー
あなたもこのリレーに参加し
あなたの命を輝かせませんか


画像は、1998年6月、わずか11歳で卒然と逝った宮越由貴奈さんが、その年の2月に作った詩「命」の原文です。

中村叶の詩INDEX
 
中村叶のWEB PAGE

電池が切れるまで―子ども病院からのメッセージ

角川書店

このアイテムの詳細を見る
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天国と地獄~ほんのちょとし... | トップ | 短歌upはじめます »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございます (tomo)
2006-03-29 09:28:50
命のリレー、

すごいですね。。。

生きていること自体

奇跡なんですね



少し元気を頂きました。

ありがとうございます。
逆に (遊民)
2006-03-29 09:46:43
これから生まれてくる子孫を考えるとその数は無限?



って事はひとりを大切にする、ひとつの命をいとおしむって事はその後に続く沢山の命をいとおしむ事になるような・・・。



自分の命も相手の命もその人ひとりのものじゃないんですね?!
「逆に」 (中村叶)
2006-03-29 09:50:57
おっしゃるとおりだと思います。

自分の命を大切にすることは「その後に続く沢山の命をいとおしむ事になる」のでしょう。自分と同じく人の命も大切にすることで「その後に続く沢山の命をいとおしむ事になる」のだと思います。

「自分の命も相手の命もその人ひとりのものじゃないんですね?!」

そうだと思いますよ。

あなたひとりの命ではないのです!
命は奇跡 (松原まほ)
2010-12-05 15:46:57
私達の命は自分だけの命じゃなくて
これから生まれてくる命や生んでもらった親の命でもあるのだと思います
命はかけがえのない宝物ですよね
生きていることは奇跡
悲しくなったらこの詩をおもいだして頑張りたいと思います
元気をくれてありがとうございました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

おはな詩(命)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自分の先祖の数 (「自分」とは何か? )
<自分の先祖の数> この人たちがいなかったら・・・  <命のリレー> 「自分は誰の世話にもならないで生きている」と思いますか。(親がかりの身であれば)現在親の世話にはなって
安田弁護士を応援します (喜八ログ)
「弁護士の中の弁護士」ともいわれる安田好弘さんが、弁護人をつとめる裁判に欠席した件で、各方面から批判を受けているようです。 この件は宮崎学さんのブログ記事「弁護士安田好弘を擁護する」で知りました。 以下に宮崎さんの記事の一部を引用します。 光市事件 1999年山