中村叶の詩

中村叶の詩です。元気になれる。勇気がでる。心安らぐ。

天に唾(ツバ)する

2006-03-28 00:18:24 | おはな詩(生き方)
天に唾(ツバ)する

昔、昔のお話です
インドでのことです

ひとりの男がいました
男はある人が多くの人たちから尊敬されているのを見て
おもしろくありませんでした
その人に嫉妬していたのでしょうか
自分も尊敬されたくてうらやましかったのでしょうか

あるとき男はその人に道で出会いました
ここぞとばかりに男はその人をののしりました
公衆の面前でその人を口汚くののしる男
 
面と向かって悪口を言われても
どれほどあしざまにののしられても
その人は一言も言い返さず
黙って男のいうことを聞いていました

いくら悪口を言っても相手は何も言い返さない
男は張り合いを失い
最後にはしゃべり疲れて黙ってしまいました

するとその人は静かな口調で男にたずねました
もし人に贈物をしようとして相手がそれを受け取らなかったら
その贈物は一体誰のものだろうか

聞かれた男はつっぱねるように言いました
言うまでもないだろ~が
そんなこともわからねーのか
ばかじゃねーか
こんなばかなやつをみんなはよく尊敬なんかしてるってもんだぜ
いいか、耳をかっぽじってよく聞けよ
相手が受け取らなかったら
贈り物は贈ろうとした者のもんに決まってるだろ~が
わかりきったことを聞くんじゃね~よ
ば~か

とこたえてすぐに男ははっと気がつきました

男の答を受けてその人は静かに言いました
そうだよ 君の言うとおりだ
今、君は私をののしったけれども
はそのののしりを少しも受け取らなかった
だから君が言ったことは
君のののしりは 
すべて 君が受け取ることになるんだよ

男はもはや言い返す術もなく
群衆にまぎれてすごすごと消え去りました

天にツバするという言葉があります
吐いたツバは自分に戻ってきます

同じように言葉も行いもいずれは自分に戻ってくるのです
心に悪いことを思ってもいずれ自分に返ってきます

だから・・・賢明なあなたにはこれ以上の説明はいらないでしょう

ところで ののしられていたその人の名を知っていますか
お釈迦さまと呼ばれていたようですよ

中村叶の詩
INDEX

中村叶のWEB PAGE

ブッダのことば―スッタニパータ

岩波書店

このアイテムの詳細を見る
ブッダの真理のことば・感興のことば

岩波書店

このアイテムの詳細を見る
ブッダの人と思想

日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『燕の駅』あらす詩 | トップ | 中村叶のおすすめ(3)中村... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL