噴水子

年寄りの元気の源ともいうべき、思いの吐きどころ

問題のすり替え

2016-09-19 16:00:32 | 日記
東京都の新豊洲市場問題が最近の大きな話題である。真実が見えず,日々情報が変化すところにも大きな問題がある。
本来,公共団体の事業については,嘘でもなんでもそれなりの理屈をつけて進めていることが多いとみていた。見方の違い,価値観の違いは人間社会には必ずある。それを利用した判断である。一概に悪いとは思っていない。
今回の問題は,それが,筋の通った話が出てこないのである。前知事,前々知事,前々前知事,それぞれのスタイルでまるで他人事に近い発言をしている。
マスコミもまた,日替わりで話題を追っているようで,体系的に追っかけようとはしていない。視聴率稼ぎだけのように見える。まじめに追及している姿勢は見せてはいるが・・・。
昨日あたりから,水質検査の結果に関して,大阪の元の知事さんまで参戦してきている。

「橋下徹 2016年09月16 日 00:06

客観的なデータで異常があれば小池さんは歴史に残る名知事に- 9月16日のツイート

客観的なデータに異常がなければ豊洲問題は壮大な空騒ぎになる可能性がある。専門家会議の提言書をよく読むと建物下の盛土は選択肢の一つで、空洞も対策の一つとしてあり得るようだ。


しかし客観的なデーターに異常がなく、これから都職員がきちんと説明し始めると小池知事は大ピンチに。ただし都職員が正確に語るか。専門家会議なるものは都庁職員がまとめた提言書のロジックについて理解不足の可能性大。」

もうこれは,すり替えとしかいえない。タイトルは「名知事」としながら実は「戦犯は新知事」と言っている。

私は,説明責任を放棄したホームページ問題が基本で,内容・事実経過は不明なだけであり,判断評価できる状況ではないと考えている。

報道では,統一した経過を纏めるにまとめられない状況であるというようなものも聞こえてくる。

将来を見据えての市場の移転は必要であり,適切に整理し,進めてもらいたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無駄使い | トップ | ことの本質 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事