札幌市(有)中村薬局 ~地域医療・OTC・漢方薬・サプリ・調剤~

札幌市白石区南郷通7丁目北5-1 ℡011-861-2808
    地下鉄(東西線) 南郷7丁目駅3番出口すぐ横

歴史に学ぶ教訓 鳥取城(吉川経家)

2017年08月09日 | 日記
センゴク天正記(14) (ヤングマガジンコミックス)
クリエーター情報なし
講談社

歴史に学ぶ教訓

羽柴秀吉が中国地方の毛利家との戦いで吉川式部少輔経家(きっかわしきぶしょうゆうつねいえ)が守る鳥取城を陥落させた場面です。

・・・・暫し  ・・・・今暫し

我々は絶望を見ねばなりませぬ・・・・

・・・・愚かにも人なるものは、ここまでせねばわからぬものです。 ・・・・城主殿が鳥取城に入られる前、我らが合議により前当主を追放してまで織田に抗い申した。その事由は毛利家への忠誠ではなく、ましてや、大いなる野望、深遠な陰謀、何れでもなく、織田からの降伏条件により・・・・所領を八郡から二郡に減じられること。さらに近年の検地による所領没収の風評に怯えた故・・・・・それのみです。

民から将兵一同・・・・。目の前の土地が減じることを厭うた挙句、かような惨状を招いたのです。たとえ所領が四半となろうとも・・・・合議で分かち合う事もできたのです・・・・。武功で失地回復もあり得たのです。し・・・しかし、我らは新しき道に行く不安故に、いわば億劫になってしもうたのです。織田に抗い玉砕したほうが却って安楽と・・・・

 

吉川経家

愚かなるは我も同じ。己の強さに驕り、弱き者の心がわからなかった。この地獄を経てようやっと“信”なるものがわかった。

 

天正九年十月下旬。鳥取城降伏開城す

今、医療費や介護保険料などの社会保障費が高齢化に伴い、削減が急務の課題になっています。

診療報酬で仕事をしている薬剤師もその影響を受けています。この鳥取城の籠城の場面は、今の薬剤師の姿に重なってきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しいものは身体に悪く、... | トップ | 医療のシンギュラリティ Sin... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。