nakamoo diary

   - 週一花 -
   

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

figueras(フィゲラス)烏丸店へ★★★☆☆

2014-01-19 00:10:32 | グルメ
2014年1月18日(土)曇り空時折時雨れ

今晩は。
本日、夕方から映画ゼロ・グラビティ(サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー)を観て、figueras烏丸店(スペイン料理)へ行きました。

お店の場所は、烏丸通蛸薬師東入ル北側、ビルの地階。
学生の頃から一度訪れたかったお店です。
19時頃にお店に到着、空席もいくつかあり、予約なしでもすぐに案内していただきました。
ゆったりとした店内、落ち着きます。お客さんは近所の方であろう親子連れやカップル、女性グループ、男性グループなど様々でした。
頼んだメニューは、サングリア、タパス盛り合わせ、ニンジンマリネのサラダ、蛸のアヒージョ、パエリアです。
パエリアはいままで食べた中で、一番海鮮のだしがよく出ていておいしかったです。
お店を出るころには、満席でした。また、パエリアや他のものも食べに行きたいと思います。

タパス盛り合わせ


映画ゼロ・グラビティは、ハラハラし過ぎて、観終わった後は肩が凝りました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「永遠の0」を観て、うめきたグランフロントへ

2014-01-13 02:03:56 | 日記
1月12日(日)、昨日は映画「永遠の0」を観に、大阪キタへ行きました。

永遠の0は、観ながら何度も涙が出ました。戦争は二度としたくないし、してはいけない。
きっと映画のような過去が現実にあったからこそ、現在私たちが存在しているのであろう。
私は熱心な仏教徒ではありませんが、「因縁」を感じました。

さて、三連休の中日、梅田はたくさんの人出でした。

映画の後、大阪駅三越伊勢丹のRE-CAFEにて、夕食にガレット初体験。
食後、大阪駅「時空の広場」のイルミネーションを見て、


グランフロントへ。
こちらもイルミネーションが綺麗です。



グランフロント南館の道路に面したお洒落なCafe&Barでカプチーノをいただきました。


夜のグランフロントは空いていました。穴場
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RE-CAFE(大阪駅伊勢丹3階)でガレットを食べました

2014-01-13 01:45:46 | グルメ
今晩は。三連休の中日、1月12日(日)も寒かったですね。

ガレットを食べてきました。数年前から流行っていますが、
nakaは食べたことがありませんでした。初ガレットです。

ガレットとは、フランス・ブルターニュ地方の郷土料理。そば粉・水・塩などを混ぜて寝かせた生地を熱した鉄板で、薄い円形に伸ばし、片面だけを焼く。

JR大阪駅三越伊勢丹3階RE-CAFEにて。女性客が90%、後はカップルばかりのお洒落なカフェでした。
スープと豆サラダ


鶏肉とマッシュポテトのガレット


鶏肉はてりやき味で甘辛、三つ葉の味がアクセントでおいしかったです。また、見た目の割に、お腹がふくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年元旦の初飲み

2014-01-05 15:04:22 | グルメ
1月5日(日)お正月休み、最終日、今日も冷えますね。

2014年元旦
親族そろってのおせちパーティでの初飲みを記しておきます。
nakaはワインが結構好きです。毎年、おせちに合うもので、ソムリエさんのお薦めから選んでいます。好きな割には知識はまったくなく、飲み専門なので、いつもイチオシのものに決めるのですが

白ワインはムルソー2009年コシュ・デュリ


赤ワインは・・・何だったかな?後で写真を撮って掲載します。
エシェゾ・グランクリュ2007年J・カシュ


日本酒は不老泉


suntryのんある気分、ノンアルコール。これはおいしいです。おすすめです。1度お試しください

お茶は京都人らしく(?)一保堂です。一保堂のお茶は上品なお味なので避けていたのですが、ひさびさいれてみると甘みがあっておいしかったです。熱湯玉露。名前は滴・・・ナントカ。これも後ほどに
熱湯で入れられる玉露・滴露(てきろ)です。

私は苔の生えた池の水のような濃い~・渋い緑茶が好みなので、一保堂さんはお上品過ぎるのです。

今年もよく食べ、よく飲みました
さて、明日からもがんばりましょ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皇室の名品展(国立京都近代美術館)へ行きました

2014-01-04 19:11:16 | 日記
2014年1月4日(土)今日は寒いですね。
今日はお昼前に家を出て、京都市左京区岡崎の国立近代美術館の皇室の名品展へ向かいました。昨年11/9~1/13までの会期となっています。現代版正倉院展ですね行きたいと思っていました。

国立近代美術館


岡崎も平安神宮や美術館があるので、人が多かったです。美術館に着く直前には、時雨れてきました
チケット売り場には10数名ほどの列。

中に入ると、結構な人数です。お正月、やはり人出が多いです。
作品を見ても素晴らしいし、作家も著名な方ばかりでした。見た時に鳥肌が立ったのが、1つ。八代西村彦兵衛(象彦)さんの舞楽蒔絵棚でした。私は漆塗りに目がないので、そのせいかもしれません。

名品展を見終えて、美術館ロビーから平安神宮の大鳥居を眺めました


建替え予定の京都会館の様子も見てみたくて、近代美術館から四条河原町まで歩いて戻ることにしました。図書館があれば写真におさめずにはいられないのですが、近代美術館横の府立図書館には入ったことがありません。

美術館の隣にある京都府立図書館


解体準備中の京都会館


東山三条で寄り道。

河原町三条で四つ葉のタクシーを見つけました。このblogを見てくれたあなたもいいことありますやった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月初旬に京都迎賓館へ行きました

2014-01-04 18:39:57 | 日記
昨年9月5日(木)に京都迎賓館の参観へ行きました。
2回目の応募で当選しました。この日はラッキーなことに参観者が少なめで、係の方から説明を受けながら、ゆっくりと見ることができました。

参観者入口


京都迎賓館の正面玄関


入口正面には銀屏風と大きないけばなが出迎えてくれました


いけばなを右手に曲がり、聚楽の間(待合)






夕映の間(歓迎セレモニー会場)









警備上の都合により、夕映の間の向こう側の障子は開けられないとのことでした






藤の間(晩さん会・昼食会場)それにしても、すごく細かいです



モダンな屏風です




天井の照明は可動式です



青く光る螺鈿が美しいです





截金(きりかね)が施してあります


藤の間から屋外へ出て池を渡る屋根つきの橋を渡りますが、この部分は撮影が禁止されています。

桐の間(和の晩餐室)






截金(きりかね)も美しいです


畳の廊下



もも色の有職織(ゆうそくおり)やさしい色です


かのブータンの国王夫妻もこの船に乗られたそうです


ちょこちょこと撮影禁止の場所がありましたが、以上で終了となります。ゆっくりじっくりと見て約1時間足らずです。いやはや素晴らしかったです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行09(宿泊したHOTEL THE NAM HAI 5)

2014-01-04 17:21:54 | 旅行
最後の晩餐です

最後の夕食はカジュアルでないほうのレストラン、確か「コンチネンタルレストラン」という名称だったと思います。に行き、ベトナム最終のDinnerを楽しんできました。

朝食時とは違って、お洒落な雰囲気です



飲み物はロゼワイン
生春巻き


・・・スープ




見た目はお上品ですが、こってりしっかりして、かなりお腹がいっぱいになりました。以上で約2万円だったように記憶しています。

長々と続いて来ましたベトナム旅行もこれで最終となりました。間の休みが長かっただけという気もしますが、終わりを迎えられてよかったです。そして、最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。
この終わりを迎えて思ったことは、また行きたい
機会を作って、ぜひ行ってください。nakaも必ず再訪します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行08(宿泊したHOTEL THE NAM HAI 4)

2014-01-04 17:07:30 | 旅行
最後にレストランです。

レストランは高級ホテルだけあって、高いです。ベトナム価格では決してなく、日本の価格と同じです。
カジュアルなレストランはお値段もカジュアルです!?

プールサイドのカジュアルな方のレストラン。




オープンエアーで、味も雰囲気もよかったです





朝食
カジュアルでないほうのレストランです



朝食がおいしいと、とてもリッチな気分になりますね。




カジュアルレストランで軽食・・・侮ってはいけません、軽食とはいえ、お腹いっぱいになります!








雨のカジュアルレストランでベトナムコーヒー

最高においしいベトナム珈琲でした


次へ続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行07(宿泊したHOTEL THE NAM HAI 3)

2014-01-04 16:48:45 | 旅行
さて、今回はホテル内をブラブラ散策してみました。

ヴィラの門の前の眺め




メインプールが2段になっていて、その向こうはビーチ





ビーチ




プールサイドの左右にはレストランがあります


綺麗に整備された敷地内にはお花が咲き乱れています










次へ続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行06(宿泊したHOTEL THE NAM HAI 2)

2014-01-04 16:37:25 | 旅行
ベトナム旅行05の続きです。
リビング棟の内部しか案内できていませんでしたので、ベッドルームをご案内します。

ベッドルーム(ヴィラ)、リビング棟を挟んで左右にベッドルーム(2ベッドルーム)がありましたが、1ベッドルームしか使用していません。
ベッドルームの入り口


天井です。


部屋の隅にはローソクが置かれています。


果物・コーヒーやおつまみなどすべてフリーです。赤いふさふさがルームキー。




この扉の向こうがクローゼット・洗面・シャワールーム・お手洗い、屋外シャワーなどがあります。


屋外シャワー(使用していません)


洗面台は左右に2つあり、便利です。



朝、ブラインドを開けると・・・



部屋には2段か3段ほど段差があるので、足元用の薄暗いランプが点灯していますが、気をつけなければいけません。


ちなみにお風呂は部屋の中にあります。


広いのですが、適度に机などが配置され、広過ぎ感はありません。とても居心地のいいお部屋です。家を新築する場合はこの様式を真似したいと思っています。シャワーの水圧もよかったですし、ボディソープやボディローションもよい香りでお肌がすべすべ(さすが!)。不満はまったくありません。
専用のバトラーさんがついてくれているのですが、私たちが慣れないせいで、ほとんどお願いをすることなく過ごしていたところ・・・、日本人スタッフkazumiさんを呼んでくれて、何か希望があったら何でも言ってくださいとバトラーが言っていますが、何かご希望などはございませんかと、通訳をしてくれました。いつもニコニコと用事を聞いてくれるバトラーさんなので、こちらも不満はまったくありませんし、満足していますと伝えました。ありがとう。

プールで遊んでいたら、バトラーさんが出してくれたアフターヌーンティ


入り口とは反対側プール側からのベッドルーム


プールで泳いでいたら、上空を飛行機が飛んでいました。


プールサイド


記憶が蘇って来ました・・・また、行きたい!NAM HAIに泊まりたい!!

次へ続きます。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加