中丸美繪ブログ

モーストリー・クラシック誌上で井口基成伝連載中。小澤征爾伝も引き続き執筆中。
その取材と裏話


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小澤征爾伝の取材 ホルンの大野総一郎さん

2017-01-23 21:52:45 | 日記

「モーストリー・クラシック」で連載した「小澤征爾異聞」を大幅加筆して、現在評伝を執筆中。
 先日は、ホルンの大野総一郎さんを取材してきました。

大野さんは、小澤さんが、サイトウ・キネン・オーケストラの初期のメンバー。
まだSKOが、日本でフェスティバルを創設するまえ、海外でまず演奏会をしていましたが、そのころからのメンバーです。
松本でおこなわれるようになったサイトウ・キネン・フェスティバルにも、第一回から参加していて、宴会の幹事!でもあったそう。

当時から、つい最近まで、フランクフルト放送管弦楽団の団員でした。ドイツ在住30年あまり。

そんな大野さん。
ドイツ音楽については知り尽くしています。
小澤さんのブラームスは、「面白いんだよね」
といいます。
またワーグナーについては、「小澤さんのアプローチは甘い」ともいいます。
「ぼくらがウイーンにいったとき、楽章の合間に席を立った観客がいた。ウィーンでは、ベートーヴェンとモーツァルトが振れないと、指揮者として認められない」
そんなことなど、まったく音楽家として率直に語ってくれたのです。

そんなこと、これまで聞いたことも、マスコミに報道されてもいません。
大野さんの取材で、これまでに見えてこなかったヨーロッパにおける小澤さんの音楽に対する評価も知ることができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小澤征爾さんー関係者取材 | トップ | 井口基成伝は、今回は愛子先... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。