中丸美繪ブログ

モーストリー・クラシック誌上で井口基成伝連載中。小澤征爾伝も引き続き執筆中。
その取材と裏話


小澤征爾さん関係・・和波さん岩崎洸さんと、「女王井口秋子」

2016-10-19 16:42:06 | 日記
和波さんからご招待いただいて、昨日は、東京文化会館へ。
ヴァイオリンの和波さんと、岩崎洸さん、ピアノの土屋さんのピアノ・トリオの演奏会でした。

和波さんはもともと能弁で、岩崎さんもそうなのですけれど、和波さんが主宰ということでか、岩崎さんは控えめにしてらしたですね。
岩崎さんは、斎藤秀雄門下のチェロの俊秀で、子供のときから斎藤秀雄と議論をするようなタイプで、先生からも一目おかれた生徒だったようです。
そのお姉さんというのが、岩崎淑さんで、おうちも家族全員が音楽家だったらしく、・・
わたしは10年ぶりくらいで、客席に岩崎淑さんを見つけました。

松本の小澤フェスの総括している元エプソンの武井さんと並んでらしたですね。
武井さんは、武井さんで、こんど11月に食事をすることになっています。というのも、小澤征爾伝のために取材をし、また武井さんとは、このフェスがはじまったときからもう20年も知り合いなのです。わざわざ諏訪から出てきて演奏会に・・・「和波さんは、おれの誕生日のときに諏訪にきて演奏してくれたのよ」といってました。和波さんはいきとどいたかた。

いまや、小澤フェスに最初からいるのは、岩崎さんが抜けてしまったので、和波さんと、あとお二人くらいでしょうか。

昨日、演奏会では珍しくトークがはいったのですが、和波さん曰く。
「コンサートで演奏家がおしゃべりするのが世界的傾向になってしまったらしく、今回もトークがあるのか、という問い合わせがあり、しゃべらないでさっさと演奏してくれというかたもいるとおもいますが、ちょっとだけ・・・・と」話しはじめました。
「まだ結婚している」と紹介されたピアノの土屋さんも、よく話されるかただというのがわかりました!
わたしは、おふたりに取材をもうしこみました。

また岩崎淑さんに、「モーストリー・クラシック」で井口基成伝を連載しているとお伝えすると、11月に、井口秋子先生門下の「秋玲会」があるとのこと!!!
すごいです!
さすが「女王井口秋子」です。
「モーストリー・クラシック」前号、前々号は、秋子先生の誕生からドイツ留学までのところを書きました。
お弟子さんがまだいらして、なんと毎年か一年おきだかに集まり、芸大のお弟子さんと桐朋のお弟子が交互に幹事をつとめているそうです。

開催場所はゆかり成城学園前。
あそこに、井口家はあったのですよね。

さすが女王だ!!!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小澤征爾さんと、日本フィル... | トップ | 小澤俊夫さんの講演会 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。