中丸美繪ブログ

モーストリー・クラシック誌上で井口基成伝連載中。小澤征爾伝も引き続き執筆中。
その取材と裏話


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中丸三千繪コンサートに井上道義さん

2017-06-22 10:12:10 | 日記
紀尾井ホールで、三千繪のリサイタルがあった。ふた見ると、井上道義さんがきている。
妹のリサイタルにいらっしゃるのは、久しぶりではないか!
「道義さん、どうして? みちえから連絡がいったんですか?」
「いや、こっちから連絡したの。どうしてるかな、と思って」
 
わたしは、小沢征爾さんの伝記を執筆中で、道義さんにも取材をして自宅を訪ねている。マンションの一階の部屋は、そのマンションの一階すべてを占領しているような広い部屋で、庭にでるとプールがあり、そこにアヒルがいた。なんでも、まひるという名前だそうだ。

小澤伝は脱稿寸前になってきて、道義さんにはいちど原稿の確認をとりたいと思っていたところだ。
「京都で講演会をするから、来ない?」
 芸術についてだそうで、これまでだれもいわなかったことをいう・・・という。行きたい!!!

 道義さんは、アバドに才能を見出された人物だ。
 アバドがなくなったとき、小澤さんは朝日のインタビューで、「自己管理がうまいクラウディオなので」治るとおもっていた、とかなんとかいうコメントをよせていたが、産経新聞に載った井上道義の追悼文は、もうすこしアバドがどんな人か、道義さん自身のことをも交えて書かれた心に響くものだった。
 小澤さんはカラヤンやバーンスタインに可愛がられ、ひきあげてもらったが、それと同じことが道義さんにも起こったはずなのだ。

ところが、彼は自分からアバドを離れてしまった。

それは自分は斎藤秀雄とチェリビダッケの弟子と自認していて、アバド・・・に、とは思わなかったこと。
アバドの音楽も好きじゃなかった、ことなど。

小澤さんはカラヤンを最後までしっかりと師として仰いでいた。
 
率直な道義さん。
大阪フィルを辞めた理由もたずねてみた。
それはどうやら、自分が思ったことをできない状況にあるから、ということらしい。
大阪フィルは、大阪の補助を京都ほど受けられない。
組合が強く・・・・など。
音楽はお金がかかるものである。
そういうことらしい。

小澤さんですら、原発には大反対らしいのだが、自分で声をあげることはない。
それは企業にスポンサーになってもらわなくてはならない、ということがあるから、とお兄さんの俊夫さんはいっていた。

音楽とお金・・・・。

これはそもそも音楽が王侯貴族のものだった時代から、ワーグナーの時代をへて、かわらないですなあ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小澤征爾伝ー日本航空元機長の白崎さんを取材する

2017-04-25 13:20:31 | 日記
日本航空時代の同期が、小澤さんの大ファンだったというのは、驚きだった!

たまたま「日本航空一期生」の話から、いまわたしが何を書いているのか、という話になり・・・・

小澤征爾さんの評伝・・・というと、「うちの主人が小澤さんのファンで、よく知っている」というではありませんか!

小澤さんは、航空会社の人は、わりあい心を許しているようで、全日空の熟女のキャビンアテンダントの方からは、小澤さんとニューヨーク便で一緒になることが多く、そういうときは、みなでニューヨークついたらご飯食べようよ、というので、何回もごいっしょしたました。。。というのである。

さて、白崎さんとわたしの同期の妻と、三人で恵比寿の蕎麦会席の店で会う。
半個室である。
「一度、会ってみたかった」といわれました。というのは、彼は「嬉遊曲鳴りやまずー斎藤秀雄の生涯」も、「オーケストラ、それは我なりー朝比奈隆 四つの試練」も読んでくださっていて、妻の同期でこんな本かいているのは、どんなやつだろう、と思っていたようなのである。

さて、蕎麦をすすりながら、本題にはいる。こうなると、ランチどころではない。
だから取材のときは、なるべくお茶にしているのだ。
箸をつかうより、ペンを走らせ、メモをとるほうが忙しいのである。
それなのに、それにも慣れているわたしは、箸とペンを両方、使い、食もすすんでします。

さて、本題にもどる。
白崎さんの場合は、JALだったから、というメリットはだいぶあとに訪れる。
彼は札幌生まれで、小学校から管楽器を・・・・札幌放送管弦楽団ジュニアにも所属していたそうだ。
小澤さんを最初に聞いたのは、まだ日本フィルが分裂するまえの札幌公演だそう・・・。

そのあと、JALに訓練生としてサンフランシスコでの訓練中・・小澤さんがサンフランシスコ交響楽団の音楽監督をしていた時代も、聞いたそうである。

そして、彼は機長になり、世界の音楽会に行くようになった・・・・。

そして、ある日、ニューヨーク便の操縦桿をにぎっているとき、スチュワーデスから「機長、きょうは小澤征爾さんが搭乗なさっています」との報告をうけるのだった。

じゃあ、会おう、ということになり、小澤さんを操縦室に見学に誘い、ーそのころはテロという危険もない時代ー公演くるなら、いってよ、といわれ、カーネギーホールのボストン交響楽団を指揮する小澤さんを聞きに行くことになっていたとのことで、それからの長い付き合いがはじまったというわけだそうである。

パリでは小澤さんとご飯をたべ、ボストンでは小澤さんにシンフォニーホールを案内してもらった。
ロンドンのウィーンフィルのときはチケットが入手できず、楽屋まえで小澤さんを待ち伏せ・・・チケットを用意してくれた。
ウィーンのニューイヤーのときは、チケットつきのツアーで、ウィーンにのりこみ、リハーサルからきかせてもらう・・・・。

と。。。徹底してます。

なんと一時から6時まで、三人も話はつづいたのであった。「日本航空一期生」の話も混じり、それだけの時間があっても、それでも話足りない・・・盛り上がりでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水戸で林真理子さん、岩井志麻子さん、文春の浅利茉莉子さんと

2017-02-21 18:15:50 | 日記
わたしは茨城県下館市出身。
このたび、妹の中丸三千繪が大会委員長となる「エンジン01文化戦略会議」が、水戸で開催されることになり、招かれました。
林真理子さんが、この会議の幹事長!

200人くらいの、ーいわゆる文化人というのでしょうか、ーが、この会に所属していて、年に一度、全国の地方自治体の力をかりて、座談やシンポジウムをおこなうというものです。

先週金曜日から、初日は、県民文化センターでシンポジウム、コンサートなどが開かれました。
水戸藩の成り立ち・・・・では、井沢元彦さん、現・徳川15代当主、池辺晋一郎さんらのシンポジウム。コンサートでは、三千繪や仲道郁代さん、熊本マリさんらがつぎつぎと登場しました。
もりあがりましたね!

また、その後のオープニングパーティーでいただいた、常陸牛のお寿司の美味しかったこと!
一皿に2巻ずつのっていましたが、ついついおかわりしてしまいました。

あとできくところによると、ロースのさらに真ん中の部分で、一巻2000円もするのだとか。
通常はどこで、食べられるのでしょうかあああああ!

翌日は、茨城大学に場所をうつして、10いくつの教室で、同時に講座が開かれるというもの。一時限から四時限まで。

わたしは、林さん、岩井さん、浅利さんと。浅利さんは、芥川賞作家を育てた新進の編集者。出版界人々の組み合わせで、当日30分前にあつまって打ち合わせをするとのことでした。
「文学のあることないこと」という、なんとも、ぼんやりしたテーマ!

前日のパーティーで林さんにあったとき、なにを話せばいいのでしょうか・・・・?とお聞きすると、「そうなの、いったいだれが決めたの?!」と焦っているご様子。
「中丸さん、司会してください!」といいわたされ、幹事長の仰せに、うなづくわたし。

宿泊先のホテルでは、みなの共通点がなにかをさぐるネット三昧でした。

しかし、翌日になると、幹事長さまは、「わたしが司会やります」とのこと。当然、そうですよねえ。

でも、林さん、それだけで打ち合わせがないんですよおおお。

まあ、みな心臓に毛がはえているからか、わりにスムーズにもりあがりました。
岩井さんは、ソープとか、暴力とか、最近興味をもってらっしゃる。また林さんは、純文学の作品がよくわからない。。。というような話で、なぜか、わたしが、それらを弁護するような形になっているな、と思いながら、マイクをにぎってしまって。。。。
わたしって、窮極のバランス人間。和をもって尊しとする、という人間なんだな、とおもいつつ、「本がなぜうれないのか」とか、いう林幹事長の最近の課題をさまよいながら・・・・。

人物伝で面白いのは、男女関係・・と林さん。
ノンフィクションだと、クレームがくるというような話が、わたしに振られたとき、

わたしが書いた杉村春子伝について・・・
そのことで、話したことは人工流産の話になりました。

それは、女優という世間的な地位がそういう時代であったこと。それによって、杉村さんが女優として立つ決意ができたことなどは、うううう、結局、触れることができなかったのが、残念でしたあああ。

また、斎藤秀雄についても、お弟子さんが、先生に子供がいなかったから、僕たちを可愛がってくれた。。。という話がぬけてしまいました。
斎藤秀雄には、らい病との噂があり、やはり奥さんが人工流産をしてしまっていたのでした。

成功のうらには、かならず悲しい歴史があるものです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

井口基成伝は、今回は愛子先生の若かりしころの活躍、江戸京子さん、大江博さんのお話も掲載

2017-02-06 12:16:31 | 日記
先週から風邪ひきです。そのため薬を飲んでいて、頭は朦朧・・・・。
それでも締め切りはやってくる!
「モーストリー・クラシック」
井口基成、愛子、秋子伝。

今回は基成先生がフランスより帰国。愛子先生の活躍ぶりです。

それに、ああ・・・基成の師であるイーブ・ナット!
基成がフランスを去ったあと、腸の手術が繰り返される!

グルメでグルマン。美食は病のもとなのですね。基成も、後年、まったく同じようなことに!!!

今回は基成帰国のころに愛子先生の活躍が始まったところ。たまたま「新・風訊会」(加藤国立公文書館館長の主催する会にはいっています)で、外交官の大江博さんがTPPについて語ってくれ、な、なんと、雑談のなかで、愛子先生孫弟子とわかりました。高校時代、会ったときのことを話してくれ、さっそく「モーストリー」の第15回に書きました。すごい、強烈な言葉を、吐く愛子先生!

江戸京子さん・・・小澤さんと結婚していましたね・・からはナットの話と、基成先生の話を聞きました。

江戸京子さんには、小澤さんとのことも訊いています。

これは小澤伝を楽しみに!

率直な感じのいいかたでしsた。
小澤さんは、記者会見などでも、「別れた女房の京子ちゃん」といったり、「別れた女房の京子ちゃんの親父さんの出身の茨城」などと、いろいろ修辞をつかいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小澤征爾伝の取材 ホルンの大野総一郎さん

2017-01-23 21:52:45 | 日記

「モーストリー・クラシック」で連載した「小澤征爾異聞」を大幅加筆して、現在評伝を執筆中。
 先日は、ホルンの大野総一郎さんを取材してきました。

大野さんは、小澤さんが、サイトウ・キネン・オーケストラの初期のメンバー。
まだSKOが、日本でフェスティバルを創設するまえ、海外でまず演奏会をしていましたが、そのころからのメンバーです。
松本でおこなわれるようになったサイトウ・キネン・フェスティバルにも、第一回から参加していて、宴会の幹事!でもあったそう。

当時から、つい最近まで、フランクフルト放送管弦楽団の団員でした。ドイツ在住30年あまり。

そんな大野さん。
ドイツ音楽については知り尽くしています。
小澤さんのブラームスは、「面白いんだよね」
といいます。
またワーグナーについては、「小澤さんのアプローチは甘い」ともいいます。
「ぼくらがウイーンにいったとき、楽章の合間に席を立った観客がいた。ウィーンでは、ベートーヴェンとモーツァルトが振れないと、指揮者として認められない」
そんなことなど、まったく音楽家として率直に語ってくれたのです。

そんなこと、これまで聞いたことも、マスコミに報道されてもいません。
大野さんの取材で、これまでに見えてこなかったヨーロッパにおける小澤さんの音楽に対する評価も知ることができました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加