道志村通い生活「なかま道志」

縁があって道志村に家を持つことにしました。美味しい空気と水、そして緑更に道志の良い所や人々をご紹介しようと思っています。

道志の二日目の朝から

2017年04月06日 | なかま道志

道志の二日目の朝です。

熟睡したせいか、清々しい目覚めでした。

コーヒーを淹れ、朝6時から作業開始です。

 

 

小さな耕運機(プチな)で耕し、マルチをかけた場所に残りのじゃがいもの種付けをしました。

朝ですので、音の出ないこの作業から始めました。

でも小一時間くらいは植え付けをしていましたね。

腰が痛い・・・。

ブルーベリー畑の見回りと片付けや支柱の補修とか、いろいろとるものです。

そして、いらないプラ製品を集めました。(自宅へ持って帰るためです)

食べかすはコンポストにするのですが、肉類があるとハクビシンやたぬきなど小動物やそれを追って大きな動物も来るとのことです。

やはり道志村なんですね。

 

 

低空で自衛隊?のヘリが何機も飛んできます。

この辺は飛行ルートになっているんですかね。

どこから飛び立ってどこへいくのでしょうか?

いつも、地主のヒロさんから製材してあるいろいろな板などをいただきます。

この日も杭にするための角材をいただきました。

早速、防腐剤を塗って次回来た時の下準備をしました。

午後には製材をお願いしていた板(厚さ4cm)が15枚くらい入るそうです。

楽しみです。

 

 

キャンプ場近くのヒロさんの畑です。

大型の耕運機を使っていますので、それこそあっと言う間に耕しています。

この日は何列もじゃがもの種付をしていました。

全てを計算しての畝幅にしています。

さすがプロですね!

作業が早い。

 

 

1時頃になって帰宅の準備です。

帰りは荷物は少なく、フキノトウを土産にして家を離れました。

 

 

次にレヴォーグの話です。

今までレクサスの運転間隔が体に染み込んでいましたので、まだレヴォーグには慣れていません。

どこか運転間隔が異なります。

山道のカーブでも車体が路面に吸い付いて行くような感じですが、アクセル操作が慣れていません。

高速道に入りクルーズドコントロールにしました。

これは確かに楽ですね。

速度を設定しておけば、前の車に追いつけば減速しますし、横入りの車があればそれも感知いたします。

長距離なら運転も楽でスグレモノなのでしょう。

ただ、自動で車線どおりに走るものですから、こちら(運転する側)にとっては少し気持ち悪さ(感覚のズレ?)を感じます。

夜、スバル派で友人のY崎さんに電話を入れました。

スバル談義です。

これも楽しい時間ですね。

結局、慣れて運転を楽しむしか無いようです。

それなりの運動神経だと思いますが、直ぐに楽しめるようになるのでしょう。

しかし、まだナビのオーディオや登録地点の設置や燃費の表示の仕方が分かりません。

オジンには取説が手放せません。

 

Hiro

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道志村に春がやって来た | トップ | 道志の家(居場所)に感謝! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。