映画の豆

映画の感想をだらだらと。
本サイトは
http://heme.sakura.ne.jp/333/index.htm

「こどもつかい」

2017年07月06日 | ホラー映画

清水崇監督。
虐待をしていたと思しき親が変死する事件が連続して起こり、
記者である主人公は同時に発生した都市伝説も合わせて
調査を開始する。
彼は、被虐待児が口ずさんでいた歌に着目するが…というあらすじ。
ホラー映画だけど、そんなには怖くないです。
むしろ虐待シーンの方が恐い。
虐待する親や、子供を性的に消費する大人を
こどもつかいが殺していく話なので、
子供への暴力的性的虐待シーンが度々あります。

焼けたサーカスや、焼死した7人の子供、
上之郷サーカスの歌、腹話術の人形、等々
結構私の好きな要素が詰まっているのですが、
あとちょっとで化ける感じの惜しさがあります。
あ、でもこどもつかいは理由のある人間しか殺さないし、
子供の味方なので妙に後味は良い。

上之郷サーカスの歌、日本語と英語と地名と人名が
脈絡なく混ざっている感じがとてもいい。

ラストばれ

「アメージングトミーの正体は」
ってちょっと歌が伏線になってるのですね。
あー、ヘンリー・ダーガー…って思いました。
「おいない」って聞き覚えがあったんですが
四日市と京都の方言で「いらっしゃい」って意味だそうです。
えっでもなんでその離れた2地域共通なの…。

友達がチャイルド・マレスターだったりとか、
虐待の快感を親に説かれたりとか、
あのあたりは精神的にきつい。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「TAP THE LAST SHOW」 | トップ | 「メアリと魔女の花」 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。