おすすめ絵本 新聞

図書館で借りる絵本や本の中から、子供と私が
「これはおもしろい!」と思ったものを紹介していきます。

100万分の1回のねこ

2016-01-19 20:02:07 | 絵本じゃないけど、好きな本
100万分の1回のねこ
谷川 俊太郎,山田 詠美,江國 香織,岩瀬 成子,くどう なおこ,井上 荒野,角田 光代,町田 康,今江 祥智,唯野 未歩子,綿矢 りさ,川上 弘美,広瀬 弦
講談社


今日のおすすめは、『100万分の1回のねこ』です。
「あれ?『100万回生きたねこ』の間違いじゃない?」
と思った方は絵本通!

そうです、あの佐野洋子さんの名作絵本
『100万回生きたねこ』に捧げる短編集です。
小さなお子さん向けではなく、中学生あたりから楽しめる作品です。

100万回生きたんだから、その100万分の1回を書いてみようじゃないか
と、13名の有名な作家さんたちがそれぞれのお話を書いています。

恋愛あり、戦争あり、ミステリーありと、いろんな味付けで猫の物語が
楽しめます。

「あるとき、ねこは、、、」
と、お決まりのセリフで始まるお話もあれば、
猫がメインというより、猫の周りの人間を中心に置いたお話も。
どんな読者でも楽しめる作品になっています。

作者は、谷川俊太郎さん、山田詠美さん、江國香織さん、岩瀬成子さん、
工藤直子さん、井上荒野さん、角田光代さん、町田康さん、今江祥智さん、
唯野未歩子さん、綿矢りささん、川上弘美さん、広瀬弦さん。

それぞれのお話が始まる前に、作者の皆さんが佐野洋子さんと交わした会話や、
『100万回生きたねこ』にまつわる思い出などが紹介されていて、
とても愛されている作品なんだなぁとしみじみ感じました。

この本をきっかけに、お気に入りの作家さんが見つかるといいですね♪
皆さんもぜひ一度読んでみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Twilight (Eclipse)

2011-11-06 00:27:11 | 絵本じゃないけど、好きな本
Eclipse (The Twilight Saga)
クリエーター情報なし
Little, Brown Books for Young Readers


今日は絵本じゃなくてごめんなさい。
読書の秋ということで、ここ2週間ほどある本にはまりすぎています。

アメリカの10代向けの小説らしいので、35歳で夢中になっているのが
ちょっと恥ずかしい、、、。
でも、洋書なので英語の勉強になります!
トワイライトは映画にもなっているので、ご存知の方も多いはず。
今は円高で洋書が買い時♪
1冊500円代で購入できましたよ!

3巻のこのEclipseが初めに届いたので、3巻から読み始めました。
今は4巻のBreaking Dawnを読んでいます。
3巻はあんなに面白かったのに、4巻に入ると展開がスローになってきました。
ちょっと残念、、、。
会話よりも主人公の少女ベラや人狼のジェイコブの心情にかなり重点を
置いている感じです。

このTwilightシリーズは、吸血鬼と人間の少女の恋愛を描いた物語です。
吸血鬼、人間、人狼の三角関係なんて、滅多に見られません!
ハリーポッターのような空想の世界にワクワクし、
韓国ドラマのような三角関係にドキドキします。

おかげで、毎日睡眠不足、、、。
コンタクトがつらいので、しばらくメガネ生活が続きそうです。

ファンタジーが好きな方は、ぜひ一度読んでみてくださいね♪
英語を教える仕事をしていますが、わからない単語が結構出てきます。
鉛筆で印をつけながら読んで、後から調べてもう一度読み直すのが楽しみです。

来年には4巻にあたる映画も公開されるそうですよ。
wowowでシリーズ1,2,3を観たのですが、話がかなりとんでいるので、
本を読むともっと楽しいと思います。

主人と義姉は、ファンタジーが嫌いだそう。
今日もwowowで録画した『アバター』を主人と一緒に観ていましたが、
「うわ~、キレイ!」
「面白い動物!」
と、いちいち感動する私に、
「CGでも、きれいって思うんやなぁ。」
と不思議がる主人。

CGの重機が出てきた場面でも、
「なんでこんなもんまでCGねんて!KOMATSU使えや!」
とご立腹でした。

今日も寝るのが遅くなってしまいました。
朝の散歩はもうしていません、、、。
早く読み終えて、早起き再開しないとなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

童話作家はいかが

2011-02-10 23:04:05 | 絵本じゃないけど、好きな本
童話作家はいかが
斉藤 洋
講談社


こんばんは。珍しく二日続けての更新です。

今日のおすすめは、絵本ではありません。
斉藤洋さんが絵本作家になったいきさつや、最強パートナーの高畠純さん
の絵と出会ったきっかけなど、いろんなことを語っている本です。

主人と子どもたちがミニバスの練習に行っている間に読んでいたのですが、
斉藤さんの文章が面白おかしくって、ひとりでゲラゲラ笑っていました。
「わはは、コントみたい!」なんて、独り言いいながら、ね。
本を読んでゲラゲラ笑うのは久しぶりで、楽しかったです。

斉藤さんの作品は、ブログで何冊も紹介してきました。
『ブターラとクマーラ ウッキウキ』に、『ぷてらのタクシー』、
『バースデー・ドッグ』、『ねこだまし』、『ぞうの金メダル』など。
『ペンギンたんけんたい』のシリーズも子どもたちに人気があるようです。

カテゴリーでは、ほとんどが【へんてこ】に分類してありますので、
よかったら覗いてみてくださいね♪
残念なことに、画像にちっちゃなバッテン印がついちゃって見れなくなって
いるものもたくさん。
どうしたらいいかよくわからなくて、そのままなんです。
ごめんなさい。

さて、今日の『童話作家はいかが』は、童話作家を目指す方やそうでない方、
斉藤洋さんのファンやそうでない方、みなさんが楽しめる本です。
いろんな世界に、突然ふっとさらわれて連れて行かれるようなキブン。
自分が営業部長になったり、若い大学生と恋に落ちそうになったり、
忠臣蔵の世界に連れていかれたりと、突然話がそれて物語が始まります。

いいな~、斉藤さん素敵です。
誇大妄想というと失礼ですが、斉藤さんの想像の波にさらわれるのが、
とても楽しいです。
お話を作る方は、みなさんこうなのかなぁ。
私も子どもとの会話を想像で広げていくのが好きです。

運転中の斜めドラム式洗濯機に、脱いだ靴下を入れようとした娘に、
「あ、今開けたらダメ!洗濯しとるとこやから!」と言ったら、
「開けたらどうなるん?」と、素朴な疑問が返ってきたので、

「扉開けたら、水じゃっば~んって出てきて、あれ~、助けて~!!
 流される~!って風呂場まで流されて、ぐるぐるぐる~って
 排水溝に流れていくげんよ。」

と説明してやると、目を輝かせてキャッキャと喜んでいました。
楽しそうな声を聞きつけて来た息子にも、同じように説明してやると、
息子「イヒヒヒ。もう一回言って!」とリクエスト。
ぐるぐる回って排水溝に吸い込まれる身振り付きの大サービスの後、
息子「ヒヒヒ、もう一回!」
私「これで、もう最後やよ。」
息子「ダメ!あと3回!」
私「もう忙しいから、おしまい。」

そして、数日後。
息子がニヤニヤ嬉しそうな顔で洗面所にやってきて、
「お母さん、洗濯機今ドア開けたら、どうなるん?」
子どもって、面白い絵本は何度でも読みたがるし、繰り返すのが
好きなんだなぁ。

斉藤さんのお話は、もっと遠い世界へ突然飛んでいきますよ。
最近ゲラゲラ笑ってないなぁという方は、ぜひ読んでみてくださいね♪

そうそう、ユーモアのあるお話だけでなく、27もの教訓付きです。
「あなたが説教されるのがいやなら、それ以上に少年少女は説教がきらいである」
「日常生活は空想の宝庫である」
など絵本作りに役立つものから、そうでないものまで、いろいろです。

斉藤さんの作品で、読んだことのないものもたくさん紹介されていたので、
図書館で見つけられるといいな~。
面白かったら、またブログでも紹介しますね♪

私も童話作家になりたいな~、とまた思い始めました。
少しずつ書いていたお話は1年以上ほったらかしにしているけれど。
やっぱり夢みるって、楽しいですね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精霊の守り人

2010-08-18 19:26:59 | 絵本じゃないけど、好きな本
精霊の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社

このアイテムの詳細を見る


こんばんは。

最近、実家でブームになっているのが、上橋菜穂子さんの物語です。
以前紹介した『獣の奏者』は、母が入院先の病院へも持参して、最近読み終えたところ。
私も図書館でせっせと借りては、『精霊の守り人』、『闇の守り人』、『夢の旅人』、『虚空の旅人』
まで読みました。
妹が家族で一番たくさん読んでいて、『狐笛のかなた』が面白いよ、とのこと。

『獣の奏者』も『守り人・旅人』シリーズも、空想の世界のことなのに、あまりに描写が詳しい
ので、現実のことのように感じてしまいます。
読み始めから、す~っと物語の世界に入っていけて、臨場感に満ちています。
アニメになったり、漫画になったり、英訳されたりと、上橋さんの作品の魅力はすごいですね!

画像にある『精霊の守り人』は、守り人シリーズの第一巻になります。
続きものなのに、1冊で(上下巻のものもありますが)ひとつの物語が終わるようになっていて、
お話の世界が、あせらずじっくりと楽しめます。

ほかにも、子ども向けの守り人シリーズの本もあるそうです。
読んだことはないけれど、わかりやすい文章になってるのかな。
かなり分厚い本だったので、子どもといってもかなり大きいお子さんでないと難しいかも。

あらすじは、長くてまとめるのが大変なのですが、ざくっとこんな感じです。

主人公は、30代の女性バルサ。腕のいい短槍使いで、用心棒の仕事をしています。
ある日、川で溺れたチャグム皇子を救ったことがきっかけで、大変なことに巻き込まれることに。
この世とは別の世界、ナユグ。ナユグに住む水妖の産卵に、その卵をねらう怪物も登場します。

うまく説明できなくて、もどかしいです。ごめんなさい。
2007年にNHKでアニメが放映されていたそうなので、きっとご存知の方も。
ファンタジーのお好きな方は、よかったら読んでみてくださいね♪
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

はじめよう!生きがいとしての英語

2010-02-07 22:21:01 | 絵本じゃないけど、好きな本
はじめよう!生きがいとしての英語
石田 正,Catherine Chamier
春風社

このアイテムの詳細を見る


なかなか図書館での絵本選びがヒットせず、今日もおすすめの本を紹介させてくださ~い。
これから英語を始めたいと思っている年配の方にぴったりの本です。

英語を始めて変わったことや、これからしたいことなど熟年世代の方の意見がたくさん。
大学で学んでいる主婦の方のお話も載っています。
読むと、「私も英語始めてみようかな」と思うかもしれません♪

英会話講師をしている方にもいい本ですよ!
昔ながらのやり方で一方的に英語を教えるのではなく、生徒さんたちが積極的に学ぶために
支援したり、情報提供したりするのが講師の役割だと教えてくれます。

本の最後に載っていた「学習契約」をクラスでも試してみたいな~。
生徒さんが自分で目標を決めて、どうやって学習するか、いつ学習するか、どれほどの期間
で達成するかなどを書き出し、最後の評価も自分で行うやり方だそう。
教える側は、その計画に無理がないか、効率的か、などの助言をするのが役目。

この方法は、自分でこれだけやったんだと達成感を味わえる方法です。
教室だけでなく自宅でも学習することで、きっと上達も早いはず。
でも、楽しむだけでいいという方には、嫌がられるかなぁ、、、。
生徒さん減っちゃったらどうしよう、、、。


さて、絵本を紹介できないので、久々に「我が家のほのぼのニュース」です。

 1.「主人、楽器にはまる。」

    「太鼓の達人」ゲームに誰よりはまっている主人。太鼓だけで飽き足らずに、
    妹からもらったキーボードの練習機能を使って、ピアノにも夢中♪
    なぜか左手をポッケに突っ込んだまま、「くるみ割り人形」を練習中。
   
    「お母さん、ちょっとこっち来て!」と主人に呼ばれては、こんなに上手に弾けるよう
    になったと、上達ぶりを見せられます。

    「きれいに塗り絵が塗れた」と娘に呼ばれ、「レゴブロックですごい家ができた」と
    息子に呼ばれ、そして主人にも、、、。
    幸せな母さんです。


 2.「母さんまた勘違いして、食べ物を、、、。」
   
     以前ブログで、箸と間違えきゅうりを引き出しに入れてしまったお話をしましたが、
     またやってしまいました。

     買い物から帰って、買ってきたものを冷蔵庫やお菓子入れのカゴや
     キッチンの引き出しにしまっていたのですが、しばらくして主人から一言。
 
     「母さん、お菓子のカゴにシイタケ入っとるけど、これもおやつのつもりか。」
     まさかと思って見てみたら、お菓子と一緒にちゃっかりシイタケパックが、、、。
     「本当や~!またボケとる~!」と、喜ぶ娘。
     ぼ~っと考えごとしてると、いつもこんな感じです。


 3.「もうすぐバレンタインだけど、、、。」

    毎年バレンタインデーが近づくと、娘と一緒にクッキーを作ります。
    一応、主人の希望も聞いてみようと、
    「バレンタインデーに、どんなお菓子作ってほしい?」と聞いたら、
    「特にいらんけど。・・・現金でいいわ。」ですって。
    イベント嫌いの主人から毎年のように聞くこの台詞、面白いなぁ。
    今年もクッキーにしようっと。


今年に入って、たくさんの方がこのブログを見てくださっています。
昨年は一日80人くらいだったのに、今年は150人から200人くらい。
何があったのかわかりませんが、本当にありがとうございます♪嬉しいです。
昨日は660pvもあって、びっくりしました。

これからも、おすすめしたい絵本をたくさん紹介していきたいと思います。
出不精な娘との図書館通いは諦めて、ひとりで行ってきます。
どれだけ一緒に行こうと誘っても、
「お母さん一人で行ってきて。そんで、子どもたちの好きそうなの借りてきて。」
って言うんですよ。
寂しいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

儲けないがいい

2010-01-31 22:43:58 | 絵本じゃないけど、好きな本
儲けないがいい
中島セイジ
アチーブメントシュッパン

このアイテムの詳細を見る


今日のおすすめは、絵本じゃなくてごめんなさい。
企業戦略コンサルタントの中島セイジさんが書かれた本です。

この本を読んで、今まで心の中で葛藤していたもやもやが、すっきりと晴れました!
私は英会話の講師をしていて、稼ごうと思えばいくらでも月謝の額を上げられるけれど、
お金儲けは嫌だという気持ちが強くて、悩んでいました。
やっぱり生活のためにお金はあった方がいいけれど、でもそれを目的にはしたくなくて、、、。

もちろん家族を養うため、生きていくために、仕事を選ばず毎日がんばっている人たちを
悪く言うつもりは全くありません。
私は主人の稼いでくれるお金で生活できるし、その辺が甘いんです、きっと。

さて、本の内容をちょこっと紹介します。

  ・「創業300年を超える老舗企業から学ぶ」
  ・「石川酒造16代目が伝える信用確保の唯一の道」
  ・「直江兼続、動乱の時代に貫いた「義」」
  ・「マニュアルを捨てたスーパー佐市」
  ・「1500人の常連客を持つ定食屋、三州屋」
  ・「向こう2年間、予約でいっぱいのかばん屋」
  ・「社員の半数以上が知的障害者の日本理化学工業」
  ・「会計が患者任せの整骨院」

などなど、「儲けないがいい」という考えで成功している企業をたくさん紹介しています。
なんとかしてお金を儲けようと悪いこともする会社の多い今の世の中に、こんな素敵な人たち
が頑張っているのを知って、幸せな気持ちになりました。

本のキーワードは、「先義後利」の精神。
「目先の利益より、人の義を優先させる人は栄える」という意味なんだそう。
商売において、ずっと昔から大切にされてきた考え方のようです。

私も「先義後利」を心に刻み、こういう英会話教室を目指していきたいなぁ。

 ・地域の人たちが楽しく仲間作りのできる場
 ・英語を学び、新しい知識を得る喜びが感じられる場
 ・おいしいフェアトレードのコーヒーを飲んで、ちょっとした国際貢献のできる場
 ・生きがいややりがいを感じられる場
 ・月謝は安くして、習った英語を使って海外旅行するお金も貯められるように。

「英会話スクールはレベルが高すぎてついて行けないけれど、英語を始めてみたいなぁ」
と思っている年配の方に、ゆっくりやさしく、英語を学ぶお手伝いができたらいいな、
と思っています。
生涯教育に少しでも貢献しているんだと、うれしい気持ちです。

今、金沢市の弥生公民館で、「50歳からの楽しい英会話」教室を開いています。
5年目のクラスですが、初級の中くらいです。
英語が得意な方には物足りないと思いますが、おさるのジョージの英語辞書を使って単語を
覚えたり、手作りカードを使ってグループでゲームしたり、いろんな国の政府観光庁のサイト
を印刷したもので、なんちゃって海外旅行を楽しんでいます。
もちろんフェアトレードコーヒーや紅茶、ハーブティーも飲みながらの楽しい教室です。

ちょっと宣伝させてください。
弥生公民館で月曜午前10時~11時の1時間(月3回)。
コーヒーなど飲み物付きで、月謝は2,500円です。
あと5名ほど余裕がありますので、50歳以上の方でしたら入れます。
80代でも大丈夫ですよ♪

ちなみに、3月から新しく「50歳からのやさしい英会話」教室を始めます。
使うテキストは違いますが、他のゲームなどは同じです。同じく飲み物付き。
淹れたてのフェアトレードのコーヒーは美味しいですよ♪
弥生公民館で、木曜午前10時~11時。月謝は2,500円です。
15名の募集です。

「やさしい」が売りなので、アルファベットの読める方なら80歳でも入れますよ♪
皆さん、金沢にお住まいの方で、英語を始めてみたい方がいらっしゃったら、
声をかけていただけると嬉しいです。
2月25日に無料体験講座をしますので、ぜひ弥生公民館までご連絡ください。

こちらのクラスも、月に3回ですが、第2木曜は入っていません。
その日は、野々市のalさんで、フェアトレードバナナの仕分けボランティアをする日なのです。
勝手な講師ですみません。

宣伝ばかりで本の話が少なくなってしまいましたが、とにかく「儲けないがいい」!
これから起業するという方や、自営業の方は、ぜひ一度読んでみてくださいね。

はっ、自営業といえば、うちの主人も。
私は経理担当なので、これから魔の確定申告が待っています。
帳簿と戦う日々が始まります、、、。
フェアトレードバナナ新聞作りになかなか取りかかれない、、、。
待っている皆さん、すみません。
春には出せるといいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えいごで日記

2010-01-19 21:58:11 | 絵本じゃないけど、好きな本
えいごで日記―英語で発想・英語で表現!
能島 久美江
三修社

このアイテムの詳細を見る


やっと、年明け2度目の更新です。
今日のおすすめは、英語のテキストです。
絵本でなくて、すみません。

6~13歳向けで、かわいいイラストでわかりやすい!
初心者向けになりますが、英語を勉強し直したい大人にもおすすめです。
これを参考に毎日手帳にえいごで日記をつけていけば、1年後には、
かなり英語で考えられるようになっているんじゃないでしょうか。
ただ、お子さん用に購入するとしても、発音などは大人のサポートが必要だと思います。

実は、私もネットで大量注文しました。
新しく開く英会話クラスの授業で、少しずつ取り入れていこうと思っています。
年配の初心者の方向けの授業でも、少し語彙を増やせば役立ちそう!
どんな授業ができるか、わくわくしています。

本当は高砂大学(65歳以上の金沢市民向け無料講座)のある彦三の中央公民館で開きたいと
計画していましたが、営利目的の教室は駄目だと断られてしまいました、、、。
自分たちで部屋代を割って借りる、市民サークルならいいんだそうです。

そんなぁ。
今の公民館も部屋の使用料は1回2,500円になるけれど、1人1回約800円という
低料金なのに、、、。
フェアトレードのコーヒー、紅茶、ハーブティー付でこの値段でも、営利目的になるのかぁ。
今日はかなりのショックを受けました。
結局、いつもの公民館で木曜日に開くことにしましたよ。

主人は「もっと儲けることを考えた方がいい」とか「商売に向いていない」とか言うけれど、
年配の生徒さんたちのお話はとてもためになるし、楽しいし、みんなで楽しく笑いながら
英語のゲームなどして過ごすのは、私にとっても幸せなひとときです。
冗談を言い合って、笑い合って、そんな仲間作りの場をもっと増やしていきたいなぁ。
フェアトレードコーヒーの消費も増やしたいし。

いっそ町家を借りて、と思いましたが、もっと指導力と信頼、そして人脈を付けてから。
あせらず着実にすすめていかなくちゃ。

真面目に心をこめて進めていけば、身の周りの状況が少しずつ変化していきますよね、きっと。
以前、金沢でビッグイシューという雑誌が販売開始、という記事をお伝えしましたが、
翌日香林坊で手にいれましたよ!
世界のいろんな問題に真剣に取り組んでいる方々の記事がたくさんあって、やっぱりいい雑誌
でした。
幼稚園の先生に購入していただいたビッグイシューが、幼稚園の教会の方々の目にとまり、
何人かの方が、わざわざ買いに行ってくださったそうです。
ひとりに呼びかけると、次のひとり、ふたり、そしてその先もひとりずつ広がっていく。
うまく言えませんが、思いが伝わるって本当に嬉しいですね♪

フェアトレードくらぶの仲間と作った「チョコレート新聞」が、少しずつ県外にお嫁に
行っていて、とっても嬉しいです。
最近京都にももらわれていったそうですよ~。
いろんな学校や講座で、元気にがんばってほしいです。

なかなか紹介したい絵本と出会えないのですが、こちらの出会いもあせらずに待つことに。
出会いって面白いなぁと、最近よく思います。
年、とったのかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

獣の奏者 Ⅰ闘蛇編

2009-07-23 18:58:50 | 絵本じゃないけど、好きな本
獣の奏者 I 闘蛇編
上橋 菜穂子
講談社

このアイテムの詳細を見る


皆さん、物語はお好きですか?
指輪物語やハリーポッターなどいろいろありますが、『獣の奏者』も面白いです!
高校生から大人にぴったりの本でしょうか。
319頁もある、分厚い本です。

NHK教育で土曜日に放送されている『獣の奏者エリン』の方が有名かもしれません。
同じエリンという少女が主人公のお話ですが、テレビとは少し違う部分もあります。
国の政治などは、小さな子どもには難しいので、テレビアニメではだいぶ削られて
いるようです。
逆に、エリンを助ける親しみやすいキャラクターが、テレビでは登場しています。

獣の医術師の母を持つ少女が、悲しい境遇にたたされながらも、自分も獣の医術師
を目指していくお話ですが、悲しくも政治的な問題に巻き込まれていきます。
ぜひ一度読んでみてくださいね。

ちなみに、紹介した画像は、闘蛇(とうだ)編です。
2巻は、王獣(おうじゅう)編。
3,4巻はこれから発売されるそうです。
図書館で借りて、夜子どもたちが眠ってから、5時間半読み続けてしまいました。
2巻の3分の2あたりまで、一気に読みました。
情景が目に浮かぶような細かい描写で、嗅覚にもうったえる素晴らしい本です。

新刊が出たら、また図書館で借りてこようっと。
もしかしたら、背中の痛みは過度な読書も原因かしら。

アニメの放送時間やあらすじなどは、↓こちらのサイトをご覧ください。
NHKアニメワールド:獣の奏者エリン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名探偵カッレくん

2008-07-30 00:19:42 | 絵本じゃないけど、好きな本
名探偵カッレくん (岩波少年文庫)
アストリッド リンドグレーン
岩波書店

このアイテムの詳細を見る


皆さん、こんばんは。

今日は子どもたちと自転車で、ちょこっと遠出してきました。
先頭を娘に任せ、間に補助輪有りの息子を挟み、私も赤い自転車に乗って。
まずは、郵便局裏の公園で遊び、次に耳鼻科を受診、医院隣のお惣菜屋さんでお弁当、
そして教育プラザ富樫へ。帰りに裸足になってバラ公園で遊び、のんびりと帰宅。
朝10時に家を出て、帰宅したのは3時半。今日もた~っぷり遊びました。

さて、今日の(更新するころには昨日になっちゃう)おすすめは絵本ではありません。
小学校高学年向けの本ですが、自分用に図書館で借りて読みました。

作者は、『長くつ下のピッピ』で有名なアストリッド・リンドグレーンさん。
子供向けの物語ですが、『名探偵コナン』を子どもと一緒に見ていますという方に、
ぴったり!13歳の名探偵カッレくんが街で活躍するお話なんです。

山田洋次監督もカッレくんシリーズのファンで、寅さんの映画を作るときに、お話の
ある部分からヒントを得て、場面設定されたことがあるそうですよ。
どの部分かは、『名探偵カッレくん』に添えられた監督の文章を読んでのお楽しみ。


【お話】 探偵になりきっている少年カッレ。怪しい人物を見つけては、人相をメモ、
     自分の想像の中では、いろんな事件を解決している名探偵です。
     ある日、遊び仲間の少女ロッタの家にやってきたエイナルおじさんに
     ついて調査していたら、事件に巻き込まれることに!
     想像の中ではあっという間に解決できるけれど、現実はなかなかうまく
     事が進みません。
     そして、とうとうカッレ自身が大変なことに!


【感想】 面白い!
     子ども向けに書かれた物語が好きで、昔読んだ本を読み直すこともあり
     ますが、この作品は初めて。
     たまたま読んだエッセイに『カッレくん』のことが載っていて、読んで
     みたいと思っていたら、その日のうちに図書館で出会いました!

     独特の決まりがある子どもたちの遊びが可笑しくて、なんだか子どもの頃
     を思い出しました。
     小学生の頃、私が友達と作った挨拶。
     「アップルシーミー」が「おはよう」の意味で、「グレープシーミー」
     が「おやすみ」の意味。
     いろいろ決めては、ノートに書き溜めていました。
     そんな勝手なルール、皆さんも遊びにとり入れていませんでしたか?

     さてカッレくんですが、ただ探偵になりきっている子どもではありません。
     命をかけた本格的な調査と子どもとは思えないほどの推理力。
     名探偵ホームズやポワロなどがお好きな方は、是非読んでみてくださいね。
     子ども向けと言っても、比較的単純な性格の大人も十分楽しめますよ。
     
     小学生のお子さんの夏休みの読書感想文にもいいかもしれません。
     『カッレくんの冒険』と『名探偵カッレとスパイ団』という作品も
     ありますよ。

     5年後には、娘にも読ませたいな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間取りの手帖 remix

2007-11-28 10:15:23 | 絵本じゃないけど、好きな本
間取りの手帖remix (ちくま文庫 (さ7-1))
佐藤 和歌子
筑摩書房

このアイテムの詳細を見る


みなさん、こんにちは。
子供の風邪やらなんやらで、なかなかブログを更新する時間がなかったのですが、
今日やっと二人とも幼稚園へ送り出しました。

今日紹介するのは、『間取りの手帖 remix』です。
本屋ではなく、なぜか21世紀美術館のグッズショップで買いました。
表紙の間取り図に惹かれて、、、。

手のひらサイズの小さな本ですが、一頁にドンと間取りが、、、。
私、好きなんです、間取り図が。
叔母も新聞折込チラシの新築の間取りを必ず見ると言ってましたが、
この本は、まさにそんな方にぴったり!

興味がないというあなたも、ちょっと待ってください。
ただの間取り図じゃなくて、下に面白いコメントが付いてるんですよ。
どれも、珍しい物件ばかりですが、すべて実在するものなんだそう。

例えば、四方をぐるりと一回りできるルーフバルコニーに囲まれた部屋。
そこに、「寄り弁。」というコメントが。
部屋が、ちょっと左に寄ってるんですよね、、、。

言葉だけじゃ面白さを伝えられないので、是非ご自分の目で見て楽しんで下さい。
クスッと笑ってしまいますので、電車の中では読まない方がいいかもしれません。

実は、この本に載っているゲストとの間取り対談。
なんと、くるりの岸田繁さんが登場しています!

わずか7頁の対談ですが、岸田さんが子供の頃に暮らした実家の間取り図も。
しかも、岸田さんの手描きです!
ファンには嬉しいですよね~。
私も中村一義さんの手描きの間取り図が見られたら、どんなに嬉しいか、、、。

うちのくるりファンは、主人と子供たち。
「ハム~食~べたい。」と歌うだけでなく、CMでくるりの曲が流れたら、
「あ、お父さんの好きなお歌や!」
と敏感に反応。
「クルルやよね。」と、娘。
いや、『ケロロ軍曹』の見すぎですから、、、。

とにかく、面白い本なので、是非読んでみてくださいね。
ただ、私が購入したのはremix版。その前の『間取りの手帖』に岸田さんが登場
してるかどうかは、わかりません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加