冷凍庫の中身が増えていく

2017年06月19日 | Weblog
土曜日の朝、再度筍を採りに夫と。というより我が家の竹林なのかも確認に行くことにしました。公図から追っていくと、あれつー違うんじゃあないのということになりです。

 微妙に場所が違うのではないかと、前回の竹林の隣接地の竹林が我が家のらしい、と夫。

 長年手も目もかけてこなかった竹林は、ほぼ死滅状態で、倒れた竹がいっぱいでした。そこはもう筍がはえてくるなんていう状態ではなく、まさに死んでいるとしか思えませんでした。

 竹はどんどん外に向かってのびていくのですね。だから周囲に竹が進出していました。

 我が家の筍はきっと、いつもいただいていますという方が収穫されただろう後の様でした。それでも竹の子というより竹になりつつあるようなところを収穫してきました。

 荒れた竹林、これをどう片付けるか・・・・片付けられるかというところで思案中です。

 帰宅してから、筍の灰汁抜きをしつつ、家事をこなし、さらに時計を見つつ、押絵を30分して。やらなければならないことを片付けていると、どうしても趣味のところまでたどり着けないのです。

 小諸の中棚荘で、同窓会の役員会がありお出かけです。ここでランチをいただきながら、秋の総会に向けての打ち合わせをしたのです。とてもおいしいお料理だったのに、おしゃべりに熱中していて、いつのまにか完食していました。

 その帰りに定番のパンツをいつも購入しているブテックに寄りましたら、8月に完全閉店ということでセールをしていました。そうご挨拶されてびっくり。お葉書もいただいていたようですが、いつものセールのご案内とばかり思っていました・・・・帰宅して見ましたら本当でした。


 あの、定番のパンツこれからどうすればいいんでしょう、と思わず聞いてしまいました。

 それにしても寂しいですね。食料品に限らず大型店が出店される度に、こうして廃業していってしまうお店が出てきてしまうのですね。

 マーケットに寄り、ちりめん山椒用のシラスを400グラム購入・・・・もうやる気まんまんです。

 家に帰りつかないうちに、姉から電話です「畑の山蕗要らないかしら?」、ハイハイ山蕗と聞くとねえ・・・・また苦労するんだけど、つい「いただきます」です。

 確かに「いっぱいよ」と聞きましたけど、大なべにひとつありましたよ。山椒の実をいれたキヤラブキを作りたいと思っていたのです。

 夕食の準備の傍ら、冷凍保存用に筍を煮たり、蕗を茹でたり、ちりめん山椒を炊いたりとあわただしく過ごしたのでした。

 この時期の日なた蕗ですので、かなりよく茹でても固めですが、山椒がビリリと効いておいしく炊けました。

 ちりめん山椒、今回は薄口醤油を使ったので、見た目もきれいにできました。これだとご飯が進みすぎます・・・・ドツクまで1週間ありません(笑)

 こうして冷凍庫の中身・・・・・減らしているのに増えていくんですね。

                            依田 美恵子
    軽井沢・佐久で建てる外断熱・省エネ住宅 中島木材の家


【 中島木材のホームページは こちら



 ブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
ポチットお願い!にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ
ブログランキング・にほんブログ<br>
<br>
<br>
 <br>
 <!--
<rdf:RDF xmlns:rdf= -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物を処分するには、物と向き... | トップ | はてしない家事をこなして »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む