目の前にやることがあることは幸せかな

2017年06月22日 | Weblog
本当に久しぶりの雨でしたね。畑のお野菜も元気がでそうです、そして庭の草が今朝イキイキとしていました・・・・こちらはうれしくないですが。

 昨日夕食の後片付けをしないで、ワラビを採りに行きました。

 最初の頃より、茎が少し固めになってきています。それでも採るのは楽しいです。

 これだけ楽しませていただいて申し訳ないので、いつも収穫の後ワラビ畑の草を抜いていますが、多少抜いている位では、目に見えての効果はありません。

 でも昨日は雨上がりで抜きやすかったんです。シメジオンと月見草(正式の月見草ではありませんが)が何しろいっぱいなんです。

 夏至で一年に一番長い日でしたので、30分程奮闘したら、さすがに抜いた気がしました。

 そしてうす暗くなった帰り道、6軒のお宅に採ったワラビを全部届けて帰りました。

 今朝お隣さんが、畑からレタスを採って届けてくれました。先日お届けした灰汁抜きしたワラビがおいしかったと。

 「どうやって灰汁抜きするの?」と聞かれましたが、新鮮なうちに重曹で抜いているだけです。

 ひとつだけ、コツがあるとすれば、プラスチっクのボールを使っているということでしょうか。ステンレスだと、熱の廻りが良くて、柔らかくなり過ぎるような気がするのです。

 濃い緑色のワラビはやっぱり心惹かれます。

 今年もよくいただきました。

 正月早々から始めていた「自己流つるし雛」がようやく完成しました。パーツは3月までにできていたのですが、取り付ける時間がありませんでした。

 リリアンだの、それが通る針など、1度の買い物ですまなくて、一つひとつが終わっていかないと落ち着きませんでした。

 そしてようやく昨日完成しました。そしたら・・・・また宿題です。衣桁にパーツを付けたのですが、取り外し不可なのです。だからこれを収納しておくためのカバーを縫わなくてはならないことに、ハタと気が付いたのでした。

 布地はもちろん着物です、それも我が家のおおおばあさんのきれいな縞です、たぶん家で織ったのかもしれません。ミシンはとっくに処分してしまいましたから、もちろん手縫いです。

 何が障害かと言えば・・・・・庭の草取りです(笑)これが時間をとるんですね。

 でも何かやるものが目の前にいっぱいあることは、うれしいことかもしれません。

 時に明日から1泊2日の人間ドツクです。ハイ、体重だけは前年並みに戻し(戻り)ましたが、腹囲は重力にあがらえないようです(泣)

 どうか何事もありませんように・・・なんて。
                                           依田 美恵子
    軽井沢・佐久で建てる外断熱・省エネ住宅 中島木材の家


【 中島木材のホームページは こちら



 ブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
ポチットお願い!にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ
ブログランキング・にほんブログ<br>
<br>
<br>
 <br>
 <!--
<rdf:RDF xmlns:rdf= -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストップシンキング  怒り... | トップ | カエルはどう鳴いているので... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事