佐渡に棲んで

退職後の第二の人生を佐渡島で半農半漁の生活でおくり、日々の雑感、釣果の報告などを綴る

稲作の始動

2017年03月21日 10時52分32秒 | 農作業
春の彼岸時期になるといよいよ稲作の農作業が

始まりますが、昨日は水田の基本中の基本である

用水堰の点検を集落の堰役員で行いました。

ドンデン山を水源地とする集落を流れる川から

2系統で水田地区へ用水堰を設置してあり

4月から9月まで取水口を開いて用水を供給します。

2系統それぞれやく7~8kmの延長で険しい山中の

山肌を下ってきます。

午前中1系統、午後からもう1系統を点検しました。

堰にかぶっている木々の枝などを切り払いながら

点検していきます。

途中には約30mの切り立った断崖のような個所もあり

緊張します。

役員の年齢は65歳~83歳、体力も落ちていますので

安全第一で慎重に進みます。

木漏れ日の差し込む斜面では雪割草や福寿草の

咲いている所もあります。


点検作業の終了後はセンターに集まって

点検結果の報告、すりあわせ、今月末の

堰掃除の打ち合わせを行った後、慰労会を

実施して閉会しました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟へ | トップ | 種もみの水浸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。