カタクリの花-2

田舎に生まれ、田舎で育った、田舎モンのブログです。
身のまわりの出来事を綴っています。

「沈黙」-サイレンスー

2017-01-25 17:53:25 | 身辺雑記
行ってきました。
どうしても観たかった映画「沈黙」・・・大きな画面です・・・迫力がありました。

映画観へ足を運ぶのは、30年ぶりになるかも知れません。
「J-MAX THEATER 上越」で、午前10時半から2時間余り、画面にくぎづけになりました。
「神と人間」を扱った重たいテーマで、原作を10代最後の年だったかに読み、読み終えた時、しばらくボケっとして何も出来ずにいた記憶があります。

原作の踏み絵のシーンで、キリストが「踏みなさい」と言う場面、映画ではどんな風に表現されるのか興味がありました。
・・・・
(グッとくるものがありました・・・)
観終わって、席をすぐには立てなかったですネ。

(大きな画面で、迫力あるサウンド・・・、映画館で観る映画、イイですね、また行かなくっちゃぁ)




原作の遠藤周作さんの作品は他にもあります。
読み返してみたくなりました。
写真の右にあるのは、映画のパンフレットです


先週から無線ルーターが故障で使えなくなり、帰りにジョーシン電機へ寄って無線ルーターを買ってきました。
ここ数日は、無線ではなくLANケーブルでインターネットをしていましたが、今日から、また無線で出来るようになりました。
(OCNモバイルでタブレットでは可能でしたが・・・)


今日は、イイ映画を楽しめました。
今日は、無線でのインターネットが出来るようになりました。

明日もイイ日であって欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛読書(だった) | トップ | 雪は落ち着いたか・・・ナ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サイレンス (山水)
2017-01-25 18:01:44
難しそうな映画ですね でも杉やんさんの分を読み見たくなりました
重苦しいテーマ (杉やん)
2017-01-25 20:46:08
こんばんは(山水さん)
江戸初期の長崎を舞台にした宣教師の信仰か人の救いかの中で、苦しみ棄教するラストはグッと迫ってくるものがありました。
息もつかせず引きこまれました。
19歳?だったと思いますが、読み終えた時のガーンと頭を打たれたような衝撃、思い出しました。

「沈黙」は「多弁」(多くを語る)よりは多くを「語らせますね」
映画 (やまちん)
2017-01-26 09:05:49
こんにちは。「沈黙」、是非見たい作品です。(^O^)/こちら上州南部、連日晴れていますが、空気は冷たいです。(^^;)
良かったです (杉やん)
2017-01-26 13:54:14
こんにちは(やまちんさん)
映画も好みがあると思いますが、わたし的には「良かった」ですね。「イイ映画」を観たという感じです。
是非観てください。
テーマは重たいし、息が苦しくなるような気もしますが、観るに値する作品です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む