リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

寒い!

2018年01月08日 14時15分13秒 | 日々のこと
日本に戻ってきましたら、ホント寒いです。いままでぬくぬくした生活をしていましたもんですから・・・おまけに出発の前日にインドネシア料理を食べすぎてずっとおなかの調子が悪かったですので、よけいに寒さが答える感じでした。

帰国して4日経ちましたので、ようやく寒いことは寒いですがようやくこんなものだと思えるようになりました。時差ボケもほぼ解消しています。

向うにいたときは指がへたらないように毎日サイレント・ギターで音階とアルペジオ練習をしていたおかげで、久々にリュートを弾いてみましたが、特に弾き方を忘れてしまったというようなことはありませんでした。

以前業者さんに頼んでありました、昔のオープンリールのWAVファイル化が届きました。1966年から70年にかけてのギター演奏を録音したテープです。前々から一度聴いてみたいと思っていたものですが、なにしろハードウェアがもうありませんので、聴くことができませんでした。

ギターを弾き始めたのが1965年秋頃ですので、始めてから半年~4年くらいの間の演奏です。その間受験勉強で全く弾いていない時期がありましたので、実際に弾いていたのは実質2年半くらいです。

50年以上前の演奏ということになりますが、それなりにがんばって弾いていますね。(笑)特に興味深かったのは、SLの汽笛が録音されていた演奏があったことです。実は一時期関西線のすぐ近くに引っ越していた時期がありまして、その時の録音です。70年の夏頃の録音ですが、そのころはまだ関西線にSLが走っていたということですよね。時代の流れを感じさせます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

GTR

2018年01月05日 12時56分47秒 | 日々のこと
娘婿は飛行機の専門家ですが、自動車も大好きで、本田のNSXと日産のGTRを所有しています。NSXは初代のもので自分でレストアしてボディもピッカピカです。日本に来た時には鈴鹿のNSX専門店に行き、パーツを探したりもしていました。以前は古い空冷エンジンのポルシェ911も持っていましたが、これは手放しました。古いのを買って完璧にレストアして売ったので、結構儲かったのかな?


一番向うがGTR,赤いのがNSX,手前のお尻だけのが娘がのるスバルBRZ。

今日は彼の自慢のGTRに乗せてもらいました。エンジンは600馬力、トルクは500ニュートンだそうで、もちろんトランスミッションはマニュアルです。



乗せてもらってから、彼はいきなり140キロまでスピードをあげました。(道は高速道路ではありません)「こんな道でアブナイ、ダメダメ・・・」と言おうとする前にすでに140キロに達していました。(笑)その加速度たるやまるで異次元です。そう、バック・トゥ・ザ・フーチャーの世界です。1950年代に行ってしまいやしないかドキドキしました。GTRってこんな風に走るのですねぇ。アメリカならいざ知らず、日本ではレース場以外に本領を発揮する場所はないでしょうね。

以前NSXもポルシェも乗せてもらいましたが、こちらは勇ましい音の割にはまぁ大体理解できるくらいの走りでしたが、GTRはまるで異次元。でも彼に言わせると、コンピュータで完全にコントロールされているGTRより、NSXやポルシェの方が面白いとのことでした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

HAPPY NEW YEAR! 2018

2018年01月01日 08時47分46秒 | 日々のこと


新年あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願い致します。



カリフォルニアはまだ12月31日です。今日も朝摘みオレンジです。木一本分日本に持って帰れるといいのですがねぇ。結局全部食べつくすことはできない感じです。

こっちでぬくぬくしているとお正月という実感は全くありません。昨日は近くの日本人教会に行ってきましたが、もう外は暑くて半そででないともちません。もっとも朝晩はそれなりに気温が下がりますが。

1月の中頃にはコンサートのリハーサルがあるので、指がなまらないように、サイレントギターを持って行って少しずつ指慣らしをしています。昔弾いていたギター曲も弾いたりしています。ラウロのヴェネゼラ風ワルツ3番はなぜかまだ暗譜していますので練習していたら結構上達しましたが、でもこの曲がうまくなっても仕方ないんですよねぇ。あまりギター癖がつかないようかつ指がなまらないようにするのってなかなか大変です。誰かサイレント・バロック・リュート作ってくれないかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チノの「名機航空博物館」

2017年12月28日 03時03分34秒 | 日々のこと
名古屋では雪が降ったというのに、こっちでは今日は暑いです。気温が25度超、もう初夏という感じです。今朝もたっぷりオレンジを頂きました。



先日近所のチノというところにある「名機航空博物館」に行ってきました。というか連れて行ってもらいました。ここは大戦機ファンの私としてはぜひ行きたかったことで、やっと念願がかないました。

アメリカのこのあたりは鉄道が全然発達していなくて、チノの博物館はなかなか自力で行くのが大変なのです。今だとウーバーを使うとなんとかなるかな?それにしてもインターネットの環境を整えていかなくてはいけないし。

イギリスにもこの手の有名は博物館がありまして、留学中の夏休みにわざわざスイスから出かけたものです。イギリスは日本みたいに鉄道網が発達しているので、列車に乗ってのこのこと出かけました。その時行った博物館は2つ、ひとつはコスフォード基地にある博物館、もうひとつはロンドン市内のヘンドンにある博物館です。それぞれ世界に1機しか残っていない、百式司令部偵察機(三菱)と五式戦闘機(川崎)が収蔵されています。シンガポールにあったものをイギリスが本国に持ち帰ったもののようです。

日本に持って帰ると、「負の遺産」とかなんとか言う人の声が大きくて大切に扱われない傾向がありますが、旧敵国ではとても大切に扱われているのはなんなんでしょうね。

チノの博物館には、なんとオリジナルの状態を保ったゼロ戦があります。もっともオリジナル状態といっても脚とか計器、電装関係は新しいもののようです。エンジンは本来ゼロ戦に搭載されていた「栄エンジン」で、このエンジンを搭載して実際に飛ぶことができるのはこの博物館に収蔵されている機体だけです。


注)手はわずからながら浮かせています。(笑)

確か3年くらい前にこの機体が日本に里帰りしたことがありました。そのときは時間がとれなくて見に行けなかったのですが、当時のニュースでは人がいっぱいで見学の制限もあったとか。チノの博物館では、ロープも張ってなくてすぐそばまで近づくことができます。ほおずりしようと思えばできます。(しませんでしたが)すぐ傍までちかよって子細に眺めましたが、ホントにきれいに整備されています。カウリングからエンジンを覗くとオイルが付着しています。エンジンの真下にはオイルパンがおいてあります。まさしくこの機体はまだ生きていて空を飛ぶことができるという証ですねぇ。

チノの博物館はいわゆる動態保存の飛行機が多くあり(それがウリの博物館です)、70年以上前のご老体機でも飛ぶことがきる状態で保存されています。当然併設の飛行場もあります。ゼロ戦のとなりに置いてあったP-51ムスタング(子供の頃はマスタングではなくムスタングと呼んでいました)のエンジンの下にもオイルパンが置いてありました。こっちのムスタングはもうピッカピカで新品みたいです。もちろん飛行可能です。

ここにある日本機はあと彗星艦上爆撃機(愛知、空冷エンジンタイプ)と局地戦闘機雷電(三菱)が綺麗な状態で展示してありました。液体エンジンタイプの彗星は日本の靖国神社遊就館にありますが、こちらはもうなんかがたがたの状態です。彗星のエンジンの下にもオイルパンがおいてありましたので、少なくともエンジンの始動、タキシング(滑走)くらいはするのでしょう。雷電は最近修復が完了した機体らしいです。こちらは飛行可能の状態まで復元するのでしょうか。

日本でもこうした大戦機を「負の遺産」的な目で見る傾向は徐々に薄れてきつつあるようで、私としてはとても喜ばしい思いです。鹿児島・知覧の博物館にあった三式戦闘機は生まれ故郷の各務原に帰ってきて川崎重工による修復をうけました。知覧ではとてもだだくさにあつかわれていた感じがしましたからねぇ。でも日本の資産家が購入して日本で飛べるよう諸審査を通過したゼロ戦は資金難で運用がきびしくなっているそうです。なんでも年間の運用に年2000万いるとか。うーん、2000万ねぇ。現代はカネが偏在していますからあるところにはこのくらいならいくらでもあるとは思うのですが。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カリフォルニア生活

2017年12月27日 16時57分33秒 | 日々のこと
アメリカのカリフォルニアに来て5日目、ようやく時差ボケも少なくなってきました。娘夫婦が住んでいる、カリフォルニア州のユカイパという田舎に来ています。日本は雪が降っているらしいですが、ここはとても温暖で、日本で言うと春先の温かさです。夜はぐっと気温が下がりますが、日中はシャツ一枚でも少し暑いくらいです。



カリフォルニア生活というと聞こえはいいですが、要するに孫の守りです。孫が三人もいますので、ほとんど自分の時間はありません。自分のクルマがないのでどっかに逃避するわけにもいかず、歩いて行けるところにはカフェも本屋さんも全くありません。まぁ軽い軟禁状態という感じかな。とは言え、実際には車で近く(といっても40kmくらい先ですけど)の店やレストランによく連れていってもらいますけどね。

温暖な気候のおかげで庭にはオレンジが実っていて、毎日食べています。



娘によりますと例年は食べきれないくらい実るそうで、私たち夫婦で「食べきって」ほしいとのことなので、精出して毎朝頂いております。木は一本だけですが、ざっと見積もってあと6,70個はありますので、帰るまでに食べきるのはちょっと難しいかもしれません。近所のスーパーに売っているオレンジはなんか少し乾いた感じがしますが、さすがもぎたてオレンジは皮をむくときから香りが違います。

以前娘夫婦はシカゴの近郊に住んでいまして、同じ時期に訪れたことがありましたが、もうそれは寒いのなんのって。毎日の平均気温がマイナス10度近くで、マイナス20度くらい行ったときもありました。それに比べるとここは天国みたいです。

日本には一月の4日に戻りますが、寒いんでしょうねぇ。4月くらいまでここにいたいくらいです。でもまぁコンサートやそのリハーサルが控えていますので戻らないわけにはいけません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロック音楽の旅11第5回講座

2017年12月10日 22時57分26秒 | 音楽系
バロック音楽の旅11第5回講座は、太田光子さんの無伴奏ソロコンサートです。彼女は5年前から当講座のコンサートに来ていただいており、もうすっかり「常連」となった感があります。



曲の合間の私とのトークもぴったり呼吸があって流れるようになりました。(私は相変わらずときどき噛みますが(笑))本日12月10日のコンサートは、80人近い方にお集まりいただきました。本講座を申し込まれた方が89名ですので、9割近い方にご参加いただいたということになります。多分、これって新記録だと思います。

さてプログラムは、ファン・エイク、クレーマー、ヘーベルレの作品を演奏していただきました。ファン・エイクは17世紀初めに活躍した人、あとの二人は19世紀に活躍した人で、チャーカンと呼ばれる細長いステッキのような形の縦笛の名手だそうです。彼らが書いたチャーカンのための作品はリコーダーでも演奏できるように書かれているということです。作曲年代に100年の差がある作品を行ったり来たりのコンサートでしたが、名手太田光子さんの手にかかると、様式の差がみごとに吹き分けられ、華麗なる無伴奏ソロの世界が広がっていきました。



曲目は次の通り。

ヤコブ・ファン・エイク(c.1590 - 1657)
ヤギの足、この美しい人魚が、最も美しい娘ダフネ(笛の楽園(1644初版)より)

エルネスト・クレーマー(1795-1837)
デイヴェルティメント第1番、第2番、第12番

ヤコブ・ファン・エイク(c.1590 - 1657)
涙のパヴァーヌ(笛の楽園より)

アントン・ヘーベルレ(1780? -19世紀初頭- ?)
ファンタジー

ヤコブ・ファン・エイク(c.1590 - 1657)
リンデンの木陰で、ファンタジア&エコー、かわいい泥棒さん、
なぜこんなにおとなしいの?、ルパート殿下のマーチ(笛の楽園より)

エルネスト・クレーマー(1795-1837)
ディヴェルティメント第9番、オリジナル・ポプリ作品3

いよいよ次回第6回(2018年2月11日)で最終回となります。リュートとヴァイオリンとチェロでいわゆる多感様式の作品を演奏予定です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改善!?

2017年11月29日 10時01分50秒 | 日々のこと
最近ドライブレコーダーの売れ行きが好調だそうですが、やはり一連の事件の影響でしょうかねぇ。

いつものように23号線を経由して名古屋に行くのですが、なんか最近皆さんの運転の仕方が丁寧というか慎重というか、少し変わった感じがします。周りがロクな運転手ではないのではという警戒心が感じられます。

そりゃそうでしょう、交差点で左折優先なので前方右折車より先に曲がったら、逆上した右折車に後ろから追いかけられ車を止められ、挙句の果てに右折車のクルマから運転手が降りてきてドアを蹴飛ばしてくる、といったたぐいの映像を何度も見たら誰でもそんな風にされたくはないと思うでしょう。

先日も私のすぐ左前方を走っていたワゴン車が右折しようと指示器を点滅したら、私のクルマの様子?に気づいたのか、あわてて引っ込めました。まぁ別に割り込んできても危険というタイミングではなかったのですが、これってひょっとしたら私が「ロクな運転手」でないとみられたのかも。デイ・ライトをつけている私のミニがやんちゃな車に見えたのかもしれません。

ともあれ慎重な運転を心がける人が増えたということはいいことではあります。ロクな運転をしない人が一定数いるということは事実ですから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼 酒井康雄氏(1950-2017)

2017年11月26日 23時51分24秒 | 音楽系
名古屋ギター界の重鎮、酒井康雄氏が逝去されました。享年68歳。

氏は病を押して、リサイタルや教授活動を続けてこられましたが、10月に入り病状が急変して11月24日未明帰らぬ人となりました。

酒井氏とは彼がまだ名古屋大学の学生でギタリストとして活動している頃からのお付き合いです。2、3回ギターのジョイントコンサートでご一緒させていただいた後は、私はリュートに転向しましたので、ギターで共演することはなくなりましたが、1974年1月にはこういうコンサートでご一緒させていただきましたことがありました。



このコンサートは2夜連続で、確か19日は前売りが多数になったため急遽2回公演にしたように記憶しております。このコンサートの出演者はすでにチェンバロの方は他界されており、寂しくなりました。

1974年から私がリュートに転じたためギターの方々とは疎遠になっていきましたが、酒井氏だけは例外で、ずっとお付き合いしていただいておりました。氏と会うと様々なジャンルの音楽の話題に話が咲きましたが、もうそういった楽しいひとときを過ごすことができなくなったかと思うと本当に寂しい限りです。ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロック音楽の旅11第4回

2017年11月21日 20時26分42秒 | 音楽系
バロック音楽の旅11の第4回講座が終了しました。今回は名古屋の古楽界のホープ、チェンバロの木村恵理さんをお迎えしてのコンサートです。前回は台風襲来の中での開催でしたが、今回は天候に恵まれたくさんの方にお越しいただくことができました。



プログラムはオールフレンチで、17世紀から18世紀の作品を俯瞰するという内容でした。華麗なテクニックや美しいメロディに、曲が終わると聴衆からはついため息が出てしまう程でした。曲目は次の通りです。


ジャン=バティスト・リュリ(1632-1687)(ジャン=アンリ・ダングルベール編曲)
ファエトンのシャコンヌ

ルイ・クープラン(ca.1626-1661)
プレリュード、パッサカイユ ハ長調

フランソワ・クープラン(1668-1733)
優しい恋わずらい、神秘のバリケード

アントワーヌ・フォルクレ(ca.1671-1745)(ジャン=バティスト・フォルクレ編曲)
ラモー、ジュピター

ジャック・デュフリ (1715-1789)
アルマンド、三美神

クロード=ベニーニュ・バルバトル(1724-1799)
リュジャック、シュザンヌ、マルゼルブ

アンコールはバルバトルのラ・マルセイエーズによる行進曲でした。

次回第5回は当講座の常連となりました、リコーダーの太田光子さんをお迎えして、無伴奏リコーダーのコンサートです。開催日は12月10日(日)です。本講座は6回シリーズですが、途中の回からの参加も可能ですので、興味のある方はぜひお越しください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいローデドナイルガット弦

2017年11月11日 14時43分26秒 | 音楽系
ドイツのサイトに注文したったローデドナイルガット弦のうち、欠品していたものがようやく届きました。5月に張った分に関してもまだ一本も切れていませんので、もう切れるということはあまり心配しなくてもいい感じのようです。



今回のパッケージには、BA9/2017とBA10/2017とありますので、今年の9月、10月に製造されたものでしょう。アキーラ社は夏頃ツイッターで、少し製造法を変えて切れるという問題をなくした弦を作ると言っていましたので、やっとそれが出回ってきたということでしょう。ドイツのネット販売小売りには8月5日に発注しましたが、今年の5月製造のものを送ってきました。その中でCD145とCD190が欠品していまして、それがやっと今回到着したわけです。

現時点では改良版が潤沢に供給されるようになってきたということで、喜ばしいことです。今日また何本かの楽器のために発注しますが、今度は早く届くのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加