リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

リュート音楽のひととき17

2017年03月20日 21時29分59秒 | 音楽系
リュート音楽のひとときシリーズも17回目になりました。第1回は2006年頃でしたから、もう10年以上やっています。会場もほとんどが名古屋市内のミューズ音楽館内のミューズ・サロンです。リサイタルがある年は、この「ひととき」は年1回またはナシというときもありましたが、年2回開催というのを目標にしています。

19日のコンサートではアーチ・リュートを取り上げてみました。ルールデス・モレーノ・ウンシージャ作のアーチ・リュートはアンサンブルで使うことが多かったのですが、今回は12月からのソロコンサートではずっとソロ楽器として使用しています。この「ひととき17」は、一連のコンサートシリーズの第5回目にあたります。

この一連のソロコンサートは、ほぼ同じ曲目で会場を変えて7回行う予定です。実はプログラムは、各回少しずつ異なっています。2月のコンサートではテオルボも演奏しましたし、12月はクリスマスソングやヴァイオリンとのデュエットも演奏しました。1回分のコンサートより少し多めの曲を用意しておいて、その中から各会場向けに少しずつ異なるものを組んでいくというやり方をとっています。

会場は、名古屋市内が3回(非公開のコンサートも含む)、あとは碧南、桑名、豊橋、東京です。次は東京です。ひととき17とほぼ同じですが、少し変えたものでいく予定です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

修理完了

2017年03月14日 12時14分02秒 | 日々のこと
1月の「雪害」はこの地方では滅多にないことでした。2,3日前にはお向かいさんが樋を修理してもらっていました。我が家も今日やっと庇の修理完了です。



被害直後の写真です。



きれいになりました。施工して頂いた業者さんの話では、前はアクリルだったけど今回はポリカーボネート(だったかな?)に替えたので割れることはないとのこと。もし大量の雪が今回のように落ちてきたら割れずに下に抜けるということです。次はなんとか耐えて欲しいですね。

実はウチは樋もやられていまして、まだ業者さんの見積もりさえ出来ていない状況です。この地方ではこういった被害は滅多にないので、業者さんも手が回らないと言ったところなのでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フェイクコラムその後2

2017年03月12日 12時20分08秒 | 音楽系
某経済新聞のコラムの間違い問題、二回問合せをいたしまして、


 ご指摘誠にありがとうございます。貴重なご意見を再度頂き感謝申し上げます。ご意見は担当部にお伝え致します。今後もご愛読をよろしくお願い致します。

というご返事を頂きました。「ご意見は担当部にお伝え致します」というのは伝えるだけで善処はしない、ということだったんですねぇ。ってどうせそうだとは思っていましたよ。(笑)

件の新聞は記事のクオリティがとても高いので、このことで購買をしないということは致しませんが、いい新聞だけに今回の件はとても残念です。描かれているのは4コースのルネサンス・ギターだという推測は当てはまりませんでした。バロック・ギターのようです。という旨の修正記事を1、2行かけば済むことですのに。



上はヘッドの部分を切り取ったものですが、ここのペグが10本ありますのでこの楽器はいうまでもなく10弦5コースのバロック・ギターです。それに仮にこの「少女」の家の蔵にルネサンス・ギターが残っていたとしても、画家は当時大流行していたバロック・リュートをさしおいてわざわざルネサンス・ギターを少女に持たせることはないでしょう。



この絵は、フェルメールの時代から少しあと、18世紀初頭にアントワーヌ・ヴァトーが描いた絵です。描かれている楽器はバロック・ギターです。この時期を過ぎるとバロック・ギターはだんだん衰退していきます。バロック・ギターは17世紀第2四半期頃から18世紀2四半期頃にいたる約100年間、フランス、フランドル、イタリア、スペインで抜群の人気を誇った楽器です。

件の新聞社は訂正記事を書きたかったのかも知れませんが、著者の評論家先生がそれを拒んだのかもしれません。単なる推測ですが。知らないことを適当に書いてしまうのはいけません。もし絵の中の楽器がどういうものか詳しく分からなければ、専門家に聞いて記事を書けばいいのです。ましてや指摘されたからといってひらきなおるようではもっといけません。

リュート奏者はリュートの絵を見ると、何コースの楽器だろう、どういう音が出ているのかなど、反射的にいろいろ探ろうとします。例えば、次の絵は有名なフランスのリュート奏者シャルル・ムートンを描いた版画ですが、(これの原画がルーブルにあるそうです)この11コースの楽器はどういう弦が張られているのだろうとか、右手のタッチや弾弦位置あるいはフレッティング(テンペラメント)がとても気になります。さらに左手でどういう音を押さえているか、これは実はすぐに分かります。





ムートンが押さえている弦をはじくと上のような和音がでます。ハ長調の和音ですね。可能性としてはさらに1コースのソや5コースのミも弾くかもしれません。小指が2コースファ♯を押さえている感じにも見えますが、この手のフォームでファ♯を入れることは普通はないです。リュート奏者(ギター奏者もたぶんそうでしょうけど)左手を見ていると音を聞くまでもなくどういう調でどんな音を出そうとしているのかはわかるものです。



上のフェルメールの絵は、以前にも当ブログで読み解きを行いましたが、絵画中の少女の右手が触れている弦と左手で触っているペグにつながっている弦が異なることから、この絵の瞬間は調弦をしているわけではない、ということを解き明かしました。でもこれは別に絵を何度もみて考えて出た結論では無く、演奏している側からするとすぐにわかることです。この絵はここから読み解きを始めるべきですね。まぁリュートのことでわからんかことはリュート奏者に聞いて下さい。餅は餅屋です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボレロ吾妻家コンサート

2017年03月09日 21時17分46秒 | 音楽系
日曜日は、豊橋のボレロ吾妻家でコンサートを行いました。

豊橋でのコンサートは「アンサンブル・バロック・イーラ」のコンサート以来3年ぶりです。今回はチェンバロ愛好家のYさんにプロデュースをしていただきました。

会場のボレロ吾妻家はフレンチで有名なレストランで、3つのフロアがある立派なお店を構えています。コンサート会場となったのは3階の催し物もできるフロアです。



ここでお客さんはワインを含む各種ドリンク、ケーキを召し上がりながらコンサートを聴くという趣向です。Yさんから、お客さんはほとんどリュートのことをご存知ないと伺っていましたので、プログラムは三分の一は私のオリジナル作品、バロック時代の曲も比較的耳になじみやすいイタリアやフランスものを中心に組んでみました。「ガッツリ系」のバロックはバッハのBWV997からのプレリュードだけかな?



楽器は14コースのアーチ・リュート(ルールデス・モレノ・ウンシージャ1995年作)。曲目は次の通りです。

バラール作曲アントレ、クーラント、村のブランル
ピッチニーニ作曲トッカータ第20番
カプスベルガー作曲ガリアルダ
ザンボーニ作曲ソナタ第9番ハ短調、チャッコーナ
バッハ作曲組曲ハ短調BWV997よりプレリュード
サンス作曲カナリオス
オリジナルで夏のプレリュード、夜間飛行~空のかなたへ~、朝の10時に、ワルツM、ガヴォッタ、ハーツ・イーズ

お陰様で会場はほぼ満席になりました。お客様の顔色をうかがいながらトークを交えながら進めて行きましたが、リュートは初めてとは言え、クラシックの音楽はよく聴かれている感じの方が多く、とても豊かな反応が印象的でした。この豊橋のコンサートは定期的に開催してもらえそうなので、今度はバロック・リュートでヴァイスの作品を中心に演奏してみようかなと考えています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フェイクコラムその後1

2017年03月03日 21時17分00秒 | 音楽系
件の新聞社に返事を書きましたら、「ご意見は担当部にお伝え致します」との回答がありました。果たして担当部から何らかの回答がくるのかしら。

今回私が指摘したのは、フェルメールの絵画中の楽器が、ルネサンス・ギターなのかバロック・ギターなのか、古楽界でも論争が起きている、というようなややこしい話ではなく、まぁリュートやバロック・ギターの専門家なら誰でもバロック・ギターと答える、という極く基本的なお話です。そんなことを間違っているのは、高い文化的、知的レベルを誇る件の新聞としてはちょっと恥ずかしいことではないでしょうか。

まぁ誰でも間違いというのはありますので、ここは新聞の片隅に、あのコラムにありました、ルネサンス・ギターというのはバロック・ギターの間違いでした、という小さい訂正記事を出せば済むことだと思います。

私は件の新聞は最も文化レベルが高いと評価しています。なにしろよその新聞ではテレビ欄にあたるところに、非常に興味深い内容の文化欄があります。もう亡くなりましたが、私の義理のいとこにあたる作家、稲葉真弓もときどき寄稿していました。今日の同面のコラムには、先頃亡くなったかまやつひろし(ムッシュかまやつ)に関する短いですがとてもいい内容の評論がありました。

さてどうなるんでしょう。いい回答を待ってますよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

桑名和菓子フェア

2017年03月02日 19時39分36秒 | ローカルネタ
スーパーに行ったら「桑名和菓子フェア」をやっていました。桑名というところは結構和菓子屋が多いところです。



市内の和菓子屋さんが一同に会して、それぞれのオリジナルを販売するという催しは以前も開催されて好評だったようです。

市内の小さいお店はスーパーができたので、多くは無くなってしまいました。駄菓子屋さん、八百屋さん、天ぷら屋さん、魚屋さん、かしわ屋さん、うどん屋さん、肉屋さんなど、歩いて5分もかからないところに一杯ありましたねぇ。でも和菓子屋さんだけは例外のようで、ほとんど残っています。ウチの近所だと減るどころか、二増です。もっとも一減していますが。(笑)

花見には少しまだ早いですが、おいしそうなので買ってきました。



実はこの花見だんごはウチのすぐ近くの和菓子屋さん製です。直接買いに行ったほうがずっと近かったですね。パックに2本入って320円みたいに見えますが、実は1本食べてしまったので、3本で320円です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイクコラム

2017年02月28日 10時47分50秒 | 音楽系
最近フェイク・ニュースということばがよく聞かれますが、今朝の某有名経済紙にはフェイク・コラムがありました。

クラシック音楽のアルバムのジャケットに使われている女性絵画をひ紐解くというテーマの連載で、本日はフェルメールのギターを弾く女でした。



でもこの解説がいけません。描かれている楽器が4コースのルネサンス・ギターだとありました。この楽器はどう見ても5コース10弦のバロック・ギターです。件の絵はボディ付近の弦は正確に描かれていませんが、ヘットのペグやペグ穴をみれば、弦を10本張っている楽器だということがわかります。

それにそもそも17世紀のまっただ中のオランダに生きたフェルメールは、バロック・ギターの最盛期ともぴったり重なります。ルネサンス・ギターはもう100年前の楽器です。この頃の音楽は、今で言うバロック音楽の時代でもあったし。

このCDに納められている曲、こちらも少しフェイク気味で、解説者によればダウランドやバードの作品が収められているとのこと。具体的な曲目がわからないのでアレですけど、ちょっと時代と地域がずれているような感じです。

あと掲載されてるジャケットをよく見ますと、右下の方にThe National Galleryと書いてありまして、ジャケットの絵画がロンドンのナショナル・ギャラリーにあるみたいな印象をうけますが、件のフェルメールの絵はここにはありません。うーむ、トリプル・フェイクになります。

曲目や絵の所在地はさておき、このコラムの著者は音楽評論家ということですから、日本を代表する知的な新聞にこのようなことを書いてはいけません。演奏家が知らないようなことでも幅広く知っていて文筆力もあるのが評論家ですから、これは残念という他はありません。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいマザボに交換

2017年02月16日 21時12分38秒 | 日々のこと
マザボが壊れた(多分)ので、見てもらいに久しぶりにツクモ電気に行きました。開店の10時より少し前に大須の第1アメ横ビルに到着、時間つぶしに商店街をぐるっと一周してきました。結構店が変わっていました。20何年か前は、確かここはオウムのコンピュータショップがあったところだな、なんて少し感慨にふけりながらウォーキングです。

ツクモで修理専用の受付に行きまして、詳しいお兄さんにいろいろ見てもらいましたが、結論としてマザボの故障ということになりました。CPUもメモリも電源も問題なしです。まぁ私の見立てと一応同じでしたが、一応5年延長保障に入っており、現在3年半経過したところ、ツクモさんに「認定」してもらわないと保障を受けられないのです。

Core i5-4670というCPUを使っているのですが、これが使えるマザボがもうすでに流通しておらず、中古ならあるのですが、信頼性の問題があるので、いっそメモリもCPUもマザボもごっそり替えようということになりました。というかそういう決意で臨んでおりました。しめて10万円弱です・・・

別のお兄さんと相談しながら、あれこれ品定めです。マザボ、CPU、メモリと選んであとCPUクーラーも替える必要があるので、品がおいてあるところに移動です。しかしもったいないですねぇ。CPUもメモリもCPUクーラーもまだ使えるんですけど。

途中、お兄さんが下の方の棚を指さして、「こういうのもありますよ」なんておっしゃる。そこには、LGA1150対応、DDR3メモリ使用可能!!在庫処分特価8980円!!!とあります。えー、いいのがあるじゃん!これなら、新品だし今のパーツが全て使えます。

「あの、さっき決めたやつ全部やめてこれにします」


特価8980円の品です。

と言ったときに、お兄さんに「しまった」という表情がありありと出ていました。そう、言わなきゃよかったんです。(笑)最新のCPUを買うというので浮き足立っていましたから、言われなければ、全く気がつきませんでした。あまりにお値段が違うので、さすがにそのお値段には負けました。ということで8980円でお買い物終了。お値段が10分の1以下ですからねぇ、なんと言っても。

でもなんかそのお兄さんがちょっとかわいそうになってきたので、ちょっとお高めのファンレス・CPUクーラーも買うことにしました。実はこのタイプのものをネットで探していたのですが、どこにもありませんでした。この在庫処分品のマザボといい、レアなファンレスCPUクーラーといい、ツクモはいい在庫があるんですねぇ。ネットで探してばかりではなく、たまには足を運ばないといけません。

今日の午後、Kさんのレッスンが終わってから、ささっと組み上げて、Windows10 Proも再認証が無事完了した。ツクモのお兄さんは、マザボ交換したらクリーン・インストールするのが一番いいですよ、とおっしゃっていました。まぁ確かにそれにこしたことはないでしょうが、システムの構築を考えると気が遠くなります。最近はデータは全てクラウドにあげてあるので、データを失う心配はないのですが、いろいろなユーティリティを含んだ環境の再構築はえらい時間がかかります。Windowsをアップデートしていくと、あるときプツッと動かなくなるときが来るかも知れないと脅されていましたが、まぁとりあえず今は何の問題もなく動いているので、不具合がでたときはそのときでまた対処しましょう。あるいはそれまでに、もう自作マシンでWindowsを動かすのをやめてマックにしましょうか。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バロック音楽の旅第6回講座終了

2017年02月13日 22時49分18秒 | 音楽系
バロック音楽の旅全六回の講座が終了いたしました。第6回は私のソロで、アーチ・リュートとテオルボを演奏致しました。



演奏曲目は次の通り:
アントレ、クーラント、村のブランル(バラール)
トッカータ第1番(ミケランジェロ・ガリレイ)
ガリヤルダ(カプスベルガー)
ソナタ第7番(ザンボーニ)
トッカータ第10番、メルカテッロのテノールによる変奏曲(ピッチニーニ)
組曲ト長調(ド・ヴィゼー)

今年度は参加人数が多かったせいもあり、参加人数約60名で第6回目としてはとても多く大盛況でした。2、3日前には雪が降るかもしれないという天気予報もあり、心配していましたが、当日はとてもいい天気で沢山の方にお越し頂き、とても嬉しく思います。

例年のように、演奏会終了後にはセレモニーを行い、講座に8割以上出席された方に修了証が手渡され、お世話になった中央公民館の館長さんからご挨拶を賜りました。



来年度も、本年度と同じように全六回の講座「バロック音楽の旅11」を開催致します。ハイレベルな演奏を低廉な料金で楽しめ、バロック音楽の教養も身につく本講座、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

売れ行き好調!?

2017年02月09日 13時45分01秒 | 音楽系
最近ドイツの若い女性からメイルでCDの第1集の注文がありました。第1集はイギリスのアマゾンから購入できますので、そちらでお願い出来ますかってお伝えしました。念のためAmazon.ukにアクセスしましたら、1枚残があって、暫くして際アクセスしましたらそれが売れていたので、そこから購入されたんだなと思っていました。

ところが何日かして自分の持っているカードでは決済できないということ旨のメイルをいただきました。ということはそのドイツの方以外の方が買ったと言うことですよね。意外と売れてるのかな?

アマゾンで決済できないのならペイパルで支払って下さいとお伝えしました。これだと安全で送金代もかかりません。

実は、実際にCDが欲しいのはメイルを頂いた方のお父様だということがその後に来たメイルで判明しました。最近ずっと続けてらっしゃった歯科医院を息子にゆずり今は悠々自適の生活だとか。少し心がときめきましたが、納得です。それで、IT関係はさっぱり分からないので娘さんに頼んだとのことでした。

私のCDのことはアメリカリュート協会のレビューを見て知ったそうです。

こちらからは、娘さんにまたお願いしてペイパルで支払いができるよう、口座を開設してくださいとお伝えしました。その後メイルを開設されて、第2集も欲しいとのことで、2枚分の送金連絡がペイパルからありましたので、今日こちらから郵送致しました。バロック・リュートを演奏されているとのことなので、楽しんで聴いていただければいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加