リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

バロック音楽の旅第6回講座終了

2017年02月13日 22時49分18秒 | 音楽系
バロック音楽の旅全六回の講座が終了いたしました。第6回は私のソロで、アーチ・リュートとテオルボを演奏致しました。



演奏曲目は次の通り:
アントレ、クーラント、村のブランル(バラール)
トッカータ第1番(ミケランジェロ・ガリレイ)
ガリヤルダ(カプスベルガー)
ソナタ第7番(ザンボーニ)
トッカータ第10番、メルカテッロのテノールによる変奏曲(ピッチニーニ)
組曲ト長調(ド・ヴィゼー)

今年度は参加人数が多かったせいもあり、参加人数約60名で第6回目としてはとても多く大盛況でした。2、3日前には雪が降るかもしれないという天気予報もあり、心配していましたが、当日はとてもいい天気で沢山の方にお越し頂き、とても嬉しく思います。

例年のように、演奏会終了後にはセレモニーを行い、講座に8割以上出席された方に修了証が手渡され、お世話になった中央公民館の館長さんからご挨拶を賜りました。



来年度も、本年度と同じように全六回の講座「バロック音楽の旅11」を開催致します。ハイレベルな演奏を低廉な料金で楽しめ、バロック音楽の教養も身につく本講座、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売れ行き好調!? | トップ | 新しいマザボに交換 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽系」カテゴリの最新記事