リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

ローデドナイルガットその4

2017年08月13日 14時40分29秒 | 音楽系
ローデドナイルガットが切れるという問題に関してアキーラ社と何回かやりとりを致しました。こちらからは切れたときの写真や、楽器に張った弦のスペック、交換した日付、切れた日付などをまとめた文書も添付致しました。

最初は、アキーラ社は時間が経つと劣化して切れたのかも、とちょっと意味不明のことをおっしゃっていましたが、そもそもバス弦が2ヶ月とか3ヶ月で劣化して切れるというのは、多分歴史上なかったことでしょう。そのことを指摘して私の送った資料をしっかり読んでもらったり、切れた弦の現物を精査していただき、太さにかかわらず材質に問題があるから切れやすいという結論をいただきました。

でも実は細いのは多分切れやすくないと思います。CD75とかCD90は手で引っ張るくらいでは切れません。(これらの弦が別に強いというわけではありません。これが普通です)どの辺が境界線になるかはわかりませんが、多分CD120あたりからは、太さにかかわらず切れやすいということでしょう。

私のバロック・リュートに張ったローデドナイルガット弦のうち、実際に切れたのはCD120(6コース)とCD200(13コース)で他は(7~12コース)切れていません。CD120は張ってまもなく、CD200は約2ヶ月後に切れました。この2ヶ月後というのはくせ者ですねぇ。今はこれらのコースにはカーボン弦を張っています。でも6コースは問題ありませんが、13コースはCD弦の方が音はずっといいです。

先日ドイツの Matthias Wagner のサイトにローデドナイルガット弦を注文して本日届きました。9月の初めに行う金沢でのコンサートのために、バス弦を張り替えようかどうか思案中です。今回は全て合成樹脂弦なので本来はそういうことにアタマを使わなくてもいいはずなんですが・・・まぁ少なくとも予備弦はしっかりとあるので、弦が切れてコンサート続行不能という事態はありませんが。

アキーラのCD弦(ローデドナイルガット)はバス弦用としてとても性能が高いと思います。(音程の安定性、バスとしての響き)アキーラ社では次の製造ロットでは切れないものを出すと言っていますので期待しましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バロック・リュートに変化が | トップ | 改善!ヘタヘタ→ウマヘタ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
13コースもですか。。 (LUTE)
2017-08-14 09:50:52
ジャーマンはもっと細いですが、バスライダーは200を張っています。まだ3週間ですので切れてませんが、切れると予備も無いので本当に困ります。次のロットまで待つといっても何時かわからないし、まさかそこだけ巻弦に戻すのも嫌だし。当面、頑張ってくれ、と願うしかないですね。一番怖いのは、このシリーズが製造中止になることですが。
nakagawa (re)
2017-08-14 17:57:42
新しく届いたCD200を張りました。CD200の余った部分で「左右引っ張りテスト」をやってみましたが、これは切れませんでした。アキーラに切れたCD200を送付する前に同様の引っ張りテストをやってみました。(写真に映っている弦です)このときは簡単にプッツンと切れ、太い弦なのに驚きました。

製造ロットによる差があるのか、それともロットにかかわらず個々のばらつきが大きいのかよくわかりません。ちなみに今回送ってもらった弦のロット番号はBA 5/2017です。以前購入した分には、BE 11/2016も入っており、このロットがだめなのかも知れません。

切れやすい細いナイルガット弦もいまだに出しているアキーラ社ですから、このくらいではまず製造中止にはならないと思います。
ローデドNG (kawahara)
2017-08-16 00:26:21
こんばんは

柔軟で切れにくそうな印象ですが、一番太い弦が切れるとは意外過ぎますね、切れた断面はプッツリと断裂した感じでしょうか?
ツナギの分量が少ない蕎麦を連想しました(笑)

追加報告 (LUTE)
2017-08-16 11:57:14
今朝、バスライダーのケースを開けると11コースが8フレット辺りで切れていました。
張って1カ月のCD185ですが、断面はささくれているわけではなく、スパッと切れていました。
近い予備がないので困りましたが、ジャーマンがあるのでそちらが切れなければ当面は。。。
re (nakagawa)
2017-08-16 23:00:41
その切れたCD185のロット番号は、BE 11/2016でしたか、それともBA 5/2017でしたかわかりますか?前者と後者は少し色目もことなっており、前者はより赤っぽい色、後者は少しくすんだ茶色という感じです。

どうもBE 11/2016がよく切れるみたいな感じはしているのですが。
続けてお世話になります。 (LUTE)
2017-08-17 09:16:28
紙ケースの止めラベルにロット番号が記載されているのを知りませんでしたので不明ですが、切れたCD185は赤っぽい色です。
バスライダー、ジャーマンに張ってある弦を見てみたら8コース以上の太い弦は全て茶色です。細めのCD125辺り以下は赤が混じっています。
以前切れたCD125も赤だったと記憶してますので、「BE 11/2016がよく切れる」が当たっている気がしています。
re (nakagawa)
2017-08-17 21:19:19
赤っぽいのが切れる感じはしますが、5コースに張っているCD90は赤っぽい色ですが、BA5/2017で切れません。また一番細いCD75もBA5/2017で切れませんが、赤っぽい色をしています。これらは「ひっぱりテスト」をしても切れません。ちなみにCD75は4コースに使おうと思っていましたが、4本中3本が音程、振動とも悪すぎて使用に耐えませんでした。最後の4本目は張らずにとっておくことしました。

ということで、色は関係ない場合もありますが、ロットBA5/2017以降であれば大丈夫ということでしょうか。
Unknown (kawahara)
2017-08-17 22:54:57
こんばんは
うちに来たのも2016が赤っぽいのでした、
2016、2017いずれも振動不良が多く、フレットに当り、11コースluteのほうはまだ全部張り替えができません、13コース用だけ偶然使えるものが揃っていました。
またです。。 (LUTE)
2017-08-19 09:54:41
今朝バスライダーのケースを開けたら、7コースのCD130がペグボックス内で切れてました。
ロットNo.は不明ですが色は薄茶色です。
予備がないので、取り敢えず繋いで様子を見るしか・・・・
re (nakagawa)
2017-08-20 19:42:29
CD130も切れましたか。楽器はテオルボ型ですか、それともネックが折れているタイプですか?

コメントを投稿

音楽系」カテゴリの最新記事